車のパーツは買取してもらえる? カー用品の売却方法や中古需要について解説

車が好きな方は、部品やパーツを自分でカスタマイズすることがあります。カスタマイズした部品やパーツなどのカー用品は、自動車本体を手放すときにまとめて下取りに出さず、取り外して別々に買取に出す方法がおすすめです。需要が高いカスタムパーツもあり、まれに高額買取になることもあります。カー用品の買取について知識を持っておき、損をしないようにしましょう。

本記事では、カー用品を買取に出すときのポイントをご紹介します。

  1. カー用品の買取について
  2. カー用品を買取に出す方法
  3. カー用品の買取でよくある質問

この記事を読むことで、カー用品の買取についてよくわかります。コストをかけてカスタマイズしたカー用品の価値をきちんと評価してもらうためにも、買取に関する知識を身につけておきましょう。

1.カー用品の買取について

カー用品にはどのようなものがあるのか、需要や人気の傾向などを見ていきましょう。

1-1.カー用品の中古需要

カー用品は、内装用品と外装用品の2種類があります。内装用品は、カーナビ・カーオーディオ・ステアリング・メーター類・ドライブレコーダー・シートなどです。外装用品には、タイヤ・ホイール・マフラー・サスペンション・エアロパーツ・ライトなどがあります。車をカスタマイズしない方にも需要があるのは、ドライブレコーダーです。事故が起きたときに記録が残るため、近年は設置する方が増えています。車のカスタマイズは、新たに部品を購入すると高額な費用がかかるため、中古でパーツを集めるケースが多いものです。そのため、カー用品のリサイクルが活発になっています。

1-2.買取できるもの・できないもの

カー用品のリサイクルを行うショップでは、買取できるものとできないものがあります。傷や汚れなどがない美品であることも条件ですが、車は安全性が求められるため、機能面も重視されるので注意してください。1回でも事故を起こした車に取りつけてあったものは、機能面で問題がないか、細かくチェックされます。異常が見つかった場合は、買取対象外となるでしょう。特に、ホイールなどは事故や衝突によって歪(ゆが)みが生じやすいため、トラブルがあるものは買取対象にはなりません。

2.カー用品を買取に出す方法

カー用品を高額査定に持ち込むポイントや、売却方法などをご紹介します。

2-1.売却時期や高額査定のポイント

カー用品は、品目によってニーズが高まる時期が異なるため、買取に出す時期を見定めながら売却する方法がおすすめです。たとえば、スタッドレスタイヤは冬に使う製品なので、秋から冬前にニーズが高まります。需要が高まるシーズンが近づいてから査定を受ける方法が、高額買取につなげるポイントです。

2-2.買取金額相場

買取に出す品目や状態などにより、買取金額は変動があります。また、ショップごとに得意分野が違うため、買取金額に差が生じるのです。買取金額の相場を探るには、複数のショップで査定を受け、見積もりを比較しましょう。

購入時の値段が高いものは、査定額も上がる傾向にありますが、状態などを見て決めるため、一概に高額買取になるとはいえません。そのため、見積もりを比べ、買取金額が安いところと高いところを知ることが大切なのです。

2-3.買取に出す方法

カー用品の買取は、リサイクルショップと不用品回収業者の2つで行っています。リサイクルショップは家具や家電などを扱うショップより、車の部品を販売する専門ショップを選ぶことが大切です。買取に出す方法を見ていきましょう。

2-3-1.持ち込み

持ち込みは、店頭に部品を持ち込み、査定を受ける方法です。持ち込みの場合、自分で部品を取り外す作業が必要なため、分解作業ができない方はほかの方法を選びましょう。タイヤなど重たい部品の運搬が難しい場合も、宅配や出張を利用したほうが便利です。

2-3-2.宅配

宅配は、業者にカー用品を送って査定を受ける方法です。ダンボールに買取を希望するものを詰め、自宅から発送するだけなので、重たいものでも簡単に買取査定を受けることができるでしょう。買取に出したいものが複数ある場合も同時発送が可能で、気軽に査定を受けることができる方法です。ただし、送料の負担が発生する場合があります。また、運送時のトラブルが起こることがないように、しっかりこん包しておきましょう。

2-3-3.出張

出張は、自宅まで訪問して買取をしてもらえる方法です。売りたいものがたくさんある場合に有効な方法で、パーツの取り外しをしてくれる業者もあるのがメリットでしょう。また、運搬やこん包にかかる手間を省くことができるので、労力をかけずに買取サービスを利用したい場合は大変便利です。訪問日時は、希望する日程を申し出れば調整してもらえます。ただし、訪問する際に出張費用がかかる場合もあるため、事前に業者へ確認しておきましょう。

2-4.自分で売る方法

ショップや業者を利用せず、自分でカー用品の売却をする方法もあります。それぞれのメリットやデメリットを覚えておきましょう。

2-4-1.ネットオークション

ネットオークションに出品する方法は、画像や商品情報をサイトにアップロードし、希望売却価格を設定します。傷や汚れなど不備がある部分はしっかり記載し、購入希望者に伝わるようにしなければなりません。

ただし、購入希望者が必ず現れるとは限らず、売却時期がはっきり読むことができないのが難点です。しかし、複数の購入希望者が現れれば、値段が上昇するため、ショップなどを利用するより高い値段で売れる場合もあります。購入者に無事商品を届けることができるよう、こん包などは丁寧に行いましょう。

2-4-2.フリマサイト

フリマサイトへの出品方法は、ネットオークションと変わりありません。違う点は、値引き交渉が行われる場合があることと、送料込み価格が選ばれる傾向が強いことです。また、サイトによっては出品手数料が10%程度かかるため、送料と手数料を含めた価格設定をするようにしましょう。

ネットオークションもフリマサイトも、売却成立後に購入者とうまく連絡が取れず、取り引きに不安を感じる方が多いものです。自分のプロフィール欄に購入前のコメントをお願いするなどの記載を追加し、取り引きが進む前にコミュニケーションを取るようにしましょう。

3.カー用品の買取でよくある質問

カー用品の買取に関する質問集をご覧ください。

Q.自動車を売るときにパーツや部品を取り外したら、そのまま自動車本体を下取りに出してもいいのか?
A.パーツや部品を取り外した状態でも下取りしてもらえます。しかし、自動車は純正品のほうが好まれるので、取り外したままでは下取り価格が急落する場合が多いものです。なるべく純正品に戻して下取りに出すようにしましょう。

Q.単体で買取に出してもあまり値段がつかないアクセサリーとは?
A.買取で値段がつきにくいアクセサリーはETCです。ETCは、自動車本体に付属したまま下取りに出したほうがいいでしょう。無理に取り外して内装に糊(のり)が残ってしまうより、付属品としてつけたままのほうが、自動車の下取り価格を下げずに済みます。

Q.カーナビは、種類によって値段が変わるもの?
A.はい、変わります。近年はハードディスク搭載型のカーナビが主流なので、DVDタイプは値段が下がる傾向にあるでしょう。

Q.廃車にする車でも、部品やパーツだけを取り出して買取を利用することはできるもの?
A.利用価値が残っている部品やパーツなら、廃車にする前に取り外しておきましょう。買取でわずかでも収益を得ることができ、廃車費用の穴埋めができます。

Q.バッテリーも買取対象になるのか?
A.損傷がなければ、バッテリーも買取対象になります。ただし、エンジンがかからない粗悪品は、ゴミとして処分しなければなりません。バッテリーを処分する際は、カー用品店に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 車のパーツや部品は、自動車本体を下取りに出す前に取り外して買取査定を受けたほうが、高値で売ることができます。さまざまなパーツや部品がありますが、それぞれ中古需要が高まる時期が異なるため、時期を見定めて売る方法がおすすめです。買取に出す際は、カー用品専門のリサイクルショップのほうが、値段がつきやすいでしょう。複数のショップや業者から見積もりを出してもらい、買取価格を比較するようにしてください。