エクステリアとしての目隠しのメリットや必要性とは?

最近は、オープン外構やセミオープン外構など、敷地の内と外をはっきりと区切らない外構も増えてきました。
しかし、開放的な外構でもフェンスなどを使った目隠しが必要になるケースは多いでしょう。
そこで、今回はエクステリアとしての目隠しをつけるメリットをご紹介します。
目隠しフェンスなどは、種類も豊富で選び方しだいではオシャレに仕上がるでしょう。
また、施工例もいくつかご紹介しますので、目隠しフェンスの設置を考えている方はぜひ参考にしてください。

1.エクステリアとしての目隠しとは?

まず始めに、目隠しをつける必要性やメリットをご紹介します。
塀やフェンスとどこが違うのでしょうか?

1-1.目隠しと塀の違いとは?

エクステリアの塀とは、敷地の中と外を分ける役割を持ちます。
ですから、設置場所によっては目隠しの効果が全くない場合もあるでしょう。
また、都市部の住宅街では1軒1軒の敷地が狭いため、塀を建てると圧迫感を覚えることもあります。
すきまの多いフェンスなどでも同じです。
目隠しは敷地外から見られたくない場所にだけ、ピンポイントに作ることもできます。
また、隣家との距離が近い場合はお互いのプライバシーを保つために目隠しをつける場合もあるでしょう。
つまり、狭い場所にも目隠しはつけられるのです。
さらに、塀は敷地を囲まなくてはいけませんが、目隠しならば敷地の一部分だけに作っても、違和感はありません。

1-2.目隠しのメリットと必要性とは?

目隠しを作れば、入浴や食事風景などよその人に見せたくない家の様子を隠せます。
カーテンやすりガラスの窓でも同じようなことができますが、カーテンや窓は何かのはずみで開くこともあるでしょう。
また、日光を通さないので場合によっては、いい天気なのに部屋の中はまっくらということになりかねません。
目隠しは、素材を工夫すれば日光や風を通しつつ人目だけを遮ることができるのです。
さらに、家の様子が外から見えると犯罪に巻き込まれる可能性も高くなります。
特に、若い女性の場合は「のぞき」や「下着泥棒」などの性的な被害にあう可能性もあるのです。
目隠しは家族のプライバシーとともに、安全も守ってくれるでしょう。
ですから、人通りがある道に面している家ほど目隠しは必要です。

1-3.デザインしだいでオシャレなエクステリアになる

目隠しの素材や色、形は豊富です。
ですから、デザインしだいではオシャレなエクステリアになるでしょう。
また、塀でぐるりと敷地を囲むより開放感があります。
さらに、目隠しを利用してガーデニングを楽しむ人もいるのです。
興味がある方は「目隠し エクステリア」でインターネットを検索してみましょう。
また、目隠しは自由に高さも替えられます。
ですから、使い方によっては遊び心のあるエクステリアにもなるでしょう。

2.目隠しの素材や施工例とは?

では、目隠しはどのような場所に設置されることが多いのでしょうか?
この項では、目隠しの施工例や目隠しの素材をご紹介します。
場所によって素材を替えることで、圧迫感を覚えずに生活できるのです。

2-1.浴室やリビングの窓の前

入浴中の姿や、くつろいでいる姿は人に見られたくないものです。
ですから、浴室やリビングの窓の前に目隠しをつけることはよくあります。
樹脂製で明るい色のフェンスを使えば、圧迫感も少ないでしょう。
また、目隠しは高さを変えられますから、窓の一部だけを隠すようにも作れます。

2-2.庭

庭で遊んだり、くつろいだりしている姿を見られたくないという方は意外と多いのです。
また、オープン外構の場合は目隠しをつければ、知らない人が勝手に敷地内に入ってくることも少なくなるでしょう。
庭に取りつける目隠しは、天然木やアルミなどがお勧めです。
特に天然木は高級感が出るので、外構が豪華に見えます。
また、ラティスフェンスと呼ばれる細かい格子状のフェンスを作れば、そこに植木鉢をかけたり植物を絡ませたりすることも可能です。

2-3.隣家の方に向いている窓

隣家との距離が近い場合、隣家の方に向いている窓に小さい目隠しをつければ、お互いに気持ちよく生活できます。
アルミ製やポリカーボネート素材の目隠しを使えば軽くて圧迫感も少ないでしょう。
また、明るい色合いのものを使えば採光も問題ない場合が多いです。

2-4.塀のつぎ足し

「塀を作ったのだけれど、低すぎて目隠しの役に立たない」ということは、案外多いのです。
そこで、目隠しフェンスを塀の上に建てることで、お手軽に高さを増すことができます。
塀を作り替えるよりずっと安価にできるでしょう。
塀とよく似た色合いを選べば「つぎ足しました」というふうにはなりにくいです。
このような場合は、アルミ製のものを選ぶとよいでしょう。
軽いので塀の負担にもなりません。

3.施行を依頼する際の注意点

では、最後に目隠しを作るために施工を依頼する際の注意点をご紹介します。
いったいどのような点に、気をつければよいのでしょうか?

3-1.地盤を確認しておく

目隠しの重さは素材によって異なります。
しかし、木製や樹脂製の目隠しはそれなりの重量になるでしょう。
ですから、目隠しを設置する際は地盤の様子を確かめておいてください。
あまり軟弱な地盤だと、目隠しが設置できません。
弱い地盤に目隠しを作る場合は、土台を工夫する必要があります。

3-2.目隠しの施工が得意な会社を選ぶ

エクステリアの種類は膨大です。家の外側に関するものすべて、と思ってもかまいません。
ですから、施工会社によって得意な工事と不得意な工事があるのです。
今はホームページを開設している業者も多いですので、施工例などを見て目隠しの設置工事が得意な業者を選びましょう。
目隠しの設置工事をたくさん行っている業者は、取り扱っている目隠しの種類も豊富です。

3-3.近隣にしっかりとあいさつにいく

目隠しを設置する工事は、敷地の境界線上で行う場合が多いです。
ですから、近隣の住民にとっては、自宅のすぐそばを見知らぬ人がうろうろしている状態でしょう。
工事が決まったら、しっかりとあいさつにいってください。
施工業者とふたりでいくのが理想です。
あいさつがてら工事の種類と期間を伝えられたら完璧でしょう。
家の敷地内なのだからとあいさつもせずに工事を始めると、後でご近所トラブルに発展するかもしれません。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回はエクステリアとしての目隠しについて、いろいろとご紹介しました。
まとめると

  • 目隠しは塀と違って、必要な場所だけに立てられる
  • 目隠しをつけることで、プライバシーをたもてたり犯罪を防止したりできる
  • 隣家との距離が近い場合は、お互いの家に向かっている窓に目隠しをつけよう
  • 目隠しの素材は種類豊富なので、それぞれの素材に合った場所をみつけよう
  • 目隠しの設置工事が得意な業者に依頼しよう

ということです。
目隠しは、木製やアルミ製、樹脂製のほかに竹製やプラスチック製のものもあります。
窓につける場合は軽いものを選ぶとよいでしょう。
また、ラティスフェンスに植物を絡める場合は、種類や特性をよく調べてからにしてください。
つる植物で人気なのは「つるばら」ですが、鋭いとげがあります。
また、ひんぱんに世話をしないととんでもない方向に伸びていくでしょう。
さらに、塀にフェンスをつぎ足す場合は周りの家の様子もよく確かめてからにしてください。
1軒だけ極端に塀が高い家があると悪目立ちします。