粗大ゴミ処分、依頼するならどっち?! ~行政と業者による違い~

引っ越しや模様替えによって大量に出てくる粗大ゴミ。粗大ゴミを行政サービスで処分する場合は一般ゴミと違い手続きが必要です。また、処分するにも日にちが決まっていたり搬出する手間があったりと面倒なことばかり。こんなとき、不用品回収業者に依頼しようと考えると思いますが何が違うかご存じでしょうか? この記事では、粗大ゴミを処分するときの行政と業者の違いを比較してみました。

1.粗大ゴミとは?

1-1.粗大ゴミの定義

自治体によって定義は異なりますが、多くの地域では大きさが30センチを超えるゴミとされています。簡単に言いますと通常のゴミ袋に入らないようなゴミです。

  • 石油器具
  • 家具
  • 寝具
  • 自転車
  • スポーツ用品

以上のようなものが粗大ゴミとなります。しかし、家電製品は家電リサイクル法に当たるものがありますので粗大ゴミとして出すことができません。

1-2.粗大ゴミとして捨てられないものもある

家電以外にも粗大ゴミとして出すことが難しいものがあります。自動車用品やオートバイ・ピアノ・耐火用金庫・消火器・コンクリートブロックなど処理が難しいものは粗大ゴミとして引き取ってもらえないことがあるので注意しましょう。

2.粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミを処分する方法にはさまざまなものがあります。ここでは、粗大ゴミの処分方法をご紹介しましょう。

2-1.自治体に回収してもらう

自治体に決められた方法で粗大ゴミを処分してもらいます。日にちや処分方法は細かく決められていますが費用は安く済むのが特徴です。

2-2.不用品回収業者に依頼する

粗大ゴミを不用品回収業者に処分してもらう方法。費用は掛かりますが、基本的にどんな粗大ゴミでも回収してもらうことができます。また、サービスが充実しているのもうれしいポイントです。

2-3.リサイクルショップに引き取ってもらう

粗大ゴミと思っているものでも、ほかの人にとってはまだ使えるものである可能性があります。まだまだ使えそうなものは、リサイクルショップへ買い取りを申し込んでみましょう。リサイクルショップで買い取ってもらうことができれば処分するだけでなくお金に変えることができるのでおすすめです。

2-4.各専門店にて処分してもらう

コンクリート・ピアノなど専門性の高い粗大ゴミは各専門店が処分サービスを行っています。
自分が処分しようとしているものが専門性の高いものである場合は、粗大ゴミとして出す前に各専門店に問い合わせてみましょう。

3.行政による回収サービス

行政によって粗大ゴミの回収サービスも行われています。しかし、回収業者のサービスと比べて何が違うのでしょうか。この項目では行政によるサービスをご紹介します。

3-1.行政が回収してくれるもの

行政が回収できる粗大ゴミの幅は多くありません。各自治体によって回収できるものにも差があるため必ず確認をとってから捨てましょう。

  • タンス
  • 衣装ケース
  • 机・イス
  • ステレオ
  • 家電製品(家電リサイクル法のものを除く)
  • モニター
  • チェスト

以上のものは基本的に粗大ゴミとして回収されています。例で挙げたもの以外は基本的に回収が難しいと考えましょう。

3-2.確実に回収する

行政サービスによる粗大ゴミ回収は、日にちと方法さえ守れば確実に粗大ゴミを回収してもらうことができます。しかし、決まった曜日でないと回収してもらうことはできません。また、回収エリアによって回収時間が前後するため時間指定をすることもできないのが現状です。

3-3.回収のための費用

粗大ゴミを出すためには事前に有料粗大ゴミの回収券を購入する必要があります。この費用は一般的な回収業者に比べると抑えられていることが多いです。しかし、粗大ゴミを部屋まで回収しに来ることはありません。どれだけ大きいものでも自分で指定された回収エリアへと運ぶ必要があります。

4.業者による回収サービス

行政によるサービスに比べて、民間の粗大ゴミなどを回収している業者はどういったサービスを展開しているのでしょうか。この項目でチェックです。

4-1.基本的にどんなものでも回収してくれる

不用品回収業者では行政サービスと違い基本的にはどんなものでも回収してくれます。業者によって取り扱うことができるものは違いますが家電リサイクル法での処分が決まっている家電・スポーツ用品・家具・ピアノと回収できる幅の広さが特徴です。しかし、不用品回収業者でも有害性のあるもの・引火性のもの・危険なもの・環境に悪影響なものは回収することができません。また、産業廃棄物に関しても処分できない業者がありますので確認しておきましょう。

4-2.日にちに融通が利く

不用品回収業者は行政サービスと違い電話やホームページからの問い合わせに素早く対応してくれます。電話であれば即日対応してくれる場所もあるほどです。また、依頼者の都合に合わせてくれるのもポイント。さらに、重たいものや運ぶのが困難な場合は業者が自分の代わりに運び出してくれます。

4-3.前もって料金を用意する必要がない

行政サービスであれば事前にお金を払っておかなければいけません。しかし、不用品回収業者であれば作業が終わった後に支払うことができます。見積もりに関してもしっかり行ってもらうことができるので予算が立てやすいのもポイントです。しかし、費用に関しては行政サービスよりは掛かるものだと思っておきましょう。

5.行政と回収業者、どっちがお得?

行政と業者による粗大ゴミ回収サービスを比較してみると料金的には行政サービスのほうが費用を安く抑えることができます。しかし、粗大ゴミの搬出サービスがなかったり、日にちが選べなかったりと不便な点が多いのも事実です。また、回収できるものに制限が多いのも難点。
不用品回収業者であれば行政サービスが抱える難点を解消することができます。しかし、料金は行政よりは掛かってしまうものと思いましょう。時間と持ち運ぶ手段があるときは行政、時間に余裕がなくて大量に処分するものがあるときは業者を選ぶなど状況に合わせて使い分けるのがポイントです。

6.業者に依頼するメリット

行政サービスに比べると現代人の需要に合っている不用品回収業者のサービス。この項目では、具体的な回収業者のサービスをまとめてみました。

6-1.大量にあっても業者が運び出してくれる

大量の不用品や粗大ゴミがある場合でも回収業者であれば一度に引き取ってもらうことができます。また、自分が運び出さなくても回収業者がすべて運び出してくれるのです。ひとりで大型家具などを運ぶのは非常に危険。事故が起きる前に業者へ依頼することをおすすめします。

また、家電リサイクル法などで定められている家電製品でも業者が引き取り自分たちの代わりに処分手続きをしてもらうことができるのです。

6-2.料金プランが充実している

最近では回収事業の需要に合わせてわかりやすい料金プランを設定している場所が多いです。回収できる品目の単品料金を提示している業者があれば一定量まで定額で回収するサービスもあります。

6-3.業者によっては買い取ってもらうことができる

回収業者では不用品回収だけではなく買い取りサービスを行ってくれるのです。自分ではお金にならないと思っていた不用品をお金に変えることができるのは大きなメリット。回収業者によって買い取りサービス・買い取り対象商品は違いますのでホームページなどで確認しましょう。

7.まとめ

いかがでしたか? この記事では粗大ゴミを処分するときの行政と回収業者の違いをまとめてみました。

  • 行政サービスは確実に回収するが回収品目・日にち・サービスに難点が多い。
  • 回収業者はサービスが充実していて不用品処分に打ってつけだが費用が掛かる。
  • ものが大量にあって処分するものが重ければ回収業者に依頼するのがおススメ。

捨てるのが面倒な粗大ゴミ。しかし、家の中に置きっぱなしではスペースを占領して邪魔になるだけです。きちんとした処分方を踏まえて家の中を整理しましょう。