冷暖房に頼らなくても過ごしやすい! 今注目のパッシブハウスのメリットとは?

毎年盛夏や真冬になると光熱費の請求書を見てついため息をついてしまう、という方も多いでしょう。
また、特に夏は冷房による屋内と屋外の気温差によって体調を崩す方もすくなくありません。最近は光熱費がかからない「次世代型省エネ住宅」の建設を検討している方も増えてきていますが、それよりさらに厳しい基準で建てられた住宅、それがパッシブハウスなのです。

パッシブハウスっていったい何?

パッシブハウスとは1991年にドイツのパッシブハウス研究所によって定められた省エネ住宅のひな形です。
先進国では国ごとに省エネ住宅の基準があるのですが、パッシブハウスはどの国の基準よりも厳しい、と定評があります。
パッシブハウスはすでにドイツやオーストリアで広く普及し、今は気候の異なるアメリカや日本でも普及しつつあります。
四季がはっきりしていて、多湿の日本は冷涼で乾燥しているドイツの省エネ基準をそのまま当てはめることはできませんが、パッシブハウスの建設を請け負っている業者が日本の気候風土に合った改良を加えて建設をしているのです。

パッシブハウスのメリットとは?

 パッシブハウスは超高気密高断熱によって少ない冷暖房によって家の中の温度を書いて気にすることができます。
「超高気密、というと空気がこもりそう」という方もいらっしゃいますが、24時間熱と共に換気をするシステムを採用しているので、空気がこもる心配はありません。
また、次世代型省エネ住宅基準に比べて76%もエネルギーを削減できているという報告もあり、冷暖房費節約だけでなく住んでいるだけでエコ活動に協力をしていることになるのです。
さらに、長年日本の住宅の悩みの種であったカビや結露の発生も、24時間熱交換換気システムを採用しているパッシブハウスならば抑えることができるのです。

パッシブハウスを建てたいと思ったら?

パッシブハウスを建てたい、と思った方はパッシブハウスの建築を扱っている業者に相談をしてみるのが一番の早道でしょう。
インターネットで「パッシブハウス 建築」のキーワード検索をするとたくさんヒットします。パッシブハウスの基本はドイツのパッシブハウス研究所によって定められたひな形なのですが、それに加えて各業者が独自の改良点を打ち出しているのが日本のパッシブハウスの特徴です。
それぞれに特色がありますので、色々なメーカーを比較検討してみるとよいでしょう。
また、業者によってはモデルルームを自由に見学できるところもありますので、実際にパッシブハウスを見学してみるのもお勧めです。