引越しでいらなくなった家具を処分する4つの方法

引越しをするときは、その次の家に合う家具を購入するご家庭がほとんどだと思います。
持っていけるものは引越しの際にそのまま運んでもらえばいいのですが、処分をしたい場合はどうしたらいいでしょうか。
引越しの際に出る不要な家具を処分する方法をご紹介します。

自治体で捨てる

自治体では、粗大ごみや燃えないごみ、または燃えるごみでも捨てられるものであれば、計画的に処分していきましょう。
問題は、処分をできる日が決まっているというところですね。
粗大ごみは月に1回程度ですし、自治体によっては回数が少なくて処分するタイミングを逃してしまうことがよくあります。
そうならないためにも、計画的に処分ができるかどうかが重要なのです。
自治体で捨てられれば、粗大ごみが有料の場合でも他の処分方法と比べたら安いので、そこは大きなメリットですね。

リサイクルショップで買い取ってもらう

買取をしてもらえそうな家具がある場合は、そのまま捨てるのはもったいないので、買取依頼をしてもらってください。
良い家具であれば高く売れますし、使える範囲内であれば買取をしてくれる可能性は大です。
捨てるとなると費用が発生するので、少しでもお金になればラッキー、という気持ちでいましょう。
ものによっては見積もりにきてくれるリサイクルショップもあるので、重い家具の場合はそういうリサイクルショップを探すといいと思います。

不用品回収業者に依頼をする

不用品回収業者は、引越しのときに家具を処分したいときにとても便利です。
何故かというと、日付指定ができて、しかも部屋まで取りにきてくれるからです。
大きな家具でも粗大ごみならば自分で玄関の外、もしくはマンションの下まで運ばなくてはならず大変。
でも不用品回収業者は取りにきてくれるので、楽ですよね。
費用はそれなりにかかりますが、それでも楽に捨てられると思えば安いと思います。
日付指定ができるので、引越しギリギリまで使用してから処分も可能です。

引越し業者に処分してもらう

引越しのプランには、処分したいものがあれば同時に処分をしてくれるというプランもあります。
引越しと同時に処分してもらえれば楽なので、ギリギリまで家具を使いたい場合や、いちいち他に依頼するのが面倒という人は、引越し業者で処分してもらうといいでしょう。

まとめ

  • 自治体で捨てる
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼をする
  • 引越し業者に処分してもらう

この4つの処分方法をご紹介しました。
どれもメリットもあればデメリットはありますが、自分たちが捨てやすい方法で処分するといいでしょう。