家のメンテナンス・適切な時期はいつ?

マイホームのメンテナンスについて 「いつすればいいの?」という声や「適切な時期は、いつ?」という質問を数多く受けます。
そこで今回は、住まいのメンテナンスにふさわしい時期や目安についてご説明したいと思います。

家のメンテナンス・適切な時期について

家のメンテナンスは、人間の健康管理と全くおなじです。
症状が出る前に(未病の段階で)精密検査やチェックを受ける必要があるのです。

劣化が見つかったら、即メンテナンスを受けよう!

住まいの劣化や不具合が見つかった時点で、即メンテナンスを行ってください。
既に不具合が出ている時点で「悪化を食い止める」処置が必要となります。
また、一見劣化が分からないような場合でも、経年別のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。
きちんとメンテナンスを行えば、その分住まいの機能は良くなり、長持ちする耐久性の強い建物へと生まれ変わるのです。

床下と柱のメンテナンス

メンテナンスは、箇所によって5年ごと、10年、15年と異なります。
住まいの基盤となる床下や柱、鉄部、壁部分は5年単位でメンテナンスを受けるようにしましょう。 
特に、床下で気になるのは、シロアリ、湿気によるカビなどの問題です。放って置くと床下や柱がボロボロに……なんてことの無いように、気をつけてメンテナンスを受けてください。

屋根と外壁のメンテナンス

屋根や外壁の場合は、もともと「耐久性を持たせた」工事が施されています。このため、10年~15年単位で、念入りなメンテナンスを行えばOKです。

水回りのメンテナンス

水周りは毎日使う場所です、キッチンや洗面台、浴室、トイレは使用頻度が高く、痛みやすい場所となっています。
痛みが目立った時点でのメンテナンスはもちろん、水漏れやタイルの割れ・カケなどがないか、防カビ・防湿対策とあわせてメンテナンスを行ってください。

メンテナンスの目的とは?

メンテナンスは、快適な住まいを保持・管理するという意味合いが強いです。
しかし、これだけではありません。
適切な時期に行うメンテナンスは、家の寿命を長くし、住まいの資産価値を高めるなど、住まいにとって大切な管理法となっています。

家の価値を損なわないメンテナンス管理

家の価値を損なわないためにも、住まいのメンテナンス管理はしっかり行ってください。
また、痛みの激しい部分は、適切な工事・リフォームを受けるようにしましょう。

メンテナンスのできる施工業者なら安心

どんなに施工費用が安くても、アフターケアのできない業者では、後々、再施工の必要がでてくるなど厄介な問題を抱えてしまいます。
その点、施工を行うメーカーが、定期点検や「アフターンテナンス」のできる業者であれば安心です。
リフォームや建て替えなど、工事を依頼する時には「きめ細やかなフォロー」ができる業者を選ぶようにしてください。