ユニットバスの上手な収納方法は? スッキリ片付くアイデアを伝授!

「ユニットバスがごちゃごちゃしているので片付けたいが、よいアイデアはないか」とお考えではありませんか? ユニットバスは狭いので、何かとものが散乱しがちで困りますよね。まずは、限りあるスペースを上手に活用してスッキリ収納したいことでしょう。それに、使いやすく収納するアイデアがあったら知りたいですよね。

そこで今回は、ユニットバスの収納について詳しく解説します。

  1. ユニットバスの収納でよくある困りごと
  2. ユニットバスの収納術を紹介!
  3. ユニットバスの収納に役立つアイテム
  4. ユニットバスの収納で注意するポイント
  5. ユニットバスの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、ユニットバスをスッキリ片付けるコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ユニットバスの収納でよくある困りごと

最初に、ユニットバスの収納でよくある困りごとを詳しく見ていきましょう。

1-1.収納が少ない

ユニットバスは、コンパクトな作りになっているため、収納が少ないのが特徴です。そのため、必要なものを収納したくても収納場所が全然足りないことも多く見られます。収納できなかったものは、洗面台の上や床に散乱してしまいがちです。すると、狭いユニットバスがますます狭くなってしまいます。

1-2.収納が使いにくい

収納が使いにくいのも、ユニットバスの困りごとです。ユニットバスに備えられている収納は、ごく最低限のものになります。また、設計の問題から、必ずしも使いやすい位置にあるとは限りません。たとえば、シャンプーやコンディショナーを収納する場所が浴槽の近くにないため、洗面台の上に置いている人もいます。

1-3.ものが多い

ユニットバスの収納でよくある困りごとに、ものが多いということも挙げられます。ユニットバスは、風呂・洗面所・トイレが一体化したものです。本来なら、それぞれの場所に必要なものを収納できるところを1か所にまとめているため、無理が出てしまいます。ユニットバスの収納では、必要なものだけを効率よく収納することが必要です。

2.ユニットバスの収納術を紹介!

ユニットバスのおすすめ収納術をご紹介しましょう。

2-1.トイレの壁の上部に簡易棚を設置する

トイレの壁の上部に、つっぱり棒2本と板を使って簡易棚を設置すると収納に利用できて便利です。タオルやトイレットペーパーなど、ごく軽いものを収納することができます。なお、掃除用具や洗剤などは重量オーバーになりやすいので、簡易棚に乗せるのはおすすめできません。

2-2.タオルホルダーにS字フックを組み合わせる

タオルホルダーにS字フックを組み合わせると、ものを引っかけて収納することができます。たとえば、体を洗うスポンジやブラシなど、ひも付きで軽めのものがおすすめです。ひもが付いていないものでも、きんちゃく袋などに入れてから引っかけることもできます。特に狭くて、床面が少ないユニットバスにおすすめの収納方法です。

2-3.洗面ボウルの下にラックを設置する

洗面ボウルの下にラックを設置すれば、シャンプーやリンスの買い置きなどを収納することができて便利です。ラックを購入する際は、洗面ボウルの下側から床の上までの距離と、空間の形状をよく見てからにしましょう。ステンレス製のものを選ぶと通気性がよく、ヌメり汚れやカビが繁殖しにくくておすすめです。

2-4.トイレタンクの上にカゴやラックを設置する

トイレタンクが平らな場合は、上にカゴを置くことで収納に活用できます。予備のトイレットペーパーやタオルを置くのにピッタリです。また、トイレタンクの上方に余裕があるときは、ラックを設置するとデッドスペースをうまく収納に活用できます。ラックを設置した場合は手が届きにくいことがあるので、簡単にものを出し入れできるよう収納方法を工夫してみるとよいでしょう、

3.ユニットバスの収納に役立つアイテム

ユニットバスの収納に役立つアイテムをいくつかご紹介します。

3-1.吸盤ラック

吸盤ラックは、吸盤で好きな場所にラックを設置することができます。小型のものから、大容量のものまであるので、収納したいものに応じて選ぶことが可能です。吸盤が付く場所なら、どこでも使用できるのもメリットでしょう。ただし、吸盤の吸引力が低下すると、落下しやすくなるので注意が必要です。

3-2.コーナーラック

コーナーラックは、ユニットバスのコーナーに設置でき、収納に役立ちます。中には、浴槽のコーナー部分に設置できるタイプもあるので調べてみるとよいでしょう。なお、床上に設置すれば、シャンプーやコンディショナーなど重さがあるものを収納しても落下の心配がありません。また、つっぱり式のコーナーラックも安定していておすすめです。

3-3.ドアハンガー

ドアハンガーも、ユニットバスの収納に大活躍します。ドアの上部に引っかけるようにして使えるので、簡単に設置可能です。ステンレス製のものを選べば、湿気が多いユニットバスでもサビや素材の劣化を気にすることなく使えて便利でしょう。ハンガーと組み合わせて、脱いだ洋服や着替えなどを一時的にかけておくのにもピッタリです。

3-4.トイレブラシホルダー

トイレブラシホルダーを使用すれば、トイレブラシを壁に収納できて床置きせずに済みます。狭いユニットバスでは、トイレブラシの置き場所にも困るものです。その点、便器の横の壁にトイレブラシホルダーを設置しておけば、掃除したいときにすぐ取り出すことができます。また、目に付く位置に設置することで、トイレ掃除をこまめにするようになって一石二鳥です。

4.ユニットバスの収納で注意するポイント

ユニットバスの収納で注意すべきポイントを詳しく見ていきましょう。

4-1.湿気や汚れがたまらないようにする

ユニットバスの収納では、湿気や汚れがたまらないように注意しましょう。ユニットバスは、一般的な浴室と比べて窓がないなど換気能力が低く、湿気がこもりがちなケースが多いからです。また、収納アイテムや設置方法によっては湿気だけでなく、汚れもたまりやすくなることがあります。ユニットバスを清潔に維持するためにも、こまめに換気と掃除をしてください。

4-2.収納する前に水分をよく拭く

ユニットバスの収納では、水分をよく拭いてから収納することを忘れないでください。ユニットバスで使用するものは、水分が多く付着しています。そのまま収納すると、ヌメり汚れやカビが繁殖して不衛生です。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープなど、特に水分が多く付着るものは、よく拭いてから収納するようにしましょう。

4-3.収納物の落下に気を付ける

収納物の落下にも十分に気を付けてください。後付けで収納を作った場合は、きちんと固定されていないことが理由で収納物が落下するケースが多く見られます。後付けで作った棚や吸盤式で設置した収納用具などは、必要以上に重たいものを乗せると落下して思わぬケガにつながることがあるので注意しましょう。落下事故を避けるためにも、重量があるものは、なるべくユニットバスの下側に収納することをおすすめします。

5.ユニットバスの収納に関するよくある質問

最後に、ユニットバスの収納に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ユニットバスの収納アイテムは100均のもので選んでよい?
A.構いません。ただし、品質とサイズをしっかりチェックしてください。品質が悪いものやサイズが合わないものは結局買い直すことになり、高く付くからです。

Q.賃貸物件のユニットバスで収納を後付けするときの注意点は?
A.以下の点に注意してください。

  • 壁に穴を開けない
  • 傷や跡が残らないようにする

賃貸物件のユニットバスには、吸盤ラック・つっぱり式のラック・床に置くタイプのラックがおすすめです。なお、材質もステンレス製やプラスチック製など、サビが発生しないものを選ぶとよいでしょう。

Q.ユニットバスを常にスッキリ片付けるコツは?
A.不用品をできるだけ減らすことです。特に、女性はヘアケア用品や化粧品をたくさん並べがちなので注意してください。最低限必要なものだけを残し、そのほかのものは処分するか、別の場所に移動させましょう。

Q.評判のよい収納方法でも使いづらいのですが?
A.ユニットバスの配置や広さ、使い方によっても適する収納方法が異なります。ほかの人に評判がよくても自分には合わないと感じたときは、アレンジして使いやすく修正してください。

Q.収納場所を増やしたら掃除しづらくなったのですが?
A.収納がうまくできるようになっても、掃除がしづらくなったのではいけません。まずは、なぜ掃除しづらくなったのかを考え、収納場所や収納方法を変更してみてください。

まとめ

今回は、ユニットバスの収納について詳しく解説しました。ユニットバスは風呂・洗面台・トイレがコンパクトにまとまっているため、収納に十分な余裕がないのがデメリットです。しかし、収納アイテムを活用したり収納方法を工夫したりすることで、スッキリと使いやすく片付けることができます。まずは、ユニットバスの不用品を処分し、必要なものだけを工夫しながら収納していきましょう。収納は、それぞれ使う場所の近くに行うことが鉄則です。また、実際に収納してみて使いにくいと感じた部分はどんどん改良し、ベストな方法を見つけていきましょう。