ベッドと布団を比較!それぞれのメリットとデメリットを知っておこう

人間は、人生の3分の1を眠りに使っているとされています。快適な睡眠環境は、健康を維持するために必要です。
フローリング住宅が増え、ワンルームでも洋室だけというパターンがほとんど。多くの方が悩むのは、ワンルームという狭い環境の中でどのように睡眠環境を作るかという問題です。ベッドか布団か、どちらが使い勝手がいいのか、判断しにくいことでしょう。
今回は、ベッドと布団を比較しています。それぞれの持つメリット・デメリットを理解して、快適な環境を作り出してみてください。

1.ベッドと布団の基本的な使い方

ベッドを使い続けてきた方にとって、布団を使うことはとても新鮮に感じるものです。また、布団を使い続けた方は、ベッドを導入することに違和感を抱くこともあるでしょう。
まずは、それぞれの使い方を押さえておいてください。

1-1.ベッドはマットレスを使用

ベッドは、フレームと呼ばれる台を使います。フレームの上にマットレスを乗せて寝るのが基本的な使い方です。
マットレスも二重構造になっているものもあり、マットレス内部も商品によって特徴が異なります。マットレスにはボックスシーツをかぶせ、汚れを防いで使うものです。季節に合わせ、マイクロファイバー素材など暖かなパッドを敷いて使うこともあります。

1-2.敷き布団にマットレスをプラス

布団は、床に敷いて使うのが基本です。敷き布団だけでは床の硬さが伝わって寝心地が悪くなることもあり、敷き布団の下に三つ折りマットレスを添えて使うと体への負担も少なくなるでしょう。
使うときに取り出して敷き、目覚めたら収納するのが布団の使い方です。

2.ベッドのメリット・デメリット

布団派の方で、ベッドに切り替えることを検討するケースもあるでしょう。メリットとデメリットを知り、選ぶポイントにしてみてください。

2-1.埃(ほこり)避(よ)けに最適

ベッドは、20〜30cm程度の位置にフレーム上部が来ます。高さがあるため、埃(ほこり)避(よ)けに最適です。睡眠時は、空中に舞っていた埃(ほこり)が静かに落ちてきます。床面から20〜30cmの場所は最も埃(ほこり)が溜(た)まりやすい場所だとされているため、アレルギーなどが心配な方にとって安心な環境だといえるでしょう。

2-2.耐久性

マットレスは、定期的に上下と裏表を交換することで、使う場所の偏りを防ぐことができます。マットレスの寿命を延ばす秘訣(ひけつ)でもあるのです。
フレームがしっかりしたものは、マットレスを買い替えるだけで長期間使用することができます。

2-3.機能性も抜群

ベッドは、立体構造を利用して収納を作ることができます。引き出しなどが付いたベッドもあり、狭い部屋でも収納力をあげることが可能です。
ベッドは場所を取る反面、使い方しだいで機能性を高めることがメリットでしょう。

2-4.上げ下ろし不要

ベッドを使う最大のメリットは、日々の上げ下ろしが不要であることです。女性にとって、布団の上げ下ろしは重労働で、面倒だと感じる方も多くいます。
また、腰痛持ちにも優しいとされているのが特徴です。

2-5.メンテナンス

ベッドは気軽に干すことができないデメリットもありますが、定期的な手入れは行うようにしたいものですね。布団乾燥機などを使い、こもった湿気を飛ばすようにしましょう。
マットレスのすき間に入り込んだ埃(ほこり)やゴミも、掃除機でこまめに吸い取るようにしてください。フレームの下が掃除が行き届かないため、埃(ほこり)が多く溜(た)まってしまうため、注意が必要です。

2-6.場所を取る

ベッドはサイズが大きいため、設置スペースを多く取ります。狭いワンルームなどは、配置を工夫しなければ狭くなってしまうので注意しましょう。ベッド下収納などを上手に活用し、すっきりした環境に仕上げるようにしてみてください。
ベッドは、インテリアとしても見栄えがいいので、ベッドカバーなどでアクセントを付けると部屋の彩りにもなりますよ。

3.布団のメリット・デメリット

仕舞(しま)うことができる布団は、狭いワンルームでも広々と使うことができます。寝室としてスペースを維持することなく、部屋を多機能に使いたいと思っている方に最適です。

3-1.部屋を広く使える

朝晩、布団をきちんと上げ下ろしするなら、日中は広く部屋を使うことができます。視界に眠るスペースが見えると、どうしても邪魔で仕方ないと思う方もいるでしょう。
狭く限られたスペースを有効活用したいなら、布団を使うとすっきりした環境にできるはずです。

3-2.布団を仕舞う場所がいる

部屋を広く使えるメリットもありますが、布団を仕舞う場所も必要になってきます。また、布団の上げ下ろしはとても労力が要るため、階段で2階を往復するエネルギーに相当するといわれているのです。
収納スペースがない部屋なら、ベッドの方が引き出しなどで収納も増やせていいでしょう。

3-3.へたりやすい

マットレスは、コイル状のスプリングなどでしっかりした反発力がありますが、布団は綿などでできているため、ベッドよりへたりやすいデメリットがあります。布団がへたったら、打ち直しをして復元するようにしてください。
寝心地が悪くなったら、買い替えを検討する方もいます。

3-4.カビに注意

布団の上げ下ろしが面倒だと敷きっぱなしにしている方もいるでしょう。しかし、布団は湿気が逃げにくいため、敷きっぱなしにしているとカビが生えてしまうことがあります。定期的に天日干しして、湿気を逃がして殺菌するようにしてください。

3-5.ハウスダストを吸い込みやすい

高さがない布団は、舞い落ちた埃(ほこり)を吸い込みやすくなります。また、布団を上げ下ろしする際にも、埃(ほこり)が舞いやすいので、ハウスダストに弱い方は注意してください。

3-6.購入時に寝心地を確かめられない

布団は、売り場に陳列してあるものを見てから選びます。パッケージの記載内容や感触だけを頼りに購入するため、寝心地が確かめられず、自分に合うかどうかわからないデメリットもあるでしょう。
ベッドは展示販売されていることが多く、実際に寝心地を確認してから購入できます。

4.まとめ

ベッドと布団を比較してみました。

  • ベッドと布団の基本的な使い方
  • ベッドのメリット・デメリット
  • 布団のメリット・デメリット

ベッドは収納機能などの付加価値もあり、高さもあって埃(ほこり)避(よ)けにも最適です。マットレスのすき間にはゴミなどが入り込みやすいため、こまめに掃除機で吸い取るようにしてください。
上げ下ろしに苦労する布団ですが、仕舞(しま)うことで部屋を広々と使うことができます。布団はマットレスに比べへたりやすいため、寝心地が悪くなったら打ち直しや買い替えを検討するようにしましょう。