粗大ゴミを一人で運べない!そんな悩みを解決する処分方法を教えます!

「粗大ゴミを処分したいけれども一人で運べない」とお困りの人は多いものです。粗大ゴミは、大きくて重いモノがほとんどなのに、自分で回収場所に運ばなければなりません。そのため助けてくれる人手が必要です。けれども、頼める人がいないと、いつまでたっても捨てらないので困りますよね。そこで、粗大ゴミの処分をどうしたらいいのかとお悩みの人に向け、いろいろな方法をご紹介しましょう。

  1. 粗大ゴミの基本的な捨て方と最近の傾向
  2. 粗大ゴミを一人で運べない!そんな場合の上手な処分方法
  3. 不用品回収業者の選び方と注意したいこと
  4. 粗大ゴミの捨て方に関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、自分にぴったりな解決方法が見付かるでしょう。ぜひお役立てください。

1.粗大ゴミの基本的な捨て方と最近の傾向

最初に、粗大ゴミに関する基礎知識をご紹介しましょう。

1-1.粗大ゴミとはどのようなものか

粗大ゴミとは、家庭から排出される大型ゴミのことです。自治体によって詳細は異なりますが、一般的に粗大ゴミとされているのは以下のモノになります。

  • 家具:棚・タンス・キャビネット・カラーボックス・本棚・机・すき間収納家具・テーブル・イスほか
  • 寝具:布団・毛布・枕・クッションなど
  • 家電:電子レンジ・炊飯器・電子ジャー・電気ポット・電気ケトル・ホットプレートなど
  • 自転車や三輪車、スポーツ用品、楽器など

このほか、家庭で使用していた耐久消費財で大きめ(平均30cm以上)のモノは粗大ゴミになります。

1-2.粗大ゴミとして出せないモノ

以下のモノは、粗大ゴミとして出すことはできません。

  • 家電リサイクル法の対象となっているテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機
  • 資源有効利用促進法により、メーカーが回収することになっているパソコン

そのほか、粗大ゴミの対象にはならないモノは自治体によっても異なるのでホームページなどでご確認ください。

1-3.粗大ゴミの捨て方、最近のは?

以前は、粗大ゴミを処分するには、自治体の粗大ゴミセンターに連絡して回収してもらうか自分で持ち込みをする方法がほとんどでした。けれども、最近では専門業者に売却をしたり回収をしてもらったりする人も増えています。また、まだ新しいモノや使えるモノは、インターネットを通じて売る方法も一般的になってきました。次の項では、いろいろな粗大ゴミの処分方法を詳しくご紹介しましょう。

1-4.粗大ゴミのいろいろな処分方法

粗大ゴミの処分方法としては、以下の方法があります。

1-4-1.自治体の回収

1番オーソドックスな方法です。自治体によっても詳細は異なりますが一般的には以下の流れになります。

  1. 自治体のホームページに掲載されている「粗大ゴミセンター」の申し込みフォームか、電話番号で回収の申し込みをする
  2. 回収してほしい品物と個数を伝え、回収日の予約をし、回収費用を聞く
  3. 改修費用に相当する「有料ゴミ処理券(シール)」を指定場所で購入する
  4. 3を粗大ゴミに貼る
  5. 回収日の午前8時までに、指定回収場所に4を運ぶ

また、粗大ゴミを自分で粗大ゴミ処理センターまで運ぶ方法(持ち込み)もあります。その場合は、料金が安くなる自治体もあるようです。

1-4-2.リサイクル業者に売る

まだ使用できるモノや状態がいいモノなどは、リサイクルショップに売ることもできます。最近では、店頭買取だけではなく、宅配買取・出張買取に対応している業者も増えてきたので近所にリサイクルショップがなくても利用できるでしょう。

1-4-3.インターネットオークションやフリマアプリなどを利用する

インターネットオークションや、フリマアプリを利用して売る方法もあります。運営会社によって詳細は異なりますが、基本的には登録して売りたいモノの写真と説明を書き出品するだけです。どちらも家にいながらにして簡単に出品できますが、購入者が現れたら、品物を自分でこん包し発送する手間がかかります。宅配費用は、売却する側の負担になることが多いでしょう。大型の荷物をこん包・回収・配送してくれるサービスを利用できるフリマアプリもあります。

2.粗大ゴミを一人で運べない!そんな場合の上手な処分方法

粗大ゴミは、自分で回収場所まで運べない・リサイクルショップまで持っていけない・こん包するのが大変……なこともあります。そんなときの対処方法や、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

2-1.分解し小分けしてゴミに出す

組み立て式の家具や収納ボックスなどは、分解して小さくすれば運びやすくなります。また、分解したパーツが粗大ゴミのサイズ以内であれば、可燃・不燃ゴミとして出すことも可能でしょう。
最もリーズナブルに廃棄できる方法ですが、分解の手間がかかる・部屋が汚れる・何度もゴミ捨て場に運ぶ必要があるなどのデメリットもあります。

2-2.リサイクル業者に回収してもらう

「出張買取」に対応しているリサイクル業者なら、自宅まで回収に来てくれます。業者によって、出張買取の対象になるモノの点数や内容は異なるため、事前に業者のホームページで確認してください。
リサイクル業者の場合は、家にいながらにして回収してもらえるので手間がかからないのが1番のメリットです。ただし、1点でも回収してくれる業者は少なく、通常はある程度まとめて出さなければならないのがデメリットでしょう。また、自宅が業者の「回収対応エリア以外」の場合は回収してもらえないのも難点です。

2-3.不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者の場合は、買取対象にならない粗大ゴミでも回収してくれる場合があります。1点からでも回収可能な業者もいますが、回収料金が高くなることもあるでしょう。何点かまとめて回収するか、パック料金(例:「軽トラック1台に乗せられるだけ乗せて○○○円」など)を利用するほうがおすすめです。
また、買取と回収の両方を行っている業者なら、買取してもらった料金で回収費用を相殺することもできます。

2-4.家具や家電を買い替えの場合は販売店に回収を依頼

大型の家具店や家電店では、新しい製品を購入すれば、自宅に配送する際に古いモノを回収してくれることもあります。家にいるだけで処分できるのがメリットです。ただし、回収サービス対象になる新製品は限られている、同じアイテムでないと回収は不可能など、お店により制限があるのがデメリットでしょう。

2-5.引っ越しする場合は引っ越し業者に依頼する

最近は、引っ越し業者が有料のオプションサービスとして、粗大ゴミの処分などを行っています。また、買取可能なモノなら買取も行っている業者もあるのです。引っ越し・粗大ゴミの処分・買取のすべてを一度に行えるのがメリットでしょう。ただし、引っ越しのときにしか利用できないのがデメリットです。

2-6.友人、知人で引き取ってくれる人を探す

家電や家具などは、まだ使えるモノなら知人や友人に譲る方法もあります。知り合いに当たってみてはいかがでしょう。譲るのは簡単な方法ですが、車で引き取りに来てくれる人に頼まなければならない、なかなか引き取り手が見付からないなどがデメリットとなります。

2-7.リサイクル業者や不用品回収業者に依頼するときの注意点

業者によって、買取や回収費用は異なります。そこで、利用する際には、料金の見積もりを出してくれる業者を複数選びましょう。各社の料金を比較検討し、1番自分の予算に合う業者を選ぶほうがおすすめです。

3.不用品回収業者の選び方と注意したいこと

不用品回収業者は、インターネットで検索するとたくさん出てくるので選択に迷ってしまいます。そこで、どのようなことを基準にして選べばいいのかポイントをご紹介しましょう。

3-1.不用品回収業者のホームページ・チラシを確認する

ホームページ・チラシでは以下のことを確認してください。

  • 事業所の住所を記載している
  • 電話&FAX番号、メールアドレスなど連絡先を記載している
  • 回収料金を明確に提示している
  • 買取したモノを再販している業者の場合は「古物営業許可」番号を取得している
  • 買取や回収の見積もりを依頼した際、「不用品一式○○○円」ではなく、タンス○○円・机○○円などの明細を教えてくれる
  • 無料で料金の見積もりサービスを行っている

3-2.不用品回収業者に依頼するときの注意点

社名のない小型トラックで周回しながら「不用品を無料で回収します」とアナウンスしている業者には気を付けましょう。無料といいつつ、実際は料金を請求されるケースが多いのです。また、「リサイクル料金を払ってテレビを渡したら不法投棄された」などのトラブルも多発しています。信頼できる業者を選びましょう。

4.粗大ゴミの捨て方に関するよくある質問

粗大ゴミの捨て方や、処分方法に関するよくある質問をご紹介しましょう。

Q.古い布団を粗大ゴミに出したいのですが重くて一人では運べません。分解して燃えるゴミに出せるでしょうか?
A.布団の素材である布や綿などは、袋に詰めて燃えるゴミとして出すのは可能です。ただし、布団のカバーを切って中身を取り出すと、ホコリやダニが部屋中に舞い散ります。注意しながら少しずつゴミ袋に詰めなければならないので時間がかかるでしょう。作業後は、部屋の掃除も大変なのでおすすめはできません。

Q.一人暮らしの高齢者で足腰が悪く、粗大ゴミを運べず困っています。自治体には運び出しを依頼できないのでしょうか?
A.自治体によっては、高齢者は身体に障害のある人の場合、屋内からの粗大ゴミ運び出しサービスを行っています。

  • 65歳以上の世帯
  • 身体障害者手帳を持っている方
  • 要介護認定基準「要介護2」以上の介護保険認定者

など条件があります。お住まいの自治体にお問い合わせください。

Q.大型の品物を送れる宅配便を利用できるフリマアプリもあると聞きました。メリット・デメリットを教えてください。A.大型の宅配便を利用できるフリマアプリなら、品物が売れたときに、集荷・こん包・配送・相手宅での設置を配送業者がすべて行ってくれます。ただし、匿名の配送はできないので、出品者に自分の名前や住所がばれてしまうのがデメリットでしょう。

Q.自治体のルールが「30センチ以上は粗大ごみ」なので、小さい家電や雑貨などもすべて粗大ゴミになってしまい大変です。1度に片付けるにはどうしたらいいでしょうか?
A.不用品回収業者なら、自宅まで回収に来てまとめて1度に引き取ってくれるので利用するのがおすすめです。「カゴ台車に詰め放題パック」など、少量プランを提供している業者もいるので、処分したいゴミの量に合った業者を選べます。

Q.古いパソコンを処分したいのですが、不用品回収業者に依頼するのはハードディスクに残っているデータが心配です。いい方法はあるでしょうか?
A.不用品回収業者の中には、無料でデータ消去サービスを行っているところもあります。また、確実にデータを消去した証明書(有料)の発行を行っている業者もいるので、心配ならそのような業者に依頼してみましょう。

まとめ

自治体の粗大ゴミ回収は、料金も安く安心なので多くの人が利用しています。その反面、量がたくさんある場合は面倒ですよね。また、一人暮らしの人は、粗大ゴミ運びを手伝ってくれる人手がないケースも多く、処分したくても処分できないままの人もいます。
そんなときは、インターネットで売ったり不用品業者などの買取&回収に依頼したりする手段も考えましょう。本文でご紹介した方法を参考に、自分に合った方法を選んでくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!