和室から洋室にリフォームする利点は?リフォーム成功のポイント

住宅を快適にするために行なわれるリフォームですが、最近では和室から洋室へリフォームするということも人気を集めています。

和室から洋室にリフォームするということは大掛かりなリフォームになります。和室を洋室にリフォームを考えているという場合には、利点について知るということも大切です。
和室を洋室にリフォームする利点について紹介します。

・和室から洋室にリフォームする利点1 ~使用する家具の制限を無くす~

和室では机や椅子など重量の加わる家具を和室で使用することはできず、畳みに負担の掛からない家具を使用しなければなりません。
和室から洋室にリフォームすることで机は椅子など家具の制限なく使用することができるので、自分の求める生活スタイルの部屋を実現できるという利点があります。

机や椅子を基本としたスタイルで生活しているという場合には和室から洋室にリフォームすることで生活を改善することができます。

・和室から洋室にリフォームする利点2 ~メンテナンスの手間を省くことができる~

和室には畳や障子、ふすまなどが使用されています。これら和室に備え付けられているものは定期的なメンテナンスが必要となります。

畳の場合には、2~3年を目安に「裏返し」、4~5年を目安に「表替え」、10~15年を目安に「新畳」と定期的な張り替えが必要になります。

障子やふすまなどの建具に関しては“破れ”や“色褪せ”などに合わせてメンテナンスを行ないます。

このように畳や建具などは定期的なメンテナンスを行なわなければなりません。
このような維持費が和室のデメリットといえるでしょう。
和室から洋室にリフォームすることは、和室の維持費の削減にも繋がります。洋室であればメンテナンスもしやすく通常の掃除だけでも十分に機能を保つことができます。

和室から洋室にリフォームする利点は、和室のメンテナンス費用を削減できるということにあります。

・和室から洋室にフォームする利点3 ~介護を前提としたリフォーム~

和室から洋室にリフォームは“介護しやすい部屋に改善する”という目的で行なわれることがあります。
和室と洋室を比べると機能面で洋室の方が介護しやすいという利点があります。

車椅子やベッドなどを和室の畳の上で使用することの難しいものでも、洋室にリフォームすることで気軽に使用することができます。

介護という面では和室よりも洋室のほうが使い勝手が良いということから、将来の介護に合わせて和室を洋室にリフォームを行なうという事例も増加傾向にあります。

・和室を洋室にリフォームするのは計画的に

和室を洋室にリフォームするというのは計画的に行なう必要があります。
リフォームで大切なことは“信頼できるリフォーム会社を選び”にあります。
相談に対して丁寧な説明を行なう、担当の方の対応の良さなど様々な面から、自分に最適なプランでリフォームを行なえるリフォーム会社を選ぶように心掛けましょう。