分譲住宅を購入するメリットとは? 知っておきたい4つのポイント

一戸建てを建てる際にはいろいろな方法があります。
そのひとつが分譲住宅。
では、分譲住宅を購入するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
そこで今回は、分譲住宅の選び方や新築分譲住宅を購入する方法をご紹介します。
分譲住宅と注文住宅との違いはどのようなものでしょうか?

一戸建てを建てたいけれど、分譲住宅と注文住宅のどちらにしようか迷っているという方や、分譲住宅のメリットを知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

1.分譲住宅とは?

この項では、分譲住宅の特徴やメリットをご紹介します。

注文住宅と比べてどのような点が優れているのでしょうか?

1-1.分譲住宅とはどのようなもの?

分譲住宅とは、住宅メーカーがある程度まとまった土地を買取り、そこに住宅を作り販売する形式のことです。
町中から少し離れた場所に「〇〇ニュータウン」という名前で一斉に家が建つことがありますね。
これが分譲住宅です。
このほかにも、町中の大きな工場や公共の施設が移転した後に分譲住宅ができることもあります。
一昔前の分譲住宅は同じ規格の家がずらりと並んでいることが多かったのですが、今は内装や外観に変化をつけています。
購入希望者は土地と建物をセットで購入することになります。

同じ分譲住宅内でも、立地条件や広さの違いで100万円程度の差があることが一般的です。

1-2.分譲住宅のメリットとは?

分譲住宅は、一定の広さの土地を一気に開発して売りに出します。
ですから、町中よりもやや離れた場所か、山などを切り開いた新たな場所に作られることが多いでしょう。
大規模な分譲住宅ならば、学校やスーパー・病院などが一緒に作られることもあります。
また、家を建てる際にたくさんの材料を一度に仕入れて家を建てますから、コストを抑えられ、同じ広さと質の注文住宅を作るよりも建築費用が安くなります。
すでにでき上がった住宅を購入するわけですから、現物を見てから購入ができます。
日当たりや収納などを確認できるので入居してから「こんなはずではなかった」と後悔することもないでしょう。
分譲住宅は土地ごと家を購入するシステムですから、注文住宅のように家と土地を別々に買うよりも安く済むことが多いです。

2.分譲住宅のデメリットは?

これまで、分譲住宅の特徴・メリットをご紹介しましたが、デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

2-1.自分で間取りを決めることができない

分譲住宅では、最初から間取りが決まっているため、自分で間取りを決めることはできません。
しかし、最近では複数の間取りパターンの住宅が用意されていることも多く、家族の暮らしに合わせた間取りの選択が可能な場合もあります。

2-2.内装や外装のデザインが選べない

分譲住宅では内装や外装のデザインを自分で決めることはできません。
特に外観は一緒に建てられる住宅と統一されていることがほとんどです。
しかし、プロがこだわりを持ってデザインした内装・外装の住宅に住むことができるため、自分でデザインをする自信がない方にとってはメリットとも言えます。

分譲住宅には、以上のようなデメリットがあげられます。
こうしたデメリットは、事前に住宅を見学をし、納得した上で購入するのであれば問題となることはありません。
気になる点がある場合は契約前にしっかりと確認するようにしましょう。

3.分譲住宅を購入する場合に注意することは?

では、分譲住宅を購入する際にはどんな所に注意をすればよいのでしょうか?

3-1.周辺の環境をよく見ておく

家を買う時は、家そのものは良く見えても周囲の環境まで目が行かない場合も多いです。
しかし、実際に住宅を購入するならば、周辺の環境は大切です。

特に子供がいる場合は近くに学校や公園、病院がなければ不便を感じることが多いでしょう。

また、駅から遠い場合はバスの便の本数を調べておくとよいですね。

3-2.夜と昼、両方の様子を見る

分譲住宅はどちらかと言えば郊外に建てられることが多いです。
ですから、昼間はのどかな風景が広がっているように見えても、夜になったら真っ暗闇で怖くて歩けないという場合もあります。
購入を考えている場合は昼だけでなく夜の姿も見ておきましょう。

3-3.アフターサービスの条件を調べておく

分譲住宅は実際に建物の実物を見て購入できることが大きなメリットですが、素人がいくら目を凝らしてみても限界があります。
ですから住んでみてから不具合が見つかった場合どのようなアフターサービスがあるのか、販売会社に尋ねてみましょう。

具体的な条件が提示されれば、安心して購入できますね。

4.大規模分譲住宅地を購入するときはより注意を払おう

一時期よりは少なくなりましたが、今でも大規模な宅地開発をして何十件もの分譲住宅を売るケースがあります。
このような大規模分譲住宅は新駅開発とともに行われたり、学校なども誘致されるケースがあるでしょう。
つまり、新しい街ができるようなものです。
うまくいけば駅から徒歩圏内に一戸建てを構えられるかもしれません。
しかし、このような大規模分譲住宅というのは、人が集まることを前提に開発が進められています。
ですから、分譲してみたら思ったより住宅が売れなかったという場合は、そこで開発がストップしてしまう可能性もあります。
実際に1990年代前半には、新駅を開発する前提で、郊外にたくさんの大規模分譲住宅が作られました。
ところが、中には人が集まらないために開発がストップし、家を買ってしまった住人達が交通の便が悪い場所で不自由な生活をしているというケースもあります。
ですから、分譲住宅地を選ぶ際は、あまり郊外であったり、これから開発予定という場所は注意が必要です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は分譲住宅の特徴や、メリットをご紹介しました。
まとめると

  • 分譲住宅とは、ある程度の広さの土地を一気に宅地化して住宅を建てて販売する形式
  • 注文住宅に比べて安価
・価格が決まっているので予算が立てやすい
  • 実際に建物を見て注文できるので安心感がある

ということです。
分譲住宅は注文住宅のように土地を整備したり、建築家や施工業者と何度も打ち合わせをする必要もありません。
どちらかと言えばマンションを買う感覚に近いかもしれませんね。
また、最近はある程度購入者の自由に間取りを決められる分譲住宅というのも登場してきました。
これならば、自分の好みの住宅をお得な価格で手に入れられるでしょう。