24時間換気システムの種類 ~換気システムを知って住宅を快適に~

現在では、新築マンションを作ると24時間換気システムの設置が義務付けられています。この24時間換気システムは、自然換気とは違い強制的に室内の空気を入れ替えることができるのです。
ですが、この24時間換気システムにはどういった種類があるかご存じでしょうか。義務付けられているものの、どういった機能があるかなど不明な点が多いかと思います。
この記事では24時間換気システムの種類を中心にまとめました。

1.24時間換気システムの種類

24時間換気システムには大きく分けて2つに分けられます。その2つについて紹介していきましょう。

1-1.個別換気システム

個別換気システムは、各部屋に付けた換気扇で効率的に換気をするシステムです。個別換気システムは、設備機器を付けるのが簡単で費用も安いのが特徴。
また、個別換気システムは単体だけで使うことはなくブレスファン・パイプファン・天井埋め込み形換気扇などを組み合わせて使います。

1-2.セントラル換気システム

天井裏に取り付けた換気ユニットとダクトで家全体の換気を行うシステムです。換気ユニット本体が天井裏に隠れる上に外壁のフードが少ないのでインテリアへ配慮しやすいのが特徴となります。
セントラル換気システムはダクトを使用して換気するので騒音の心配がありません。気調システムがセントラル換気システムに当たります。

2.換気システムの分類

換気は屋外の空気を取り込む「給気」を行うことです。そして、屋内の空気を追い出す「排気」を確実に行うのが換気の基本となります。換気システムには、給気・排気の仕方によって3つに分けることができるのです。この項目では換気システムの種類についてご紹介します。

2-1.第1種換気

給気・排気の両方をファンによって強制的に行うタイプです。
第1種換気は小型の壁掛けファンや分散などさまざまなタイプがあります。また、給気と排気を1か所で行い、ダクトにて各部屋の換気をするタイプもあるのです。
集中型には排気の熱と湿度を回収して、給気に戻す「全熱交換型」と排気から熱だけ回収して給気に戻す「顕熱交換型」があります。
どちらのタイプも換気による熱の消失を極力抑える点で同じとなるのです。

2-2.第2種換気

給気にファンを使って強制換気を行い、排気は自然換気をするタイプ。
室内の気圧が屋外より高くなるためチリ・ホコリなどが入りづらくなるのが特徴です。そのため、病院や精密機器の製造などで採用される換気システムとなります。
一般の住宅で採用すると結露などが発生しやすいためほとんど採用されることはありません。

2-3.第3種換気

給気は自然換気で行い排気をファンにて強制的に行うタイプです。
第3種換気は最も一般化されている方式となります。ただし、第3種換気にて計画どおりの換気を行うには部屋の気密性が高くないと効果が出ません。
具体的には「1時間に室内の空気を半分入れ替えられる」環境でないと効果が出ないとされています。

3.24時間換気システムのメリット

24時間換気システムを使うことで家の中にどのようなメリットがあるのでしょうか。この項目で確認しておきましょう。

3-1.部屋の温度が保たれる

24時間換気システムは室内環境を調節するのに役立ちます。
部屋の温度ではなくて湿度を空気交換にてコントロールするのです。

3-2.部屋の空気をきれいな状態に保つ

換気は部屋の温度調整だけでなく衛星面を保ちます。
24時間換気システムによって部屋の空気を頻繁に入れ替えるため新鮮な空気になるのです。ハウスダストや花粉に悩んでいる人には便利な道具となります。
また、ホコリやチリなども効率的に外(そと)へ出すことができるのも特徴です。

3-3.においを除去する

換気システムによって部屋や家の中にこもるにおいを除去できます。キッチンやトイレなどにおいが気になる部分を喚起できるのは大きなポイントです。
また、お風呂場ではにおいだけでなく湿気なども効率的に除くことができます。

4. 24時間換気システムのデメリット

24時間換気システムではきれいな住宅環境を手に入れることがポイント。しかし、デメリットがあるのも事実です。この項目で確認しておきましょう。

4-1.設備費が掛かる

家の中に24時間換気システムを導入すると設備費用が掛かります。また、自分が換気したい場所に設置しないと意味のない投資となるので注意しましょう。
きちんと換気の必要な場所を確認した上で設置するようにします。

4-2.電気代が掛かる

24時間換気システムは部屋の換気をするため常に動いているもの。そのため、電気代はその分掛かることになります。
たとえば、第3種の24時間換気システムを付けている場合だと1か月の平均で約400円掛かることを知っておきましょう。

4-3.不用な場合も換気し続ける

24時間換気システムは、文字どおり「24時間」換気を続けます。そのため、不用な場合でも換気を続けるのが特徴です。
しかし、冷暖房を入れたのに空気を入れ替えられると無駄となってしまいます。部屋の温度を冷暖房にて調整したい人には向かないでしょう。

5. パッシブハウスとは

5-1.パッシブハウスとは

パッシブハウスは省エネを目的として作られた家です。
パッシブハウスはドイツで生まれた家で「暖房費がほとんど掛からない家」として注目を集めています。暖房器具が不用となるのは「高気密断熱」の家となっているからです。
パッシブハウスでは、壁を多めに作ると共に窓を小さくしています。また、断熱材を使って室内温度を一定に保つように工夫されているのです。そのため、部屋の中を快適な温度で保つことができます。

5-2.24時間換気システムとの相性

パッシブハウスは室内温度を下げないようにするのが目的の家。そのため、室内の空気を循環する24時間換気システムとの相性がいいとされています。
また、気密性の高い家だと空気循環をよくするだけで快適な温度を保つことができるのです。

6. 24時間換気システムを選ぶポイント

6-1.メンテナンスが簡単にできる

24時間換気システムでは換気のためフィルターが命。適度にフィルターを交換することで始めて機能します。そのため、メンテナンスが簡単にできるものを選びましょう。

6-2.省エネである

24時間換気システムは「24時間」作動するため、電気代のことも考えると省エネタイプを選びたいものです。
24時間換気システムは常に動かすことで室内環境を整えます。家に備え付けるときには省エネタイプを選びましょう。

6-3.アフターフォローがある

24時間換気システムに不調が出ると空気調整がうまくできません。寝苦しい夜を過ごさないようにアフターフォローがしっかりしている業者を選びましょう。
アフターフォローがないと不快な部屋の中で生活することになります。設置とフォローをしっかり行う業者を選ぶようにしましょう。

7.まとめ

いかがでしたか?
この記事では24時間換気システムについて紹介しました。さいごに、24時間換気システムのポイントをまとめておきましょう。

  • 24時間換気システムは大きく分けて2つになる。
  • さらに、換気システムは3種類に分類できる。
  • 24時間換気システムは部屋の空気を調整する。
  • ずっと付けてないと意味がない。

24時間換気システムは部屋の温度調整だけでなく空気の不純物を取り除く効果があります。しっかりと機能を理解して効率よく利用しましょう。