中庭があるマイホームが欲しい?メリットやデメリットを詳しく解説!

中庭のあるマイホームは、とてもすてきですね。
でも、実際に中庭を作ったときに、どのようなメリットとデメリットがあるかご存じでしょうか?
今回は、中庭のあるマイホームを建てたいと思っている人が知っておくべき知識をいろいろとご紹介していきますね。

この記事を読むと、中庭のメリットやデメリットを学べるだけでなく、満足度に高いマイホーム作りができますよ。

1.中庭がある家のメリットはこんなところ!

まずは、中庭を作ることでどんなメリットがあるのか、からご紹介していきますね。
数々のメリットを知るたびに、ますます中庭に憧れてしまうことでしょう。

1-1.太陽の光をたくさん室内に取り込める

中庭があると、その分太陽の光が多く室内に入り込みますから、とても明るいことが特徴です。
特に中庭に面した部屋は、長時間室内灯が必要ないぐらいでしょう。
さらに、その分、電気代も節約できる可能性もあります。
土地が狭い、もしくは南側に高い建物があって十分に日当たりを確保できない、などの場合は、中庭を作ることで解消できることでしょう。
また、四方が建物に囲まれた敷地にマイホームの建設を考えているのなら、中庭作りは自然光を多く取り入れるためにも、大変有効な手段となりますよ。

1-2.風が通るので家の通気性が良くなる

中庭を作ることで、家の中に風が通りやすくなりますから、空気がきれいで気持ちの良い室内環境を作ることができます。
夏場は、自然の風による涼しさを感じることができるでしょう。
その理由は、中庭の形状により、気流が上昇することで風がおきやすくなるからですね。
また、冬にありがちな結露・カビなどで悩まされる可能性も低くなりますよ。
通気性の良い家になりますから、お子さんを育てる環境としても、適しているでしょう。

1-3.狭い敷地でも有効活用できる

狭い敷地でも有効利用できる点も、大きなメリットです。
たとえば、敷地が狭いから庭を持つのは無理だろうと考えている方に、中庭は希望をもたらすでしょう。
特に都心部などでは、現実的に十分な広さの敷地で住宅を建てるのは至難の業です。
その点、敷地がある程度狭くても、建物内のスペースになる部分を中庭として設計すれば問題ありません。
庭のあるマイホームに憧れるのなら、狭い敷地だからとあきらめず、中庭のあるマイホームも検討すると良いでしょう。

2.中庭があることのデメリットは何?

中庭のあるマイホームはメリットがたくさんありますが、デメリットも当然あります。
ここでは、中庭があるマイホーム独特のデメリットをご紹介しましょう。
きちんとデメリットを理解することも、満足する中庭のあるマイホームを手に入れるためのステップですよ。

2-1.家の建築コストが高くなる

中庭のある家はとても魅力的ですが、単純な四角型や長方形型の家に比べると、建築コストが高く見積もられます。
主な理由は、中庭部分を作ることで家の壁面が多くなるからですね。
家の壁面が多くなることで、単純に材料費や工賃がかさみます。
また、窓を多く配置した設計の場合は、補強工事が必要になる場合もあるでしょう。
中庭を持ちたいのなら、家の建築予算は多めに見積もっておいた方が良いですね。

2-2.中庭を作ることで部屋が狭くなる

中庭を作れば、その分どうしても家の中の面積が減ってしまいます。
そのため、当然ながら部屋が狭くなってしまうのは否めません。
広いリビングが欲しいなどの希望があると、実現のためには中庭を作るかどうか自体が大きなポイントとなってくる場合もあるでしょう。
部屋の広さを取るか、中庭作りを取るか、しっかり考えて決定する必要があります。

2-3.断熱効果が下がることもある

中庭のある家は、夏場は涼しいのですが、それは逆に考えれば冬に寒くなりがちだとも言えるのです。
この点は、風通しが良くて通気性が高い家になるので、その分暖気も逃げやすくなる、と考えれば納得でしょう。
また、壁面が多くなる分、中庭に接した部屋はどうしても冷えがちになります。
壁面の断熱対策を強化する必要性が出る可能性を、十分考えておきましょう。

3.満足のいく中庭を作るためのコツ

満足のいく中庭を作るには、いくつかのコツがあります。
中庭のメリットとデメリットを学んだ次のステップとして、参考にしてくださいね。

3-1.中庭を希望する明確な理由を再確認する

中庭のあるマイホームは、とてもすてきです。
しかし、いま一度、中庭を希望する理由をハッキリさせておいた方が良いでしょう。
というのも、中庭に希望することによって、どの位置に作るべきか、実現可能か不可能かがある程度決まってくるからです。
たとえば、中庭で家庭菜園を楽しみたいのであれば、日当たりや風通しの良い土壌のある中庭を作ることになりますよね。
また、ときには家族でバーベキューなどを楽しみたい、となると相応の広さも確保したいものです。
具体的に中庭でやりたいことを思い描くことができれば、後日マイホームが完成したときの達成感にも、大きく差が出ることでしょう。

3-2.具体的にどんな形の中庭を作るか建築士と相談する

中庭を希望する理由を明確にしたら、実際にどんなタイプの中庭を作るか検討しましょう。
中庭のある家は、下記の4タイプに大きく分かれます。

  • ロの字型:家の中央に作るタイプ
  • コの字型:家の東西南北いずれかの壁面に沿った中央に作るタイプ
  • L字型:家の東西南北いずれかの隅作るタイプ
  • H字型:家の東西もしくは南北の壁面に沿った中央に2つ作るタイプ

実際にどんな形の中庭が良いかについては、敷地の状況や広さ、また家の建築条件などで変わってくるものですから、建築士に何度も相談するべきでしょう。

3-3.希望条件の実現が難しくても納得いくまで相談を

条件によっては、希望通りの中庭を実現するのが難しいケースもあります。
自らの希望をしっかり伝え、建築士に納得いくまで相談することが大切ですよ。
専門家の意見だから間違いないだろうと、そこであきらめるだけでは、後悔する原因となります。
では、もし希望条件の中庭の設計が難しい、と指摘された場合はどうすればいいかのでしょうか。
その場合は、建築士に妥協案をいくつか提示してもらって、ご家族で検討し直してください。
面倒がらずに、最終的にこれなら良い、と納得できる形になるまで相談を重ねて決定するようにしましょう。

4.まとめ

中庭のあるマイホームを持ちたいと願うなら、メリットやデメリットをしっかり把握した上で、検討に入りましょう。
まとめると、満足度の高い中庭作りのポイントは下記となります。

  • 中庭を作るメリットとデメリットを把握する
  • 満足のいく中庭にするためのコツを学ぶ
  • 最終的に納得するまで建築士と相談を重ねる

せっかくなのですから、ぜひとも後悔のないようにしっかり学び、すてきな中庭のあるマイホーム作りをしましょうね。