アンティーク家具を買取に出す方法を知りたい! 高く売るコツは?

アンティーク家具を買取してもらう方法をお探しではありませんか。特に大切にしていたアンティーク家具ならば、できるだけ高く売りたいですよね。しかし、どんなポイントに気をつけるべきか、高く売るためのコツは何かなど、よく分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、アンティーク家具を買取に出す方法について詳しく解説します。

  1. アンティーク家具の買取事情
  2. 買取してもらえるアンティーク家具の条件は?
  3. アンティーク家具を買取に出す方法
  4. アンティーク家具を高く買取してもらうコツ
  5. アンティーク家具の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、アンティーク家具を買取に出すコツがよく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.アンティーク家具の買取事情

最初に、アンティーク家具の買取事情を見ていきましょう。

1-1.アンティーク家具は100年以上前に製造されたもの

アンティーク家具とは、「製造されてから100年以上経過した手工芸品、工芸品、美術品」ことです。アメリカの通称関税法(1934年制定)で定義されており、世界貿易機関(WTO)も採用するなど、アンティーク家具の世界基準となっています。なお、アンティーク家具と並んで人気のあるビンテージ家具は、製造されてから100年に満たないものです。業者の中には、2つを区別せずアンティーク家具であっても、ビンテージ家具と表記していることもあります。

1-2.アンティーク家具の魅力や人気

アンティーク家具の魅力は、独特の風合いにあります。新品は汚れや傷がなくてキレイですが、深みがありません。一方、アンティーク家具は年月を経過した様子が、色や素材の変化に現れるのが大きな魅力となります。また、すべてが一品ものであり、ほかの人との差別化を図りたいという人からも、根強い人気があるのです。

1-3.アンティーク家具は中古需要がある

アンティーク家具は、長期間人の手から手に渡ってきたものであるため、完全な新品というものはありません。アンティーク家具を探している人には、中古品ならではの独特の風合いを重視します。また、転売により持ち主が変わるのは当然と見なされるため、安定した中古需要があるのが特徴です。

2.買取してもらえるアンティーク家具の条件は?

買取してもらえるアンティーク家具の条件などを詳しく解説します。

2-1.買取してもらえるアンティーク家具は?

買取してもらえるアンティーク家具の特徴を解説します。

2-1-1.人気のブランド・種類

アンティーク家具にも、人気の高低があります。人気が高いブランドは、需要も多いため買取してもらえることでしょう。アンティーク家具で人気の高いブランドには、以下のようなものがあります。

  • ロイズ・アンティークス
  • イングリッシュキャビネットメーカー
  • オルソープ
  • メートランドスミス
  • レインファニチャー
  • ワーリングギロー

また、人気の種類には、以下のようなものがあります。

  • キャビネット
  • サイドボード
  • チェスト
  • ダイニングテーブル
  • ダイニングチェア
  • 飾り棚

2-1-2.希少な素材を使っている

特に希少な素材を使っているアンティーク家具は、買取してもらえるでしょう。たとえば、以下のようなものです。

  • マホガニー
  • ローズウッド
  • オーク

いずれも一枚板を使っていたり高品質だったりなど、現在では入手困難なレベルのものは高額で買取してもらえることでしょう。

2-1-3.よく手入れされている

よく手入れされているアンティーク家具は状態がよいものが多く、買取してもらえる可能性が高いでしょう。元の持ち主に大切に使われてきた証拠であり、購入後も気持ちよく使うことができるからです。

2-2.買取してもらえないアンティーク家具は?

買取してもらえないアンティーク家具の特徴を解説します。

2-2-1.汚れやカビ・臭いがひどい

汚れや臭いがひどいアンティーク家具は、買取不可となる場合があります。いくら年代が古いものでも、経年変化による風合いと単なる汚れは異なるものです。また、カビが生えている・悪臭がするなどがあるものも同様に、買取してもらえないでしょう。

2-2-2.需要がないブランド・種類

中古市場で需要がないブランドや種類は、アンティーク家具でも買取不可となることがあります。業者で買取しても、再販の目安が立たないものは過剰在庫となるからです。また、特殊な家具や個性的すぎる形のものなど、需要がない種類も同様に買取してもえないことがあります。

2-2-3.運搬が大変

大きすぎたり重すぎたりして、運搬が大変なものは買取が難しいことがあります。たとえば、業者側に保管場所がない・回収手段がない(人手がおらず出張買取を行っていない)などの理由があるからです。また、ガラスを多く使っているものなど、極端に壊れやすいものも同様でしょう。

2-2-4.破損がひどいもの

破損がひどいものは、買取不可となるでしょう。アンティーク家具の破損は修復が難しく、修復しても独特の風合いを再現できるとは限りません。特に、扉が変形していて開閉不可など、家具の機能が果たせないものは難しいでしょう。

2-3.アンティーク家具の買取相場の調べ方

アンティーク家具の買取相場は、以下のような方法で調べることができます。

  • 業者に査定を依頼する
  • 業者が公表している査定価格を参考にする
  • ネットオークションやフリマサイトの落札相場を調べる

ただし、調べるタイミングや条件によって金額が上下することがあります。複数の方法で調べたり、数社の業者を比較してみたりするといいでしょう。

3.アンティーク家具を買取に出す方法

アンティーク家具を買取に出す方法を、メリット・デメリットと併せ詳しく解説します。

3-1.アンティーク家具専門店に売る

アンティーク家具専門点では、豊富な専門知識によってあらゆる種類のアンティーク家具を買取しています。ただし、業者によっては個人からの買取の場合、ブランドや年代などを限定していることがあるので確認しておきましょう。また、アンティーク家具は重さや大きさがあるものが多いため、自宅に査定に来てもらうところを選ぶと便利です。

メリット

  • 専門知識による正当な査定を期待できる
  • 買取対象になる種類が多い

デメリット

  • 専門知識があるからこそ査定が安くなることもある
  • 業者によって得意・不得意の分野に差がある

3-2.リサイクル業者や不用品回収業者に売る

リサイクル業者や不用品回収業者でも、アンティーク家具の買取をしています。業者の買取査定を受け、提示金額に納得できる場合は、アンティーク家具を引き渡し代金を受け取ってください。なお、アンティーク家具の知識が乏しい業者では、正しく査定してもらえない可能性があります。買取実績が豊富にあり、正当な査定をしていることを確かめてから依頼するといいでしょう。

メリット

  • ほかの不用品も同時に買取依頼できる
  • その場で査定から代金受け取りまで完了する(リサイクルショップ)
  • 買取不可でも処分してもらう選択ができる(不用品回収業者)
  • 宅配回収や出張回収など回収方法のバリエーションが多い(不用品回収業者)

デメリット

  • アンティーク家具の知識に乏しい業者では安い査定金額になりがち
  • 店頭持ち込みだけ取り扱い可能な業者も多い(リサイクルショップ)
  • 買取不可の場合は引き取り処分もできない(リサイクルショップ)

3-3.ネットオークションやフリマサイトで売る

アンティーク家具は、ネットオークションやフリマサイトで売ることも可能です。実際に2018年11月現在、ネットオークション大手のヤフオクでは、「アンティーク家具」のキーワードで約9,000件以上もの出品があります。落札相場価格は、以下を参考にしてください。

  • イギリス製アンティークサイドボード:約190,000円
  • イギリス製アンティークダイニングテーブル:約200,000円
  • フランス製アンティークキャビネット:約120,000円

ただし、出品者には業者も多く、中には本来のアンティーク家具とはかけ離れたものが混じっているので注意しましょう。

メリット

  • 欲しがっている人と直接やり取りできる
  • 売りたい価格で出品できる
  • 業者で買取不可でも出品できる
  • 想定以上の高額落札もある(ネットオークション)

デメリット

  • 出品から発送まで手続きが多く、日数がかかる
  • 値切られやすい(フリマサイト)
  • アンティーク家具の特徴を理解しない人から不本意なクレームがくることがある
  • 支払い遅れや未払いが発生しやすい
  • 重さや大きさがある場合は、発送が大変

3-4.骨董(こっとう)市やフリーマーケットで出品する

骨董市やフリーマーケットに参加して、直接自分の手でアンティーク家具を売ることも可能です。顧客の興味をうまく引くことができれば、早期に売ることもできるでしょう。骨董市やフリーマーケットに参加するためには、事前に申し込みをする必要があります。開催告知はネットや自治体の広報などに掲載されていることが多いので、こまめにチェックしてください。

メリット

  • アンティーク家具の価値が分かる人が多くやってくる
  • 自分が売りたい価格をつけることができる
  • 顧客との会話を楽しみながら売ることができる
  • その場で代金を手にできる

デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • しつこく値切られることがある
  • 会場に自分で搬入・搬出をする必要がある
  • 出店費用がかかることがある
  • 十分な出店スペースを確保できないことがある

4.アンティーク家具を高く買取してもらうコツ

アンティーク家具を高く買取してもらうコツを解説します。 

4-1.ホコリや汚れを取り除いておく

表面のホコリや手あかなどの汚れを取り除いておくといいでしょう。ただし、アンティーク家具は、古びた風合いが魅力です。掃除の方法を間違えると、価値が下がってしまうことがあるので注意しましょう。不安が残る場合は、業者にクリーニング方法をアドバイスしてもらうことをおすすめします。

4-2.人気が高いうちに売る

人気が高いうちに売ってしまうことも大切です。アンティーク家具は、時代によって人気の移り変わりがあります。もっと高くなってから売ろうと考えているうちに人気がなくなり、買取価格が下がってしまうことがあるので注意しましょう。なお、アンティーク家具の人気は、業者の強化買取品目の種類やネットオークションなどの出品傾向を見ると分かります。

4-3.費用がかからない買取方法を選ぶ

アンティーク家具は、大きさや重さがあるため配送費用が高くなりがちです。そのため、できるだけ費用がかからない買取方法を選ぶことをおすすめします。たとえば、一定金額以上の買取の場合は回収費用がサービスになる業者に依頼するとお得です。自分で持ち込むのも費用がかからない方法ですが、手間や苦労・破損のリスクなどを考えるとおすすめできません。

5.アンティーク家具の買取に関するよくある質問

最後に、アンティーク家具の買取に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.アンティーク家具の買取査定は写真送付だけでも可能?
A.業者によっては可能です。写真送付だけで正しく査定してもらうためには、複数の画像が必要でしょう。全体図・左右図・装飾部分・傷などが気になる部分など、特徴や状態がよく分かるように撮影してください。

Q.目立つ傷があるものは買取してもらえない?
A.傷の度合いと場所にもよります。特に、アンティーク家具自体が希少価値の高いものであれば、減額査定になっても買取不可とはなりにくいでしょう。

Q.数量をまとめて依頼すれば買取金額がアップする?
A.セットものの場合は、買取金額がアップすることがあります。たとえば、ダイニングテーブルとイスなど、セットで依頼してみるといいでしょう。ただし、そのほかのものは単に数量をまとめても有利になるとは限りません。

Q.業者の査定価格に納得できないので買取を取り下げていい?
A.構いません。ただし、納得できない場合でも、査定理由を説明してもらうといいでしょう。正当な理由があるのなら、適切な査定と判断できることもあります。提示された金額で改めて買取を進めるか、ほかの業者に依頼し直すか考えてみてください。

Q.ネットオークションやフリマサイトでクレームを防ぐコツは?
A.ネットオークションやフリマサイトにアンティーク家具を出品するときは、出品画像が命です。できるだけ詳細が分かる画像を添付しましょう。また、支払期日・配送方法・配送料はいくらでどちらが負担するかなど、きちんと明記しておくことです。落札者の立場で考え、必要な情報を網羅しておきましょう。また、迅速な返答も大切です。

まとめ

今回は、アンティーク家具の買取について詳しく解説しました。大切なアンティーク家具を買取に出すのなら、できるだけ高く売りたいことでしょう。複数の業者に査定を依頼するなどして、最も高い金額を提示したところに売ることをおすすめします。なお、ネットオークションやフリマサイト・骨董市・フリーマーケットなどを利用し、自分で売ることも可能です。いずれの方法にもメリット・デメリットの両方があるため、よく理解してから利用しやすい方法で買取に出してください。