エアコンの電気代節約方法はつけっぱなし? 正しい節電方法をご紹介

エアコンの消費電力は、電気代の中でも多くの割合を占めるため、電気代を抑えて節約につなげたいと考えるものです。エアコンは、つけっぱなしのほうがお得、運転モードによって消費電力に差があるなど、いろいろな説があります。本当にお得な方法は何かを覚えておき、電気代の節約に役立てましょう。本記事では、エアコンの電気代を節約する方法をご紹介します。

  1. エアコンの電気代は高い?
  2. エアコンの電気代を節約したい!
  3. エアコンの電気代節約方法
  4. エアコンの電気代・つけっぱなしで節約できる?
  5. エアコンの電気代節約でよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの電気代を節約する方法がよく分かります。また、エコな運転方法やつけっぱなしにした場合はどうなるのかなど、節約に関する疑問も解決しましょう。電気代の節約で困っている方は必見です。

1.エアコンの電気代は高い?

まず、エアコンの電気代にどのくらい費用がかかっているのか、ピーク時の割合などを見ていきましょう。

1-1.エアコンの電気代はどのくらい?

エアコンのワット数は、対応する畳数によって異なります。たとえば、10畳対応のエアコンの場合は2.8kWの規格となっており、冷房時に消費する電力は770W程度です。1日8時間使用した場合、冷房は1か月で4,620円ほどかかります。また、暖房を同じ時間使用した場合では870Wの消費電力となり、1か月で5,220円ほどの電気代が必要です。一方、除湿運転では、1か月で1,663円程度と、冷房よりお得になっています。

1-2.電気使用量の割合

エアコンの電気使用量は、電気代のおよそ30%を占めています。真夏のピーク時は58%にも達するため、冷房を頻繁に使用する時期は、節約を心がけることがいかに重要かが分かるでしょう。効率の良いエアコンの使用方法を知り、節電につなげてください。

1-3.電気代節約の必要性

電気は、火力・水力・原子力などによって発電されるものです。そのため、無限に電気の供給がなされるわけではないため、資源として大切に使わなければなりません。電気代を節約することは、資源や環境の保護につながります。各家庭で大容量の電気が使われれば電気の需要過多が起こり、供給が不安定になることが考えられるでしょう。従って、一人ひとりが節電への意識を高めることが大切なのです。

2.エアコンの電気代を節約したい!

エアコンの電気代を節約するためには、エコな運転方法やどのようなシチュエーションで電力消費が高まるのかなどを理解しておくことが大切です。電気代の節約を始める前に、ポイントを抑えておきましょう。

2-1.一番電気を使う瞬間は?

エアコンの電気を最も多く使う瞬間は、立ち上がるときとされています。起動するときに大容量の電流が流れ、設定温度に近づくまで、コンプレッサーの回転数を上げ続けるためです。設定温度が近くなれば、コンプレッサーの回転数も落ちるため、消費電力も徐々に下がります。

2-2.一番エコな運転方法は?

冷房時の電気代は、設定温度が低いほど高くなります。外気温との差が開かないよう、28℃程度に設定するのが理想です。また、風量を自動運転モードにしておくほうが、消費電力を抑えることができるでしょう。

2-3.除湿は電気代が高い?

除湿には2種類のモードがあります。弱冷房除湿と再熱除湿です。弱冷房除湿は、室温を下げながら除湿する方法で、冷房より電気代は安くなっています。しかし、再熱除湿は室温を下げずに除湿する仕組みです。取り込んだ室内の空気を冷やして除湿し、いったん冷やした空気を暖めてから室内へ戻すため、暖め直した分だけ余計な電気を使います。そのため、節電を意識するなら、弱冷房除湿を選ぶのが理想です。

3.エアコンの電気代節約方法

では、エアコンの節電に関してできることは何かあるのでしょうか?具体的な節約術をご紹介します。

3-1.基本的な節約方法

日常生活で少し工夫するだけでも、電気代の節約につなげることができます。自分でできる簡単な方法を覚えておきましょう。

3-1-1.フィルター掃除

フィルターの目詰まりは、エアコンの性能低下につながります。電気代がかさむ原因であるため、2週間に1回はフィルター掃除を行いましょう。フィルターの目詰まりによる発火なども心配されます。安全のためにも、掃除を心がけることが大切です。

3-1-2.室外機

室外機は屋外に設置されているため、あまり目を配ることがないものです。周囲に草が生い茂っている・ものを置いて吸排気口が塞がっているという状態は好ましくありません。室外機の周りには何も置かず、高温にならないよう、なるべく日陰に設置するようにしましょう。

3-1-3.カーテン・よしずなどの併用

カーテンやよしずを活用すれば、室内に直射日光が差し込むのを防ぐことができます。室温の上昇を防ぐ効果があるため、エアコンの冷房効率が格段に上がるでしょう。

3-1-4.扇風機・サーキュレーター

扇風機やサーキュレーターを併用することで、空気の循環が良くなります。冷房だけではなく、暖房使用時にも効果的です。効率良く風が循環することにより、無駄な電力消費を抑え、素早く適温にすることができます。扇風機などを使えば、設定温度をむやみに変える必要がありません。

3-2.新機種への買い替え

古いエアコンを長く使い続けている場合は、買い替えも検討してみましょう。15年前のエアコンと新機種では、年間1万円以上も電気代に差が生じます。新機種は省エネ設計になっているものが多く、今よりも格段にエアコンの電気代を節約できるでしょう。

3-3.電気プランの見直し

今や、電力会社は1つだけではありません。民間企業やインターネット通信会社などと協力し、電気の供給が行われている時代です。電力会社の変更で、電気料金を大幅に削減できることもあります。また、現在契約している電力会社でも、利用する時間帯に合わせたプランを用意しており、平日夜や休日が安くなるなど新しいプランの提案をしているので、プランの見直しも検討してみましょう。

4.エアコンの電気代・つけっぱなしで節約できる?

エアコンはつけっぱなしのほうがお得だという噂(うわさ)が広まりました。実際はどうなのでしょうか?

4-1.つけっぱなしがいいのは本当?

既述したとおり、電気代を最も消費するのは、立ち上がり時から設定温度に達するまでの間です。冷房なら室温設定を高めにしておけば、さほど電気代がかさむ心配はありません。こまめに電源を入れる・切るを繰り返すより、つけっぱなしのほうがお得です。暖房の場合は、外気温との差が広がらないよう、設定温度は低めにしておきましょう。とはいえ、機種による違いもあります。後述にて、つけっぱなしが逆効果になる事例を紹介しますので参考にしてください。

4-2.つけっぱなしがいいケースとは?

エアコンをつけっぱなしにしても問題がないのは、外気温との差が小さいときです。気密性が高い住宅なら、冷気が屋外へ逃げる・熱気が室内に入り込むという状況を防ぐことができるため、エアコンが効率良く稼働します。また、部屋の広さに適した畳数のエアコンを使用することも重要です。

4-3.逆効果なこともある! つけっぱなしにしないほうがいいケース

省エネ設計になっていない古いエアコンは、もともと消費電力が大きいものです。年式が古いほど電力消費が大きく、電気代がかさみます。製造から3年以内と比較的新しいエアコンの場合に限り、エアコンをつけっぱなしにしても電気代の節約につながると考えておきましょう。古い機種を使っている場合は、つけっぱなしにするのは避けたほうが無難です。また、長時間外出する場合など、エアコンをつけておく必要がないときは、エアコンを止めたほうが不在時の電気消費を防ぐことができます。

4-4.故障が増える?

エアコンの平均寿命は10年です。しかし、エアコンをつけっぱなしにすることは、常にモーターを駆使している状態になります。モーターの劣化により、エアコンの寿命が5〜6年程度まで短くなるデメリットが考えられるでしょう。エアコンが故障する原因には、急な温度変化でモーターなどに負荷がかかることです。フィルターの目詰まりも、エアコンが発熱して劣化や故障を招くので注意してください。エアコンの故障は、使い方が大きく影響して起こるものであるため、必ずしもつけっぱなしにしていることばかりが原因で起こるとはいいきれません。

4-5.エアコンのつけっぱなしは体に影響する場合もあるので注意

エアコンの風に長時間あたっている場合、冷房病など人体への影響が懸念されます。冷房病は、体の内部温度が低下して起こる病気で、深刻な冷え・頭痛・だるさなどを招く恐れがあるため、就寝時などはタイマーを使うなどの工夫が必要でしょう。電気代ばかりに注目せず、体調管理もしっかり行いながら、エアコンを使用してください。

5.エアコンの電気代節約でよくある質問

エアコンの電気代を節約できたら、光熱費を大きく削減できるでしょう。電気代節約に関する疑問を集めました。ぜひ参考にしてください。

Q.弱運転はなぜ電気代がかかるのか?
A.弱運転は、設定温度に達するまで時間がかかるため、電気を消費する時間が長くなり、かえって電気代がかかさみます。自動運転モードに切り替え、無駄な電力を消費しないよう工夫しましょう。

Q.短時間の外出なら、つけっぱなしのほうがお得なのか?
A.30分〜1時間程度の外出なら、つけっぱなしのほうが電気代節約につながるでしょう。ただし、設定温度には注意してください。

Q.自動運転モードとはどのような仕組みなのか?
A.自動運転モードとは、エアコンを起動後、設定温度まで一気に室温を調整し、室温が安定したら、弱運転や送風などで室温を一定に保(たも)ち続ける機能です。無駄な電力を使わずに済むモードなので、うまく活用しましょう。

Q.最新機種のエアコンなら、どれも同じように電気代の節約ができるのか?
A.ひと昔前のエアコンに比べ、省エネ設計のものが増えています。とはいえ、エアコンにもさまざまな機種があり、それぞれ性能に違いがあるものです。消費電力にも若干の差はあるでしょう。なるべく上位機種を選んだほうが、省エネ効果は高いものです。長く使うものですから、ゆとりがあるなら、ランニングコストを削減できる上位機種を選ぶようにしてください。

Q.エアコンと扇風機を併用するときのコツは?
A.エアコンの冷気は、下のほうへ流れる性質があります。なるべくエアコンの風が上向きに送られるように設定しておきましょう。一方、扇風機は下向きにセットすることで、室内の空気がうまく循環するようになります。節電効果も大きくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 電気代の中でも大きな割合を占めるのが、エアコンです。エアコンの電気代が節約できれば、光熱費を削減できるでしょう。エアコンは、立ち上がり時から設定温度に達するまでにたくさんの電力を使います。なるべく設定温度と外気温の差が広がらないように設定し、自動運転モードで稼働するようにしましょう。扇風機と併用する・室外機の周囲にものを置かない・フィルターの掃除をこまめに行うことも、電気代節約につながります。普段の使い方も工夫し、電気代の節約に生かしてください。