外壁リフォームについて知りたい! 外壁リフォームの基礎知識を身につけよう

定期的にメンテナンスの必要がある「外壁」。
外壁は雨風や台風から守ってくれる大切な存在です。
安心して生活するためにも外壁リフォームをそろそろしなければならないな…と考えている人もいるでしょう。
外壁リフォームにかかる費用や事例、工法、外壁塗装の種類など詳しくみていきたいと思います。
外壁リフォームを考えている方は要チェックです!

1.外壁リフォームについて

どれだけ丈夫な外壁で家を建てたとしても老朽化によって次第に外壁は崩れていってしまうでしょう。
外壁を長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要不可欠になってきます。
定期的にメンテナンスをおこない、状態によって外壁リフォームをおこなっていきましょう。

1-1 外壁リフォームの重要性

なぜ外壁を定期的にメンテナンスし、リフォームしなければならないのか、疑問に思っている人もいると思います。
その理由は、外壁は常に紫外線・雨風にさらされているからです。
住宅建築の中でももっとも汚れやすく、外部からの影響を受けやすい場所だと言われています。
そのような場所だからこそ定期的にメンテナンスをおこない、リフォームで補強していかなければなりません。
例えば、ずっと外壁を放置するとします。
外壁にシミができたり、表面の汚れやヒビ割れが起きていることも知らずにそのままにしてしまうとどんどん老朽化してしまうでしょう。いずれ外壁はすべて崩れ落ち、家の中身が外にさらされる状態になってしまいます。そうなれば家はほんの少しの衝撃にも耐え切れなくなるのです。
外壁リフォームは家を守るために欠かせません。

1-2 外壁リフォームをするまえに家の健康診断を

基本的に外壁をチェックしないままリフォームをしてはいけません。
リフォームをおこなうまえに家の健康状態をチェックし、どこを補強しなければならないのか調べる必要があります。
診断結果からどのように外壁をリフォームしていくのか、もっとも適切な工法を探っていくことになるのです。
健康診断をしなければ外壁リフォームは始まらないということを知っておいてください。
後で外壁リフォームの方法や工法について説明していきますが、それらは家の健康状態をチェックしたからこそできるものです。
知識や情報を持っていない自分たちでは詳しく健康状態を調べることはできません。
専門業者や外壁に詳しいプロに調べてもらうことが1番でしょう。

2.外壁リフォームの方法と時期について

2-1 主に2種類ある外壁リフォームの方法

外壁リフォームの方法を挙げると主に2種類に分かれます。
外壁の上から外壁を重ねる方法の「外張り式」と外壁に新しく外壁塗装を塗る「塗り替え式」の2つのどちらかを選ぶことになるでしょう。
それぞれ特徴があるため、必ずその違いを把握してください。
“外壁リノベーション”とも呼ばれている「外張り式」の特徴は、外壁の強度が上がり、断熱効果が高められる点が挙げられます。
また、塗り替え式よりもメンテナンスにかかる費用が安いため、節約にもなると好評です。
一方、「塗り替え式」は、メンテナンスにお金がかかってしまいますが、長持ちで雨風や汚れ対策に抜群の効果を発揮してくれます。
塗り替えに使われる外壁塗料はさまざまな種類があるのでチェックしておくと良いでしょう。
主に挙げられる塗料は、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系の4種類です。それぞれ耐用年数が変わるので塗り替えるときは要チェックですね。

2-2 あまりにも状態がひどい場合は“サイディング”を

外壁リフォームにおいて“サイディング”を選択する人が増えてきました。
一度は耳にしたことがあるという人もいるのではないのでしょうか。
サイディングとは、板状の建材を使い、釘で壁の下地に打ち付けていく方法のことです。
サイディングをおこなうとデザイン性だけでなく、機能性もぐんっとアップでき、ボロボロになってしまった外壁を再び強く、美しい外壁へと生まれ変わらせることができると好評になっているのです。
サイディングは外張り式と似ていますが、もとからある外壁をすべて撤去し、張り替えることもできるため、徹底的に外壁をリフォームできる特徴をもっています。
サイディングにおいて大切なのは、使用する「板状の建材」。
窯業系・樹脂系・木質系・金属系の4種類に分かれています。

2-3 外壁リフォームに最適な時期ってあるの?

外壁リフォームに適した時期はあるのでしょうか。
実際のところ、どのような外壁リフォームの方法においても適した時期ははっきりありません。
梅雨はできるだけ避けた方が良い、乾きやすい夏はダメ、冬も乾きにくいからオススメしないなどさまざまな意見が飛び交っていますが、それほど時期は重要ではないのです。
工事の質が落ちるのではないかと心配になる人もいますが、時期は正直関係ないので安心してください。
ただし、外壁リフォームをおこなうのはあくまで人間ですので、工事現場の人によっては暑さでバテてしまったり、寒いとスムーズに進めないといった仕事のやりづらさはあるようですね。
リフォーム会社と相談しながら施工時期を決めていってみてはいかがでしょうか。

3.外壁リフォームにかかる費用

3-1 目安費用はどのくらい?

依頼する業者によって変わりますが、外壁リフォームにかかる目安としては、以下のとおりになっています。

  • 外壁の塗り替え…40万~120万円
  • サイディングでの重ね貼り…120万~200万円
  • サイディングでの張り替え…180万~300万円

どのような工法でリフォームをするのか、どこからどこまでするのかによってだいぶ費用は変わってくるでしょう。
よって、より適切な費用を知りたいのであれば業者に見積もりを出してもらうことが1番です。
ひとつの業者だけでなく、いくつもの業者に見積もりを依頼してください。
そうすることで費用の目安が把握できますし、どこが1番安く抑えることができるのか分かります。
では、リフォームの事例によってどこの部分にいくらお金がかかったのか詳しくみていきましょう。

3-2 事例からみる費用について

外壁の塗り替えをしたAさんは1階と2階で色を分け、外壁塗装をおこないました。仕上がりはとても良く、前の外観と比べると明るい雰囲気に仕上がったそうです。
工事費はおよそ51万円。その中には外壁塗装に使われる塗料はもちろんのこと、足場を組むための設置費用も含まれています。
足場を組んだり、外壁の隙間に流し込むゴムの材料もすべて合わせた金額です。
また、サイディングの重ね貼りという違う方法で外壁をリフォームしたBさんの工事費はおよそ220万円。
長持ちするフッ素の金属サイディングを利用したので多少高額になってしまいましたが、耐用年数と外見の美しさを考えて選んだそうです。
このように、どのような外壁にしたいのかによって選択すべき方法や工事費も変わってきます。

まとめ

外壁リフォームをおこなう場合、業者に依頼しなければなりません。
業者に依頼するときはできるだけ実績のある業者を選びましょう。
業者とトラブルになってしまったケースも多いので業者選びは意外と大切なのです。
外壁リフォームの失敗を防ぐためにも、本当に信用できる業者を選んでくださいね。

  • 家を守るために必要な外壁リフォーム
  • リフォームまえに必ず家の健康診断をすること
  • 塗り替え式と外張り式の2通りある
  • サイディングを利用したリフォームが注目されている
  • 外壁リフォームに時期はあまり関係ない
  • 費用はおよそ50万~200万円
  • どのような外壁にしたいのかによって費用や工法が変わる
  • 業者に依頼するときは実績のあるところを選ぶ

以上の8点に注目しながら外壁リフォームの計画を立ててみてはいかがでしょうか。
素敵な外壁にするためにも家族でしっかり話し合い、業者と入念に打ち合わせを重ねていきましょう。