パソコンの液晶割れの原因は? 対処法や修理方法などについて解説

パソコンの液晶が割れたとき、何とか対処したいけれど方法が分からず、結局そのまま放置していませんか? 液晶が割れた後は、できるだけ早めに対処するのが大切です。そのまま放置することで、さらにパソコンが使いづらくなってしまいます。また、この機会に買い替える際はデータの流出を防ぐため、古いパソコンのデータを必ず消去してから処分しなければなりません。

本記事では、パソコンの液晶割れなどについて詳しく説明します。

  1. パソコンの液晶が割れる原因は?
  2. 液晶割れが起きたときの注意点
  3. パソコンの液晶が割れたときにやるべきこと
  4. 修理か買い替えかの判断基準と修理方法
  5. パソコンの液晶割れに関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンの液晶が割れる原因と正しい対処法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.パソコンの液晶が割れる原因は?

最初に、パソコンの液晶が割れる原因を一緒にチェックしておきましょう。

1-1.原因で多いのは衝撃による破損

液晶割れの原因で1番多いのは、衝撃による破損です。たとえば、ノートパソコンを持ち歩いているときに誤って落としたり、テーブルの角にぶつけたりすることがあります。一般的に、多くのパソコンは多少の衝撃で壊れないように設計されていますが、落下やぶつけるなど衝撃が大きいと液晶が割れてしまうのです。さらに、近年は軽量化が進み、ノートパソコンの液晶が小さく薄型になったことで強度が弱くなっています。中には、開閉の衝撃でヒビが入るケースもあるのです。

1-2.圧力による破損

荷物がたくさん入ったバッグにパソコンを入れると、その圧力で液晶が割れてしまうことがあります。満員電車で押しつぶされているような状態です。ぶつけたり落としたりしていないのに液晶が割れたときは、こうした圧力が原因かもしれません。特に、タッチパネル形式のノートパソコンは、ペンや指の圧力でも液晶が割れてしまう恐れがあります。どこかで圧迫を受け、作業中に破損するケースもあるでしょう。

1-3.パソコンを雑に扱っていた

パソコンの液晶はとても繊細で、ささいな圧力や衝撃でも割れてしまう恐れがあります。液晶割れの原因には、パソコンを雑に扱っていたというケースもあるのです。たとえば、強い力で開閉したり、ノートパソコンの上に重いものを置いたりするなど、雑に扱うことで液晶が割れてしまいます。そのときは問題なく使えていたとしても、負担が重なると急に割れることもあるので扱いには十分に気をつけてください。

2.液晶割れが起きたときの注意点

液晶が割れたときに、ぜひ注意してほしいことがいくつかあるので紹介します。

2-1.ディスクのアクセス中は強制終了しない

液晶が割れると表示されなくなり、画面が見えなくなってしまうことがあります。その際に、シャットダウンの操作ができないからと本体ボタンで強制終了をするのはNGです。パソコンのデータを保存するハードディスクは、とてもデリケートな構造になっているため、強制終了をすると機器への破損につながります。ディスクのアクセス中は絶対に強制終了をしない・電源を切らないようにしてください。

2-2.そのまま放置しない

通常使用に影響しない程度の液晶割れの場合、そのまま放置する方が多いでしょう。しかし、液晶割れをそのまま放置すると、液晶割れによって破片が飛び散り、手にケガをする恐れがあります。また、ヒビ割れの部分からホコリや汚れが入り込み、パソコンの故障につながる恐れもあるでしょう。放置せず、早めに修理に出すことをおすすめします。パソコンは精密機器なので、小さなヒビでも早急な対応が必要です。

2-3.データを流出させない

液晶漏れでパソコンを買い換える際は、データ流出を防止しなければなりません。古いパソコンのデータは必ず消去してください。パソコンの中には個人情報がたくさん含まれています。仕事で使用するパソコンの場合、プロジェクトの内容や顧客情報・取引相手の情報まで入っているので、これらを流出させないように注意しなければなりません。

3.パソコンの液晶が割れたときにやるべきこと

では、パソコンの液晶が割れたときは、どのように対処すればいいのでしょうか。

3-1.外部ディスプレイに接続する

1番の対処法は、外部ディスプレイに接続することです。液晶が割れてもハードディスクが無事なら、外部ディスプレイに映し出すことができます。外部ディスプレイとなるのは、テレビまたはデスクトップのディスプレイなどです。外部ディスプレイに接続し別画面に表示させてください。そして、パソコンデータのバックアップを取りましょう。また、外部ディスプレイにつなぐことで、正しい方法でシャットダウンできるはずです。ただし、外部ディスプレイの出力方法はメーカーによって異なるため、手元にある取扱説明書で確認してください。取扱説明書がない場合は、メーカーのお客様サポートセンターなどに問い合わせて確認しましょう。

3-2.重要なデータをバックアップする

液晶が割れたときにすぐ行ってほしいのが、データのバックアップです。前述したように、外部ディスプレイに接続しデータのバックアップを取ってください。液晶が割れたからといってもすぐにデータが壊れるわけではありませんが、液漏れが生じる可能性があります。液漏れの液には水銀など危険な物質が含まれているため、絶対に触らないようにしてください。特に、ノートパソコンの場合は、ハードディスクやマザーボードに液漏れが伸びていき、ショートしてデータを完全に失う危険性があります。万が一のときのためにも、データのバックアップは必要です。

3-3.内臓ハードディスクを取り出す

液晶割れが起きた場合、データのみ救出するのも大切なポイントです。外部ディスプレイに接続して画面を表示させたときにデータを救出するほか、内蔵されているハードディスクを取り出す方法があります。ただ、内臓されているハードディスクを取り出す場合、ネジを開けるための道具が必要になるため、時間と手間がかかるのがデメリットです。それでもハードディスクを取り出したい方は、取扱説明書を一読してから取り組んでください。古い機種または液晶ディスプレイの在庫状況などにより交換・修理費用などコストが高くなる場合は、データのみを取り出すことになるでしょう。

3-4.買い替えを検討する

液晶割れを起こしたパソコンを外部ディスプレイと接続しても画面が表示されない場合があります。その際は、パソコン本体が故障している可能性が高いため、買い替えを検討したほうがいいでしょう。修理か買い替えか悩みがちですが、どちらにするか悩んだ場合の判断基準を次の項目で説明します。

4.修理か買い替えかの判断基準と修理方法

液晶割れが生じた場合、修理か買い替えかで迷う方が多いでしょう。ここでは、その判断基準と修理方法について解説します。

4-1.5年以上使用しているパソコンは買い替える

種類やメーカーによってパソコンの平均寿命は異なりますが、だいたい約5年と言われています。そのため、5年以上使用しているパソコンは買い替え時と言ってもいいでしょう。液晶割れの修理をしても、5年以上使用しているパソコンは別の部分が故障する可能性があります。長い目で計算して、最善の選択をしてください。

4-2.こんな症状が出たら新しいパソコンを買うべき

使用年数だけでなく、以下のような症状が出たら新しいパソコンを買うべきです。

  • パソコンの調子が悪い
  • 電源を入れてもすぐにショートする
  • 画面の明るさが調節できない
  • 異音がする
  • すぐに熱を持つ

上記の中でも、すぐに熱を持つケースは要注意です。パソコンを使用するたびに熱暴走が起きている証拠なので、急な故障でデータを失うことになりかねません。これらの症状を踏まえつつ、パソコンで今していること以外にもやりたいことがあれば、新機能がついたパソコンを購入するといいでしょう。

4-3.メーカーまたはパソコン修理対応店舗に依頼する

パソコンの液晶が割れたときは、メーカーまたはパソコンの修理を行っている店舗に依頼することになります。保証対象期間内であれば無償ですが、保証期間を過ぎていると有償になるので注意してください。液晶割れの状況にもよりますが、修理は1万円〜になります。メーカーまたは店舗に無料見積もりを依頼してから、修理をお願いすることが大切です。修理費用によっては、新しいパソコンを購入したほうがお得になることもあります。

4-4.不要になったパソコンの処分方法

買い替えで要らなくなったパソコンは、メーカーによる回収・リサイクルが一般的です。パソコンの処分方法はPCリサイクル法に基づいているため、自治体回収による処分ができません。メーカーに依頼するか、パソコン3R推進協会に回収を依頼することになります。ただ、処分する際は、自分でデータを消去しなければなりません。データを消去し忘れると、情報が流出したり悪用されたりする危険があるので注意してください。

5.パソコンの液晶割れに関してよくある質問

パソコンの液晶割れに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.液漏れの対処法は?
A.液漏れをしたら、すぐに専門業者またはメーカーに問い合わせてください。多くの場合は、液晶パネルの交換となります。費用はだいたい3万~6万円ですが、業者やメーカーによって差があるので事前の確認が必要です。液漏れをしている範囲が狭く作業に影響が出ていない状態だとしても、早めに修理に出すことをおすすめします。また、パソコンの画面をタオルなどで拭くと手に液がついてしまう恐れがあるため、絶対に自分で対処しないようにしてください。

Q.液晶割れを自分で直すことはできるのか?
A.基本的に、液晶割れを自分で直すことはできません。パソコンの液晶は繊細で、とても精密な作りをしています。どのような素材を使用しているのかも分からないので、むやみに扱ったり、修理しようとしたりするのはNGです。節約のために自分で何とかしようと思う方がいますが、それが逆効果となり、さらにパソコンが壊れる原因になってしまいます。

Q.外部モニターに出力する方法は?
A.パソコンのメーカーや種類によって異なりますが、一般的な手順は以下のとおりです。

  1. テレビまたは外部モニターのそばにパソコンを持って行く
  2. HDMIケーブルをパソコンの側面もしくは後部の接続口に差し込む
  3. もう片方のHDMIケーブルをテレビもしくは外部モニター側に接続する
  4. リモコンなどを使って入力切替をする
  5. パソコンのキーボードを使い、出力先を液晶から外部モニターへ切り替える

具体的な方法に関しては取扱説明書を読むか、メーカーのサポートセンターに問い合わせて確認することをおすすめします。

Q.液晶割れを防止する方法は?
A.液晶割れの原因は物理的なことが多いため、衝撃や圧力を防ぐことが1番大切です。衝撃を防ぐ方法としては、ノートパソコンの開閉を強い力で行わない・閉じる際は間にものが挟まっていないか確かめるなどがあります。もちろん、ノートパソコンの上に重いものを置くのもNGです。圧力を防ぐ方法としては、ハードカバーを活用する方法があります。また、パソコンバッグなどに入れて圧力を抑えるのも防止策の1つです。

Q.気をつけたほうがいい業者の特徴は?
A.修理を業者に依頼する際、高額な費用を請求してくる悪徳業者が存在しています。悪徳業者はきちんとパソコンの状態を調べずに、見積書の内容が大ざっぱで、スタッフの対応も悪い傾向があるのです。悪徳業者に引っかからないようにするためには、複数の業者に見積もりを依頼してください。複数の業者を比較すれば、悪徳業者と優良業者を見極めることができるでしょう。

まとめ

パソコンの液晶が割れる原因の多くは、雑な扱い方による衝撃です。特に、持ち運ぶことが多いノートパソコンは、落とせばその衝撃で液晶が割れてしまうことがよくあります。日ごろの扱い方に気をつけながらも、液晶が割れたときは早めに修理に出してください。外部ディスプレイで代用する方法もありますが、荷物が増えてしまうので修理に出したほうが手っ取り早いでしょう。パソコンの使用年数によっては、この機会に買い替えも検討できます。