風呂の床掃除の方法は? 嫌な黒ずみがスッキリするコツを教えます!

風呂の床掃除でお悩みではないでしょうか。お風呂は、常に清潔に保ちたいものです。しかし、バスタブや壁などはこまめに掃除をしていても、床までは行き届いていないこともあるでしょう。風呂の床には、皮脂汚れや石けんカス・カビなどの汚れがたまりやすいため、しっかり掃除することが必要です。そこで、今回は、風呂の床掃除の方法について詳しく解説します。

  1. 風呂の床汚れとは?
  2. 風呂の床掃除の方法
  3. 風呂の床汚れの予防方法
  4. 風呂の床掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、風呂の床掃除について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.風呂の床汚れとは?

最初に、風呂の床の汚れについて学びましょう。

1-1.風呂の床が汚れる場所と原因?

風呂の床が汚れる場所と原因は、以下をご覧ください。

  • バスタブとの境や風呂の隅:湿気がこもり、カビや水あか汚れが発生しやすい
  • 排水溝周辺:常に湿気があり、汚れがたまってぬめり汚れが発生しやすい
  • 床面:足の裏の皮脂汚れや水あかがつきやすい

1-2.風呂の床汚れの成分や種類

風呂の床汚れの主な種類と成分には、以下のようなものがあります。

  • 皮脂汚れ:人体から出た皮脂
  • 石けんカス:皮脂汚れと石けんの成分が混ざり合ってできたもの
  • 黒ずみ:カビが繁殖したもの
  • 水あか:水道水の中のミネラル成分が蓄積したもの

1-3.床材について

風呂の床材にも、汚れやすいものと汚れにくいものがあります。天然素材の床材(ヒノキなど)は、汚れがつきやすいので注意しましょう。一般的な樹脂素材は水はけがよく、簡単に掃除ができることが特徴です。樹脂素材でも、防汚加工・抗菌加工を施した床材を選べば汚れにくくなるため、掃除が楽になります。タイル素材は耐久性が高いことがメリットですが、水はけが悪くて目地(めじ)にカビが発生しやすいので注意しましょう。

1-4.風呂の床汚れは早めに掃除しよう

風呂の床が汚れているときは、できるだけ早めに掃除しましょう。汚れが足の裏について不潔なだけでなく、ぬめりが原因で足が滑ってケガをする原因になります。汚れを放置した場合は、雑菌やカビが繁殖してますますひどくなるだけです。

2.風呂の床掃除の方法

風呂の床掃除の方法を詳しく解説します。

2-1.風呂の床掃除で用意するもの

風呂の床掃除では、以下のものを用意してください。

  • 重曹
  • クエン酸
  • 酸素系漂白剤
  • 洗面器
  • 掃除用ブラシ
  • 竹串
  • スプレーボトル
  • 浴室掃除用シューズ(滑りにくいサンダルでも可)
  • 手袋
  • マスク

2-2.風呂の床掃除の方法や流れ・ポイント

風呂の床掃除の方法や流れは、以下のとおりです。

  • 髪の毛や目立つゴミを取り除く
  • 軽く水で汚れを流す
  • 汚れが目立つ部分を中心に掃除する
  • いったん水を流す
  • 汚れが残っている部分・カビが生えている部分を確認し、対策する
  • 熱めのお湯(50度程度)で床を流す
  • 冷水を流して床の温度を下げる
  • 風呂場の換気扇を回して湿気を逃がして完了

ポイントは、汚れを洗い流した後にあります。掃除後に熱めのお湯を使って床を流した後、さらに水を流すことを忘れないでください。熱めのお湯を流すことで、床の除菌効果が期待できます。しかし、温まったままにすると新たな雑菌やカビが繁殖しやすくなるため、水で流して床の温度を下げ、十分に換気をして湿気を逃がしてください。

2-3.汚れの種類別の掃除方法

風呂の床の主な汚れを、掃除方法と併せてそれぞれ解説します。

2-3-1.皮脂汚れ・石けんカス

皮脂汚れや石けんカスは酸性の汚れであるため、アルカリ性の洗剤を使うとキレイに落ちます。たとえば、重曹を使うといいでしょう。水1Lに対して大さじ5~6杯の重曹を入れて20~30分沸騰させることで、より洗浄能力が上がります。よく冷ましてからスプレーボトルに詰め替えると使いやすいのでおすすめです。

2-3-2.黒ずみ

黒ずみの正体はカビであり、床材のすき間に根を張っていることが多く、しつこいものです。しっかり対応するためには、重曹とクエン酸を混ぜたものを使うといいでしょう。水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かしてクエン酸水を作ってください。クエン酸水をスプレーボトルに入れてカビが生えている部分に吹きかけ、さらに重曹を適量ふりかけましょう。すると、重曹・クエン酸が反応して発砲し、カビを退治してくれます。しつこいカビには、重曹と酸素系漂白剤を同量混ぜたものを塗布し、上からラップをして1時間ほど放置してからこすり洗いするといいでしょう。

2-3-3.水あか

水あかは、1回付着すると取りづらいことが特徴です。水あかは、アルカリ性の汚れであるため、酸性のクエン酸水がよく効きます。水あかがひどい部分の表面汚れを水で流した後、水気をふき取ってからクエン酸水をたっぷり吹きかけてください。キッチンペーパーを上から貼りつけてさらにスプレーし、ラップでパックをして1時間ほど放置しましょう。最後に、キッチンペーパーをはがしてよくこすり洗いをして完了です。

2-4.ガンコなカビや汚れの対策法

まずは、カビが生えている部分に除菌アルコールもしくはカビ取り専用洗剤を塗布しましょう。数十分程度放置してからこすり、水で十分に流してください。ガンコな汚れは、重曹ペースト(重曹に少量の水を加えて練ったもの)をぬり、上からラップをして数十分程度置いてからこすり洗いをしてみましょう。重曹の成分とこすり洗いの摩擦(まさつ)によって汚れが簡単に落ちやすくなります。最後は、水でよく流してください。

2-5.掃除中は換気と足元に気をつけること

風呂の床掃除では、換気をよくすることが大切です。窓を開ける・換気扇を回すなどで、風呂場の空気がこもらないようにしましょう。特に、カビ取り用洗剤などは吸い込むと気分が悪くなる・体調不良になるなどの可能性があるので注意してください。また、床掃除では足元に注意しましょう。床がぬれていると滑りやすいため、移動の際にはそっと歩く・足元の水分を拭いておくなどの対策をしてください。

3.風呂の床汚れの予防方法

風呂の床汚れの予防方法を詳しく解説します。

3-1.こまめな掃除と換気がポイント

風呂の床汚れは、以下のような方法で予防することができます。

  • 風呂から出るときに汚れを洗い流しておく
  • 風呂の換気扇を回して湿気を取り除く

床は、使うたびに皮脂汚れや石けんカスなどが付着します。さらに、風呂場は温度・湿度ともに高いため、すぐに汚れをエサにして雑菌やカビが繁殖してしまうのです。こまめに掃除し、換気をよくして湿気をためこまないようにしましょう。

3-2.床汚れを防ぐためには継続が大切

どんなに効果的な予防方法でも、継続が大切です。風呂に入る都度、床の汚れをチェックして簡単に掃除しましょう。毎日の積み重ねが、床汚れを防ぐのです。疲れていても、風呂の最後にざっと汚れを水で流すだけでも随分違うので試してみてください。

4.風呂の床掃除に関するよくある質問

最後に、風呂の床掃除に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.風呂の床掃除を楽にするコツは?
A.できるだけ床にものを置かないようにしましょう。ものが多い床は、掃除がしにくいだけでなく、湿気や汚れがたまりやすくなります。フックや棚を利用して、配置するだけでも楽になるでしょう。また、洗面器や風呂イスなども小物用ラックの上に置く・フックにかけるなどして、常に片づけることをおすすめします。

Q.風呂の床掃除で足腰に負担をかけない方法は?
A.柄の長いブラシを使うと、掃除が楽にできます。長時間しゃがんだままの姿勢でいると足腰に負担がかかり、痛みが出ることもあるでしょう。また、起き上がるときも反動をつけずに、ゆっくりと行いましょう。掃除が長引きそうなときは、休憩を入れるなどして適度に休むことも大切です。

Q.風呂の床掃除の順番はいつが最適?
A.最後に行うといいでしょう。基本的に、掃除は上から下に向かって行います。風呂の床は、掃除中でも汚れがつきやすいため、最後に回したほうが効率がよくなるのです。ただし、カビやひどい汚れなどは、つけ置きなどを活用し、ほかの部分の掃除と同時に進めるといいでしょう。

Q.風呂の床掃除のタイミングはいつがベスト?
A.入浴後がベストです。入浴後は、汚れがついて間もなく、さらに床が温まってぬれているため落としやすくなっています。入浴と掃除をセットにする習慣がつけば、いつでもキレイな風呂場を維持できることでしょう。

Q.風呂の床汚れがどうしても落ちない場合は寿命?
A.風呂の床の寿命は、約10~15年です。こまめに掃除をしていても、経年などで床の素材が劣化するため、汚れが落ちにくくなることがあります。見た目が美しくないだけでなく、汚れた部分にカビや雑菌が繁殖しやすくなるのでリフォームも検討してください。

まとめ

今回は、風呂の床掃除について詳しく解説しました。風呂の床には、皮脂汚れ・石けんかす・カビなど、あらゆる汚れがつきやすいものです。こまめに掃除をし、清潔に保ちましょう。楽に掃除をするためには、汚れの種類に合った洗剤を使うことが必要です。さらに安全に掃除するためには、主に重曹やクエン酸を活用するといいでしょう。風呂の床汚れがキレイになれば、清潔で気持ちよく入浴できます。今回の記事を参考に、ぜひ掃除してみてください。