24時間換気システムってナニ?メリットとデメリットをご紹介!

住宅に装着できる換気システム「24時間換気システム」をご存知でしょうか。

現在の住宅は高断熱・高気密化しており、住宅に使用している化学物質を原因とした「シックハウス症候群」が問題になっています。

そんな時に役に立つのが「24時間換気システム」。
建築基準法の改正により、このシステムの設置が義務付けられました。

ここでは、自宅を建築する方のために「24時間換気システム」についてご紹介しましょう。

ご自宅の換気システムはどんなシステムを採用するか?
建築する業者との打ち合わせに、ぜひ参考になさってください。

24時間換気システムとは?

24時間換気システムとは、室内の空気を入れ替えられるシステムのことで、ファンなどを装着して計画的に喚起するシステムです。

24時間換気システムは以下の3つに分類されます。

・第一種換気

外の空気を吸い込む「給気」と家の中の空気を出す「排気」の両方にファンを使用し、強制的に喚起するタイプです。

・第二種換気

給気にファンを利用し、排気は自然換気(窓を開けるなど)で喚起するタイプです。

・第三種換気

給気は自然給気で、排気はファンを使用して強制的に喚起するシステムです。

最も普及率が高いのは第三種換気です。
台所の換気扇を思い浮かべると分かりやすいのではないでしょうか。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

現在の建築基準法では、「1時間に室内の空気の半分が入れ替えられる」性能が求められrます。
家の換気を適切に行うためには、その家の断熱・気密に合わせた換気システムを採用するのが大切です。

24時間換気システムのメリット

では、24時間換気システムにはどんなメリットがあるのでしょうか。
窓を開けて風を通す自然換気ではダメなのでしょうか?

最大のメリットは、家(特に新築)の中にある化学物質を家から取り除けるということ。
自然換気だけでは化学物質を完全に外に出すのは不可能と言っていいでしょう。

風通しの悪い家では、家の中の空気が入れ替わらず、においもこもりやすくなります。
換気量は気象条件によって影響を受けやすいので、適切な換気量を保てるとは限りません。

台所だけでなく、お風呂やトイレなど臭いが気になる部分には必ず換気が必要です。

家全体の空気をクリアに保ち、化学物質の影響から体を守ってくれる。
それが24時間換気システムのメリットです。

私たちの暮らしには必要不可欠なものと言ってよいでしょう。

25時間換気システムのデメリット

家族の健康を守るために必要不可欠と言ってよい24時間換気システムですが、デメリットもあります。

最も大きなデメリットは設備費用がかかること。
建設費用を押し上げる原因になることもあり、どのような設備を選ぶのかがコストに跳ね返ってきます。

そして、ランニングコストがかかることもデメリットの一つ。
設置したファンは電動なので、電気代が必ずかかります。

お風呂に湿気がこもりやすい場合は24時間つけっぱなしにしている方も多く、その分ランニングコストがかかっています。
家全体の空気を入れ替えると冷暖房効率が悪くなり、光熱費上昇の原因にもなります。

設置する設備と使い方には注意が必要、ということですね。

まとめ

24時間換気システムについてご紹介しました。
自宅に設置するシステムは、どんなシステムを採用するかをよく検討して。
ランニングコストや気象条件など、さまざまな要素を加味してシステムを選びましょう。