車のバッテリー処分にお悩みの人! 廃棄の方法教えます!

車のバッテリーの処分で困っている人のために、バッテリーの廃棄方法についてまとめました。車が正常に動くのは、バッテリーのおかげですよね。でも、寿命が来たものの処分で悩んでいる人も多いことでしょう。果たして燃えないごみで出していいものか、粗大ごみで出すべきなのか、それともほかの方法にするべきなのか、迷いますよね。しかし、記事を読むことでバッテリーの処分にかんする悩みはきれいに無くなるので読んでみてくださいね。

車のバッテリーも、使えないものをいつまでも持っていても仕方がありません。不用になった車のバッテリーは、速やかに処分をしてしまいましょう。記事を読んで処分方法を理解した人は、最適な方法で廃棄や処分をできるようになります。まずは、じっくり読んで必要なことを学んでくださいね。

1.車のバッテリーを捨てたい・廃棄したい・処分したい場合

まずは、バッテリーについての基礎知識や処分するタイミング・困りごとなどを確認しておきましょう。今抱えている悩みを解決するためにも、必要ですよ。

1-1.バッテリーとは

バッテリーとは、直訳すると電池という意味になります。機械が正常に動くためには、燃料やエネルギーが必要です。バッテリーは、機械を動かすために欠かすことができない役割を持っていると考えてください。なお、現在では充電式のバッテリーも続々と登場してきており、より環境にやさしいタイプが増えてきています。

1-2.バッテリーを処分するタイミング

車のバッテリーは、通常使用で約2年から5年で交換時期となります。車本体の寿命と比べると、短いのです。また、走行距離や車の使い方によっても寿命に影響します。長距離移動に使ったり寒冷地で車内暖房を使う頻度(ひんど)が高かったりする場合は、車のバッテリーも寿命が短くなると考えましょう。バッテリーが使えなくなると、困るのは皆さん自身です。点検をこまめに行って、車のバッテリー交換の時期が来たと判断したときには、速やかに交換してください。

1-3.バッテリーを処分するときの困りごと

バッテリーの処分は、自治体で受け付けていないことが多いです。サイズが小さくても、不燃ごみとして出すことができない自治体がほとんどとなります。また、粗大ごみ扱いにもなりません。そのため、自治体に回収依頼をすることはほぼ不可能だと考えましょう。

2.車のバッテリーのリサイクルについて

車のバッテリーは、リサイクルが可能です。リサイクルをすることで、資源を有効に使うことができるので考えてみてくださいね。

2-1.車のバッテリーのリサイクルについて

車のバッテリーについては、廃棄物処理法によって業者でリサイクルを行うことを要請しています。そのため、業者では、一般消費者から処分依頼のあったバッテリーを回収してリサイクルを行っているのです。バッテリーには、鉛を含んでいるため資源の有効活用という点でも、リサイクルが望ましいと言えます。

2-2.車のバッテリーを解体する危険性について

車のバッテリーは、自分で解体することはやめてください。バッテリーの中には、バッテリー液が入っています。バッテリー液は危険物ですから、解体するときに破裂して飛び散ると危険です。知識の無い素人が解体することは、自分だけでなく周囲の人への迷惑にもなりますから絶対にしないようにしましょう。

3.車のバッテリーの処分:買い替えの場合

車のバッテリー処分は、新しいものを買い替えるときに処分を依頼することができます。具体的な方法や料金について見ていきましょう。

3-1.販売店による下取りや引き取りを利用する

バッテリーの販売店による下取りや引き取りを利用することで、楽に処分できます。方法は簡単で、販売店に依頼するだけです。新たにバッテリーを買い替えるときは、販売店の下取りや引き取りサービスを利用すると無料で処分してもらえるのでお得になります。

3-2.カー用品店などによる下取りや引き取りを利用する

カー用品店でも、車のバッテリーの下取りや引き取りサービスを行っていることがあります。販売店と同様に、新品を購入したときに処分を依頼するだけで完了するので相談してみましょう。処分費用は、無料となります。

3-3.買い替えによる下取りや引き取りのメリットとデメリット

買い替えによる下取りや引き取りにも、メリットとデメリットがあります。それぞれについて確認してください。

3-3-1.買い替えによる下取りや引き取りのメリット

買い替えによる下取りや引き取りのメリットは、新品を購入するタイミングで処分できる点と無料で処分か可能な点です。バッテリーの寿命が来ると、すぐに買い替えることになります。そのため、買い替えと同時に下取りや引き取りが可能な場合は、不用品として保管する必要がありません。また、下取りサービスがある販売店やカー用品店なら新品を購入するときに実質として値引きとなります。新規購入を考えている人は、処分を相談してみましょう。

3-3-2.買い替えによる下取りや引き取りのデメリット

買い替えによる下取りや引き取りは、新品を購入するとき以外には利用できません。そのため、古いバッテリーだけを処分してもらうことは不可能になります。新品を購入する予定が無い人には、関係の無いサービスということです。また、販売店やカー用品店によっては指定メーカーのものだけを下取り・引き取り可能としていることもあるので気を付けましょう。

4.車のバッテリーの処分:DIY交換の場合

車のバッテリー処分で、DIY交換の場合について解説します。自分で新品のバッテリーを購入後に、交換するパターンですね。

4-1.カー用品店・ホームセンターなどで購入して交換する場合

カー用品店やホームセンターなどで、新品のバッテリーを購入後、DIYで車にバッテリーを装着する方法もあります。料金は、基本的にバッテリー代金だけとなるので安価に済むことが特徴です。車のバッテリーは、新品で数千円から数万円と幅があります。車に合ったものを選ぶことが大切です。

4-2.ネット通販で購入して交換する場合

今は、カー用品店やホームセンターの実店舗に出向かずに、ネット通販を通じてバッテリーを購入することも可能です。まずは、ネット通販で売っているバッテリーをいろいろと見てみましょう。ネット通販を利用する場合も、自分の車種に合うものをみつけて購入後、車にDIYにて取り付けることになります。ネット通販の場合は、バッテリー価格が実店舗より安いことも多いです。しかし、別途送料が必要になる点に注意してください。

4-3.自分で購入してDIY交換する場合の注意点について

自分で購入してDIY交換をする場合は、きちんと対応しないと事故につながるので注意してください。カー用品店やホームセンターでは、知識が豊富な店員に聞いて安全な交換方法を教えてもらうことをおすすめします。また、ネット通販で購入したバッテリーを交換するときも、自分の車に合うものかどうか確かめてから取り付けてください。車種と相性の悪いバッテリーに交換すると、寿命が短くなったり破損や故障の原因となったりします。

4-4.自分で購入してDIY交換するときのメリットとデメリット

さて、車のバッテリーをDIY交換するときにも、メリットとデメリットがあります。それぞれについては、以下をご覧ください。

4-4-1.車のバッテリーをDIY交換するときのメリット

車のバッテリーをDIY交換するときのメリットは、自分の都合のいいタイミングで実行できる点と言えます。また、愛車のメンテナンスをしながら交換することで、ほかの部分の不具合を発見することもできるでしょう。さらに、DIY交換ならバッテリー本体の代金だけで交換費用が収まることもメリットと言えます。

4-4-2.車のバッテリーをDIY交換するときのデメリット

車のバッテリーをDIY交換するときのデメリットは、第一に交換後のバッテリーを自分で処分する必要がある点だと言えます。バッテリー交換自体は安く上がっても、結局バッテリーの処分費用が必要になるため、トータルで考えると安上がりではありません。また、知識が無いままにバッテリー交換をすると危険です。安全に車を使用するためには、プロに交換依頼をした方が何かと安心と言えます。

5.車のバッテリーの処分:回収業者に頼む場合

車のバッテリー処分は、回収業者に依頼することもできます。回収業者への依頼は、メリットが多くありますので積極的に検討してください。

5-1.回収業者選びのポイントを確認しておこう

車のバッテリーを回収業者に依頼するときには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 車のバッテリー回収を取り扱っているか
  • 希望の日時・場所に回収に来てくれるか
  • 回収方法や注意点などの説明がわかりやすいか
  • 車のバッテリー以外の回収も受け付けているか
  • 回収料金が納得できる設定になっているか
  • 質問や受け答えなどに対する感じがいいか
  • 回収契約を無理やりしようとしていないか
  • 古物証許可や産業廃棄物収集運搬許可を受けているか

不用品の回収業者も、数多く存在します。中には、料金が高いだけでサービスが悪い業者もあるので注意してください。しかし、上記のポイントをクリアしている業者なら安心と言えます。

5-2.回収業者を利用するメリットについて

回収業者を利用するメリットは、多いです。主なものについては、以下をご覧ください。

  • バッテリーを処分するために運ばなくて済む
  • 好きな日時に回収しに来てくれる
  • バッテリーの処分を確実に行ってくれる

バッテリーの処分をするために、自分で持ち運ばなくて済むのはとても楽です。特に忙しい人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

5-3.業者の回収方法を理解しよう

不用になったバッテリーの回収方法については、基本的に依頼者から連絡があった後、業者による引き取りとなります。回収の流れについては、下記を確認してください。

  1. 依頼者が業者に車のバッテリー回収の相談をする
  2. 業者から見積もりが届く
  3. 見積もりの内容を見て納得した場合は契約する
  4. 指定日時・場所に業者が回収にやってくる
  5. バッテリーを回収して完了する

業者に相談後、すぐに契約をするわけではないので安心してください。まずは、料金の見積もりや回収日時の打ち合わせを行ってからになります。納得できない点があるときは、契約を保留してほかの業者も当たってみましょう。

5-4.回収業者に依頼するときの料金

不用になったバッテリーの処分費用は、回収業者によっても異なります。しかし、バッテリー単体での回収は、数千円程度となるケースが多いでしょう。バッテリーが複数個存在したり特殊な環境(マンションの高層階からの荷物出しなど)であったりする場合は、オプション料金が必要となるので覚えておきましょう。まずは、業者に見積もりを依頼してくださいね。

5-5.無料回収業者には注意しよう

最近、無料で不用品を回収することを宣伝しながら走っている業者が増えています。不用品を無料で回収してくれること自体はとてもありがたいものです。しかし、実際に依頼してみると無料なのは見積もり段階までで、回収自体は有料となるところもあります。さらに、本来回収を依頼していないものまで無理やり回収をしようとするなど悪質なところも多いです。古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を受けていない業者もいるので、油断しないようにしましょう。

6.車のバッテリー処分にかんするよくある質問

それでは、車のバッテリー処分にかんするよくある質問に回答します。実際に処分を考えたときにつまずきやすい点ですから、しっかり確認しておきましょう。

6-1.外国産の車のバッテリーでも処分してもらえますか?

国産でも外国産でも、車のバッテリーであれば処分は可能です。安心して処分を依頼してください。外国産の車であっても、リサイクルできるものは資源の有効活用ができます。また、廃棄処分となるものであっても鉛などを取り出した後、適切に処分することになるので安心してください。

6-2.バッテリーでリサイクルできるものとできないものの違いは?

車のバッテリーでも、大きく破損していたり液漏(も)れしたりしているものはリサイクルが不可能な場合があります。また、取り扱いに注意しないとケガをする原因になるので、処分するときは気を付けてください。特に、液漏(も)れしたバッテリー液が肌に付着するとヤケドのようになってしまいます。絶対に触れないでくださいね。大きく破損していたり液漏(も)れしていたりする状態のものは、業者に相談して対応方法を決めましょう。

6-3.十年ほど放置してあったバッテリーも処分できますか?

自宅の物置などに放置してあったバッテリーでも、処分を依頼することができます。ただし、外観を観察して破裂や亀裂が入っていないか確認してください。古いバッテリーは、放置中に発火するなどの危険が発生する恐れがあります。速やかに処分をして、安心しましょう。なお、観察をして危険な状態だと判断した場合は、自分で手を加えずに業者に相談してください。

6-4.不用になったバッテリーはどのように廃棄するのですか?

不用になったバッテリーは、業者で回収をした後で分解し、バッテリー液を中和して安全な状態にしてから素材ごとに分けてリサイクルします。バッテリーは、取り扱いを間違えると危険なものです。そのため、知識のある業者に処分を依頼しないと不法に廃棄されてしまう可能性があります。適切にリサイクルや廃棄をしてもらうためにも、信頼できる業者に処分を依頼しましょう。

6-5.車のバッテリーのほかにも処分したい不用品があるのですが?

車のバッテリー以外に不用品がある場合は、同時回収を依頼するといいでしょう。ただし、不用品回収業者に限ります。カー用品店や販売店では、同時回収依頼はできませんので注意してください。家の中や物置をチェックすると、不用品は意外とたくさんあるものです。いい機会だと考えて、一気に処分してしまいましょう。

まとめ

車を動かすために必要なバッテリーにも、寿命があります。また、故障をする可能性もあるため、車のバッテリー交換は時期が来たら速やかに行いましょう。使えなくなったバッテリーは、適切な方法で処分・廃棄をしてください。なお、自治体にごみとして出すことはできませんから、勝手にごみ回収場所に置くことはやめましょう。車のバッテリーには、貴重な資源が使ってあるものです。リサイクルできるものは、きちんとリサイクルをすることで環境保護や資源の有効活用につながります。いずれの方法がベストか、じっくり考えるためにも記事をじっくり読んで決めてくださいね。