引っ越しを予定している人必見! 部屋選びにおけるポイントとは?

引っ越しを予定しているけど、部屋選びはどうしよう…。そんな悩みを抱えていませんか? 住居は一度決めたら簡単に変えられるものではないため、慎重に選んでおきたいところですね。そこで、ここでは新しい部屋を選ぶときのポイントについてご紹介します。これから引っ越しを控えている人や、部屋選びのポイントを知りたい人はぜひ参考にしてくださいね。

1.環境面における部屋選びのポイント

まずは、環境面で部屋選びをしていきましょう。ここでは、そのときのポイントをご紹介していきます。

1-1.部屋の向きをチェックしよう

特にリビングの窓など、主要な部屋にある窓の向きが南を向いていないと、日中に太陽の光が入ってこないことになります。その結果、洗濯物が乾きにくくなったり、日中でも部屋の中が暗くなりがちになったりしてしまうでしょう。特に、西向きを選んでしまうと西日によって部屋のものや床が劣化しやすいだけであまりメリットがありません。気をつけましょう。

1-2.階数はできるだけ高い方がいい?

新しい部屋を決めるときに気になるのが、階数ですね。人によっては1階の方が良いという人もいるでしょう。でも、おすすめはなるべく高い階数です。階数が高い方が、日当たりも良くなり防犯効果も期待できます。また、騒音に悩まされることも少なくなるでしょう。さらに、害虫は階数が高くなるにつれて発生しにくくなります。虫が苦手な人はできるだけ、高い階数を選んだ方が良いでしょう。

1-3.部屋の位置はどうすればいいのか

なかなか難しいですが、できれば部屋は角部屋を選ぶようにするのをおすすめします。角部屋になると、ほかの部屋よりも窓の数が多くなったりするため、日当たりも良くなり部屋全体が明るくなるのです。また、部屋の両側に人が住んでいるわけではないので、ある程度気を使う必要なく、快適に過ごしやすいといえます。

1-4.物件の1階が飲食店の場合は注意が必要

人によっては、「1階がコンビニになっているところの方が便利」と考えると思います。確かに、24時間いつでも利用できるコンビニが1階にあるのは便利なことこの上ありません。しかし、コンビニのように飲食系のものを取り扱っているお店には、ゴキブリも寄ってきやすいです。そのため、1階がお店になっていないアパートに比べると害虫の発生率が高くなるため、気をつけましょう。

2.設備面における部屋選びのポイント

環境面である程度好みの部屋を絞ったら、あとは部屋それぞれの設備を比べて決めていきましょう。ここでは、設備面で部屋を決めるときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

2-1.浴室とトイレは個別の方が良い?

浴室とトイレが一体となっているユニットバスは、何より賃料が安いことが魅力です。そのため、賃料重視でユニットバスを選ぶ人もいるでしょう。しかし、ユニットバスはトイレと浴室が一緒になっている分、掃除など管理が大変だったり、ゆっくりお風呂に入れなかったりという欠点もあるため、注意が必要です。ある程度予算があるなら、できるだけユニットバスではなく、浴室とトイレが別れているタイプの部屋を選ぶと良いでしょう。

2-2.コンロやガスもチェックしよう

最近IHが流行(はや)っているため、古い物件でもコンロがIHにリフォームされているということも少なくありません。IHは確かに、火事になりにくく、思わぬ事故を防ぎやすいなどのメリットがあるものです。しかし、反面でガスコンロに比べて火力が出なかったり、使い勝手が悪かったりする面もあるので注意してください。
また、ガスがプロパンガスか都市ガスかもチェックしておくようにしましょう。プロパンガスに比べると、都市ガスの方が圧倒的に安いですが、何かしら大きな災害があった場合、止まってしまう可能性が高くなります。一方、プロパンガスは都市ガスよりも月々の料金が高めですが、災害のときに止まってしまう可能性が低く、安心です。

2-3.ネット回線で選ぶ

最近では、パソコンやスマートフォンなどがすっかり普及しています。パソコンでオンラインゲームを楽しんだり、動画を投稿したりする人も多いでしょう。このように、ネット回線をたくさん使う人の場合は、光回線に対応している部屋を選ぶことをおすすめします。どんなにほかの条件が良い部屋でも、回線がADSLだったりBフレッツだったりすると、回線速度も遅いので快適にネットを楽しめなくなってしまうでしょう。

2-4.テレビや洗濯機の設置場所を確認しておく

その部屋によって、テレビや洗濯機の設置場所は異なります。テレビは専用の端子がある場所にしか置けないため、端子がある場所によって設置場所を大きく左右されることになるでしょう。
また、部屋によってはベランダに洗濯機を設置するタイプのところもありますが、これはあまりおすすめできません。洗濯機がずっと雨風や日差しにさらされることになりますから、当然劣化も早くなるのです。

3.引っ越しで出る不用品の処分方法

新しい部屋を決めていざ引っ越しする、となったら当然不用品やゴミがたくさん出ますね。このゴミや不用品、どのように処分したらいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこで、ここでは引っ越しのときに出る不用品の処分方法についてご紹介します。

3-1.ゴミとして出す

ゴミとして一気に出してしまうのも1つの方法ですが、意外と大変です。細かいゴミは一般ゴミとして出すことができますが、大きなものになると、粗大ゴミとして出さなければなりません。粗大ゴミを出す場合は、その自治体によって定められた方法に従う必要があるので、まずは市役所などに問い合わせてみましょう。

3-2.不用品回収業者を利用する

とにかく一気にまとめて回収してほしい、という人におすすめなのが不用品回収業者です。ゴミとして出す場合は粗大ゴミの手配や、燃えるゴミと燃えないゴミの分別など、いろいろ手間がかかります。でも、不用品回収業者なら業者に依頼すれば直接家までやってきて、いらないものをすべて持って行ってくれるため、一気に片付けることができるのです。業者の中には、買い取りも行っているところがあります。そのような業者なら、リサイクルショップのように使えるものは買い取ってくれるので、無駄になることもないのです。全部捨ててしまうよりも地球に優しく、かつお得に不用品を処分できるでしょう。

4.まとめ

これから引っ越しを考えている人におすすめな、新しい部屋選びのポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? それでは、今回ご紹介したことをおさらいしいてみましょう。

  • 環境面における部屋選びのポイント
  • 設備面における部屋選びのポイント
  • 引っ越しで出る不用品の処分方法

以上のことを意識して新しい部屋選びを行っていけば、必ず快適に住める部屋を見つけることができるでしょう。新しい生活を気持ちよく始めるためにも、部屋選びから引っ越しの片付けまで、計画だてて進めていくことをおすすめします。