風呂の窓を断熱する方法は? DIYできるの? 寒さ対策をご紹介!

「冬の風呂が寒い」「脱衣所が寒すぎる」など、風呂の寒さに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。風呂の寒さ対策は、窓まわりから見直すことが大切なポイントです。特に、風呂に窓がある場合、窓ガラスから外の冷気を取り込み、浴室内の暖気も冷気に変えてしまいます。特に、冬の入浴は、急激な温度差によるヒートショック現象で命の危険もあるため、風呂の寒さをしっかり対策しなければなりません。

本記事では、風呂の窓を断熱する方法とポイントについて説明します。

  1. 風呂の寒さの原因は窓?!
  2. 風呂の窓を断熱しよう!
  3. 風呂の窓の断熱材の作り方
  4. 浴室の寒さ対策~浴室暖房機の場合
  5. 風呂の窓の断熱に関してよくある質問

この記事を読むことで、浴室の寒さ対策の方法が分かります。窓の断熱について知りたい方は、ぜひチェックしてください。

1.風呂の寒さの原因は窓?!

なぜ、風呂の窓が寒さにつながるのか、その原因について詳しく説明します。

1-1.風呂の窓の影響は?

風呂の窓は、こもりやすい湿気を外へ逃がす役割を担っています。防カビ対策のために必要なものですが、その窓から多くの熱が逃げてしまっているのです。浴室の窓はほとんどが1枚窓なので、熱を逃がしやすく、外の冷たい空気を取り込みやすい特徴があります。だからこそ、浴室を暖かくするためには、窓の寒さ対策が必要なのです。

1-2.浴室の寒さは危険?

浴室の寒さは、ヒートショック現象を引き起こす原因です。ヒートショック現象とは、急激な温度変化、血圧が急に上下したり脈拍が早くなったりします。その結果、脳卒中や心筋梗塞を引き起こし命の危険にもつながるのです。特に、冬の暖かいリビングから風呂への移動は温度変化が激しくなるため、高齢者の事故が多発しています。

1-3.浴室の寒さ対策の必要性

ヒートショック現象を防ぐためにも、浴室の寒さ対策を徹底しておかなければなりません。毎日使う風呂だからこそ、安心して入浴できる環境を整えることが大切です。寒さ対策を徹底することで、風呂場の室温を保ち続けることができます。また、風呂の窓を断熱すれば、光熱費の節約にもつながるでしょう。外から冷たい風が入れば、浴室暖房をつけても一向に暖まりません。浴室を暖めるためには、外気が入り込む箇所=風呂の窓に対策を施す必要があります。

2.風呂の窓を断熱しよう!

では、風呂の窓を断熱にはどのような方法があるのでしょうか。ここでは主な断熱のDIY方法と効果について解説します。

2-1.断熱材でフタをする

断熱材でフタをする方法は、窓枠にすっぽりと断熱材をはめて窓をふさぐだけでOKです。冷気の通り道が遮断できるので、外気を取り込んだり熱が逃げたりすることはありません。断熱材として使用するのは、「スタイロフォーム」と呼ばれる密度の高い発泡スチロールのボードです。作り方については、後ほど【3-1.フタを作る】で説明するのでぜひチェックしてください。

2-2.梱包用緩衝材を貼り付ける

風呂の窓が大きい・窓枠の奥行きがあまりない場合は、梱包用緩衝材を窓に貼ってください。窓ガラスと風呂の間に、プチプチなどの梱包用緩衝用を貼り付けることで、空気の層ができ窓の冷気が遮断できます。

2-3.すき間テープを活用する

ホームセンターなどで手に入る「すき間テープ」を活用して、窓のサッシ部分に貼り付ける方法もあります。すき間風が入り込んでくる部分に、テープを貼るだけで完了です。ただし、ホコリがついていると粘着テープがつきづらくなるので、キレイなタオルで除去してから貼りましょう。

2-4.効果はあるの?

紹介した断熱方法は、少なからずとも外気を遮断できます。100%遮断できるとは言えませんが、対策後は浴室の寒さが若干やわらぐでしょう。確実に遮断したい方は、風呂の窓を二重窓にするリフォーム工事を検討してください。窓本体が二重窓になれば、自分で対策をしなくても外気が遮断できます。また、浴室暖房機を設置するのも対策の1つです。ただし、窓のすき間から外気が入り込む場合は、浴室暖房機を設置しても一向に暖まらないため、断熱リフォームを施したほうが良いケースもあります。

3.風呂の窓の断熱材の作り方

寒さ対策で使用する断熱材の作り方を紹介します。自分で対策を考えている方はぜひチェックしてください。

3-1.フタを作る

前述したとおり、断熱材のフタになるのは「スタイロフォーム」と呼ばれる素材です。スタイロフォームは、ホームセンターなどで簡単に入手できます。まずは、スタイロフォーム・荷造り用のビニールひも・定規・ペン・カッターを用意してください。そして、以下の手順でフタを作りましょう。

  1. 窓枠の内寸を測定する
  2. 窓枠より1mmほど小さくなるように、スタイロフォームに線を引いて印を付ける
  3. 線に沿ってカッターでカットする
  4. カットしたスタイロフォームに、取っ手にするビニールひもを通すための穴を2か所開ける
  5. 開けた穴に荷造り用のビニールひもを通し、取りはずすときの取っ手にする

以上の手順で作ったフタを、窓枠にはめ込むだけでOKです。もし、着脱しにくいほどきつい場合はカッターで削り微調整してください。また、スタイロフォームは厚すぎると扱いづらくなるので、30mm程度が最適です。そして、スタイロフォームをはめたままにしないようにしてください。なぜなら、湿気によるカビの原因になるからです。入浴後は取りはずしておくようにしましょう。

3-2.貼り付け方を紹介!

プチプチなど梱包用緩衝材の貼り付け方を紹介します。まず、プチプチ・両面テープ・定規・ハサミまたはカッターを用意してください。そして、以下の手順どおりに進めていきます。

  1. 窓ガラスの水気をキレイに拭き取る
  2. 窓ガラスの大きさを測定し、プチプチに印を付ける
  3. 印に沿ってプチプチをカットする
  4. プチプチの凸凹面に両面テープを貼り付ける(凹の部分をガラスに密着させるのがポイント)
  5. 窓に合わせてプチプチを貼り付ける

両面テープの代わりに水で貼り付ける断熱シートもありますが、風呂の蒸気ではがれる可能性があります。風呂の窓はすりガラスを使用していることが多いので、断熱シートは凸凹面に貼り付けることができないでしょう。そのため、梱包用緩衝材を使用する場合は両面テープをおすすめします。

3-3.注意点

自分でできる対策を実行してみても、なかなか浴室が温まらず、冷気が入り込んでくることがあります。その場合は、リフォーム業者に依頼するか、浴室暖房機などを設置する方法を視野に入れてみてください。無理に自分で窓を交換したり、機器を設置したりしてはいけません。専門のプロに依頼したほうが、スムーズかつ安全に寒さ対策ができるでしょう。

4.浴室の寒さ対策~浴室暖房機の場合

高齢者のいる家庭では、寒さ対策のために「浴室暖房機」を設置するケースが増えてきました。では、浴室暖房機とはどのような機能があるのか、詳しく説明します。

4-1.浴室暖房機とは?

スイッチ1つで素早く浴室や脱衣所に温風を送り温める機器を「浴室暖房機」といいます。別名、浴室乾燥機・浴室乾燥暖房機とも呼ばれ、入浴後に浴室の乾燥も可能です。乾燥機能は、洗濯物を乾かす機能としても使用できます。

4-2.主な機能とメリット

浴室暖房機の主な機能は、以下のとおりです。

  • 浴室乾燥:湿気がこもった浴室を乾燥しカビを予防する
  • 予備暖房:冷えきった浴室を温める
  • 入浴暖房:洗い場にいるときも体が冷えないように温める
  • 衣類乾燥:衣類を乾燥させる
  • 涼風機能:夏場など暑い浴室に涼しい風を送る

ヒートショック現象の防止だけでなく、浴室乾燥機を設置することでさまざまな機能が使用できます。快適で安全なバスタイムを楽しむことができるでしょう。

4-3.料金はいくら?

浴室暖房機の設置は、本体価格と工事費がかかります。一般的に、工事費は2万~4万円ほど、本体価格は4万~10万円など幅広い傾向があるのです。業者や機能などで費用が異なるため、事前に複数の業者に見積もりを依頼しておきましょう。

4-4.設置の仕方

業者に依頼すれば、プロのスタッフが取り付けてくれるので安心してください。必要に応じて、工事設置前に現場調査を行うことがあります。調査内容や見積もりなどを参考に、最終的な見積もりを提示し納得すれば契約を交わすでしょう。そして、メーカーに商品を発注し取り付け工事日を決めます。後は、その日にちに業者がやってきて工事を行い、終了後に確認して料金を支払うという流れです。具体的な設置の仕方に関しては、業者に確認してください。

4-5.そのほか、注意点

浴室暖房機は、「天井埋め込み式」と「壁掛け式」があります。また、「ガス温水式」「電気式」と熱源による違いもあるため、希望する商品が自宅に対応しているか業者へ確認してください。適応しているか否かは、業者でなければわかりません。適切な種類を選び取り付けるためにも、安心して依頼できる業者を見つけてください。中には、不正を働く悪徳業者も存在しているので要注意です。

5.風呂の窓の断熱に関してよくある質問

風呂の窓の断熱に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.コールドドラフト現象とは?
A.暖かい室内の空気が冷たい窓ガラスに触れて冷やされ、床面に下降する現象のことを「コールドドラフト現象」といいます。風呂に浸かっているとき、浴槽に接した壁の窓からひんやりとした冷たい空気が下りてくる感覚を経験したことがあるのではないでしょうか。これは、上昇した浴室内の暖かい空気が、冷やされて下りてきているからです。

Q.風呂の窓がコンパクトな場合は、どの断熱方法が良いのか?
A.風呂の窓がコンパクトな場合は、プチプチなど梱包用緩衝材を使用するよりもスタイロフォームで窓枠にフタをしたほうが効果が期待できるでしょう。なぜなら、断熱効果の高いフタが作りやすいからです。風呂の窓の大きさをチェックして、断熱方法を選択するのもポイントとなります。

Q.プラスチックダンボールは使えるの?
A.プチプチの代わりに、プラスチックダンボールを使用するのも方法の1つです。プラスチックダンボールは、半透明で波型のプラスチックシートのようなもので、軽く加工しやすい特徴があります。また、中が空洞になっているため、断熱効果が高いといわれているのです。プラスチックダンボールを使用する際は、窓枠サイズにカットし両面テープで貼り付けてください。

Q.ヒートショックを防ぐ浴室暖房機の使い方は?
A.入浴の30分~1時間前にスイッチを入れておくと、浴室・脱衣所全体が温まります。浴室乾燥機の設置まで時間がかかる場合は、代用品として暖房器具を持ち込むのも選択肢の1つです。たとえば、小さくて軽量のセラミックファンヒーターや遠赤外線ストーブ・パネルヒーターが良いでしょう。ただし、持ち込む場合は、周囲に燃えやすいものを置かないように注意しなければなりません。

Q.窓以外にも、寒さの原因はあるのか?
A.浴室の寒さは、窓以外にも換気扇・床から冷気が入り込む可能性があります。換気扇は、入浴前と入浴中は止めましょう。入浴後に浴室のドアと窓を閉めて換気扇をまわせば、たまった湿気を追い出すことができます。
また、床が冷たいと足から冷えが伝わるため、踏み入れた瞬間にヒヤッとするでしょう。冷たさを軽減するために「すのこ」や「床マット」を敷くと良いかもしれませんね。窓だけでなく、換気扇や床の対策を徹底することで、寒さ対策の効果がアップするでしょう。

まとめ

浴室の寒さの原因のほとんどが「窓」です。窓は直接外気と触れ合う部分なので、冷たい空気を取り込み浴室の熱が逃げてしまいやすくなります。浴室の寒さ対策としては、断熱材でフタをしたり梱包用緩衝材を貼り付ける方法が代表的です。少なからず、外気を遮断できますが、それでも浴室内が温まらないことがあります。そんなときは、窓を二重窓にしたり、浴室暖房機を設置したりなど、リフォーム工事を行うのも選択肢の1つです。ヒートショック防止のために、断熱効果を高める家庭が増えてきています。自分で必要な道具を準備してDIYをすることもできるため、一時的な断熱対策として実践してみてはいかがでしょうか。それから、リフォームについてじっくり考えるのも方法の1つです。