Garage

ビルトインガレージのメリット・デメリットは? 知っておきたい基礎知識

「ビルトインガレージ」は車を持っている人が注目するガレージです。「いつかはビルトインガレージを…」と憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。

ガレージの設置を考えている人は必見です。これから、ビルトインガレージのメリット・デメリットや費用、業者に依頼する際の注意点など詳しく説明します。納得いくビルトインガレージを設置するためにも、メリット・デメリットをそれぞれ理解しておきましょう。

1.ビルトインガレージのメリット

住宅内の1階部分にガレージを設置するタイプが「ビルトインガレージ」です。
ビルトインガレージには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
主に挙がっているメリットを3つ紹介します。

1‐1.車を徹底的に守ることができる

車好きの人にとっては、常に愛車と過ごしたいものです。
「車が傷ついていないかどうか」「おかしいところはないかどうか」気になって仕方がありません。
ビルトインガレージの大きなメリットは、「車を守ることができる」ことです。
ガレージが家の中にあるビルトインなら、雨風・雪によって汚れることもありません。壁面で囲んでいるため、車をすっぽり覆うことができるのです。
外部からの影響を受けることなく、キレイな車が維持できるでしょう。
自然から守るだけでなく、盗難やいたずらも未然防ぐことができます。
車へのいたずらを心配している人は、ビルトインガレージが安心ですね。
車のメンテナンスに必要な工具類も安心して収納できるでしょう。

1‐2.生活面でのメリットが大きい

ビルトインガレージのメリットは、私たちの生活面にも大きく関係しています。
室内にあるガレージなので、人の出入りが非常にしやすいのです。
車を室内に入れて、そのまま家の中に入ることができます。
室外にガレージがあると、雨の日は大変ですよね。荷物がすべてぬれてしまうでしょう。
雨の日でも気軽に出入りしやすく、気楽に車のメンテナンスができるのではうれしいですよね。大きい荷物を車から出し入れする際も、ビルトインガレージならスムーズにできます。
ビルトインガレージは防犯を高めてくれるだけでなく、生活面でのメリットも非常に大きいことがわかるでしょう

1‐3.アウトドア用品の収納や子供の遊び場になる

ビルトインガレージのメリットは、アウトドア用品などの収納場所になることです。
アウトドア用品は家の中で保管したくありませんよね。
そとで使い、汚れがたくさんついてしまっています。汚れがついているまま収納すると家の中も汚れてしまうでしょう。
できるだけ倉庫や物置に入れておきたいものです。
そこで、ビルトインガレージを設置しておけば工具と一緒にアウトドア用品も収納できます。
実際、ビルトインガレージにしている人はアウトドア用品や工具類も保管しているので助かっているとおっしゃっていました。
また、スペースが広ければ広いほど子供たちの遊び場にもなりますね。
雨の日ではなかなかそとで遊べません。
ビルトインガレージなら室内にあるので、子供たちのぴったりな遊び場になるでしょう。
このように、さまざまなメリットがあることを知っておいてくださいね。

2.ビルトインガレージのデメリット

2‐1.1階部分のスペースがなくなる

ビルトインガレージのメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。
設置を考えている人は、デメリットも把握しておかなければなりません。
ビルトインガレージのデメリットは、「1階部分のスペースがなくなること」です。
ビルトインガレージは家の1階部分を使います。
住居スペースを2階~3階と上げていかなければならないでしょう。
リビングやキッチンは1階が基本ですが、ビルトインガレージの場合は違うのです。
ビルトインガレージを設置するにあたり、1階部分の住居スペースは狭くまると思っておいてくださいね。

2‐2.建物自体の坪単価・設置費用が高くなる

ビルトインガレージは、通常のガレージとまったく異なります。
住居スペースの中にガレージを設置するため、木造建築では難しいところがあるのです。
建物全体の耐久性や安全性を確保するため、ほとんどコンクリート造りになるでしょう。
よって、建物自体の坪単価が上がってしまいます。
設置費用が高くなるため気をつけておかなければなりません。
できるだけ費用を抑えようと削っていては、建物の安全性が低くなります。
建物全体の強度を保つためにも、ある程度の備えは必要になるでしょう。
また、建物の中に車を入れるので、排気ガスなどの臭気に耐えることのできる仕組みにしておかなければなりません。
対策をしっかり立てておかなければ、家の中に臭気が充満してしまいます。

3.費用・業者に依頼する際の注意点

3‐1.ビルトインガレージの費用はどのくらい?

多くの人が気になるビルトインガレージの費用は、どのくらいになるのでしょうか。
車の収容スペース・台数によって異なりますが、坪単価はおよそ50万~80万円です。
業者によっても異なるため、事前にさまざまな業者を比較しておくと良いでしょう。
また、できるだけ費用を抑えたい場合は「ビルトインガレージの面積」に注意してください。
面積が延べ床面積の1/5までなら固定資産税が安くなるのです。
容積率を計算する延べ床面積の対象に入ってしまうと、ランニングコストがかかってしまうでしょう。
面積には十分に気をつけておかなければなりません。

3‐2.業者に依頼する際の注意点

ビルトインガレージの設置を業者に依頼する場合、気をつけてほしいことがあります。注意してほしいことは、「見積もり」を必ず確認することです。
業者と契約を交わす前、見積もりを出してもらうと思います。
見積もりの内容が間違っていないかどうか、妥当な費用になっているかどうかしっかり確認してください。
業者の中には高い金額を請求する悪徳業者も存在しています。悪徳業者はすぐに契約を迫ってくるため、うたい文句にのまれないよう気をつけておかなければなりません。
また、信頼できる業者を選ぶことも大切なポイントです。
自分にとって信頼できる業者かどうか、複数の業者を比較していきましょう。
見積もりはもちろん、サービス内容や実績、保証期間などさまざまな項目を比較すると良いですよ。
友人や知人の紹介だから…と、最初から1社だけ絞るようなことはしないでくださいね。

4.まとめ

ビルトインガレージのメリット・デメリットや費用、業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
ビルトインガレージを設置しようか考えている人は、決める前にメリット・デメリットを把握しておかなければなりません。
「○○すれば良かった…」と後悔しないためにも、事前の基礎知識はとても大切な要素になります。

  • 車を徹底的に守ることができる
  • 生活面でのメリットが大きい
  • アウトドア用品の収納場所や子供たちの遊び場になる
  • 1階部分のスペースがなくなる
  • 建物自体の坪単価や設置費用が高くなる
  • ビルトインガレージの坪単価はおよそ50万~80万円
  • 複数の業者から出た見積もりやサービス内容、保証期間を比較する

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてください。
そして、自分の理想にぴったりなガレージを設置しましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!