洗濯はダメ? カーペットクリーニング自分でできる方法や料金まとめ

カーペットがあると、床に寝転がれたり転倒防止になったり、インテリアや底冷え防止になったりと、さまざまなメリットがあります。しかし、カーペットはフローリングよりも掃除が大変・洗えるか分からない・クリーニングが面倒といった問題もあるでしょう。そこで今回は、カーペットクリーニングについて、自分でできる方法やクリーニング料金などについてご紹介します。

  1. カーペットクリーニングについて
  2. 自分でできるカーペットクリーニング
  3. プロに依頼するカーペットクリーニング
  4. カーペットクリーニングについてよくある質問

カーペットをきれいにしたい・自分でできるクリーニング方法を知りたいという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.カーペットクリーニングについて

まずは、カーペットクリーニングについて、基礎的なことから見ていきましょう。

1-1.カーペットの汚れとは?

そもそも、カーペットはなぜ汚れるのでしょうか?

1-1-1.ホコリ

カーペットの汚れの原因は主にホコリです。日々積もっていくため、定期的に掃除機がけをする必要があります。ホコリを放置しておくと汗や水分などと混ざって全体的に染みのような汚れになってしまう場合もあるのです。

1-1-2.ダニ

カーペットの中には無数のダニがいます。ダニは、完全に除去することはできませんが、日ごろの掃除によって数を減らしたり殺虫したりすることはできるでしょう。

1-1-3.髪の毛

カーペットに絡んだ髪の毛は、いかにも「汚れた感」が出てしまいます。髪の毛だけなら、コロコロで簡単に取れますので、目につく前に掃除する習慣をつけましょう。

1-1-4.こぼした飲み物・染み

お茶やジュース・コーヒーなど、色やにおいのある飲み物をこぼすとカーペットは一気に汚れてしまいます。また、ペットや子供の吐しゃ物も染みになってしまいがちです。すぐに拭き取ればあとに残らないこともあります。

1-2.カーペットクリーニングの必要性

上記の通り、カーペットにはさまざまな汚れがつくものです。カーペットをきれいに保つためには、以下のような掃除が必要になってくるでしょう。

1-2-1.日ごろの掃除

掃除機・コロコロなど、簡単な掃除を週に1~3回行いましょう。こまめに行うことが大切なので「しないよりはまし」というくらいの軽い掃除でOKです。ダニやホコリなど、アレルギー物質の抑制にも役立ちます。

1-2-2.すぐに掃除

食べ物や飲み物などをこぼしたら、すぐに掃除しましょう。汚れが乾いてこびりつくと、落ちにくくなってしまいます。

1-2-3.たまに本格的なカーペットクリーニング

半年~年に1回は、カーペットを水洗いや影干ししたり、プロに洗ってもらったりするなど、時々本格的なクリーニングを行いましょう。カーペットをより長くきれいに使うことができます。

2.自分でできるカーペットクリーニング

次に、自分でできるカーペットクリーニングについてご紹介します。

2-1.掃除機がけ

掃除機がけはカーペット掃除の基本でしょう。イスや床に置いたものをいったん上にあげたりどかしたりして、一気に掃除機をかけると楽です。時間や電気代の節約にもなります。掃除機がけをする際は、ヘッドをゆっくり動かすとより多くのホコリを吸えるでしょう。

2-2.コロコロなど粘着シート

髪の毛やホコリなどちょっとしたゴミを取るのにはコロコロが便利です。ただし、カーペットの材質によっては表面の生地が傷んでしまう場合もあるので注意してください。また、コロコロでは表面の汚れしか取れません。必ず掃除機での掃除も行ってください。

2-3.染み抜き

カーペットに飲み物などをこぼしてしまった場合は、タオルを3枚程度用意します。タオルのきれいな面をカーペットにあてて、タオルに汚れを移すようにトントンとたたきましょう。カーペットの汚れた部分に、水を少し吸わせて汚れを薄めながら行っても効果的です。ただし、汚れによっては広がってしまう場合もあるので、様子を見ながら少量ずつ行いましょう。ある程度汚れと水分が取れたら、今度は汚れの上にタオルをかぶせ、その上から掃除機で吸い取るとカーペットに残った汚れがタオルに移ります。水分が多いと掃除機の故障の原因になるので注意してください。

2-4.水洗い・影干し

カーペットで水洗いできるものは少ないですが、一部のラグやマットは水洗いできるものがあります。浴槽に足首くらいまでの高さにぬるま湯をためて洗濯洗剤を溶かしましょう。足で踏みながらカーペットやラグなどを洗います。ある程度洗ったら、洗濯液を捨てて再度ぬるま湯をためてください。足で踏みながらすすぎ、水分をしぼったら干しましょう。カーペットは、基本的には天日干しできないため、影干しします。

2-5.重曹を使ったにおい取り

粉末の重曹には、消臭効果があります。カーペットのにおいが気になる場合は、重曹を粉末のままカーペットにふりかけ、30分ほど放置してから掃除機でよく吸い取りましょう。重曹水は、洗浄効果はありますが消臭効果はほとんどないので、粉のまま使うのがポイントです。

2-6.カーペットクリーニングを自分で行うメリット・デメリット

自分で行うカーペットクリーニングには、すぐにできる・お金をかけずにできるといったメリットがあるでしょう。家で手軽にできるクリーニングなら、比較的気軽に始められます。一方、デメリットには、時間がかかる・汚れが取りきれない、などがあげられるでしょう。また、材質や洗い方を誤るとカーペットをダメにしてしまうリスクも潜んでいます。

3.プロに依頼するカーペットクリーニング

カーペットクリーニングの依頼先や、自分でやらないほうがいい場合などをご紹介します。

3-1.カーペットクリーニングの依頼先とは?

3-1-1.クリーニング店

クリーニング店に依頼すれば、カーペットの材質や洗い方などを自分で考えずにすみます。代わりに、材質や面積によって料金が異なり、高額になってしまう場合もあるでしょう。電気カーペットや水洗いできない材質のものでも依頼できるのがメリットです。カーペット1畳あたりのクリーニング料金相場は以下の通りとなります。

  • 一般的なマット:1,300円~
  • じゅうたん:1,900円~
  • 高級カーペット3,600円~
     
  • 料金が安い:★☆☆☆☆
  • 仕上がりがよい:★★★★★
  • 手間がかからない:★★☆☆☆

3-1-2.掃除業者

掃除業者(清掃業者)にカーペットクリーニングを依頼することもできます。料金は1畳あたり1,500円程度+出張費用や、1回あたり1万円程度が相場です。専用の掃除機や染み取り剤で汚れを落とします。カーペットを持ち運ぶ必要がなく、家に置いたままでクリーニングできるので便利でしょう。ただし、業者選びは慎重に行う必要があります。料金についても、複数の業者に問い合わせながらよく検討してください。

  • 料金が安い:★☆☆☆☆
  • 仕上がりがよい:★★★★☆
  • 手間がかからない:★★★★★

3-1-3.コインランドリー

運搬があるため半分は自力ともいえますが、コインランドリーもカーペットクリーニングの方法の一つです。コインランドリーには大型の洗濯機があるため、カーペット類も洗えるところがあります。コインランドリーでカーペット類を洗う際は、洗濯タグをよく確認しましょう。カーペットの体積や重さにもよりますが、コインランドリーの料金は300~1,000円くらいです。重いカーペットを持ち運ぶ手間が発生することを理解しておきましょう。

  • 料金が安い:★★★★☆
  • 仕上がりがよい:★★★☆☆(ただしコースを誤るとカーペットが傷む原因に)
  • 手間がかからない:★★☆☆☆

3-2.自分でクリーニングしないほうがいい場合とは?

以下のような場合は、自分で洗うことは避けましょう。

  • 電気カーペット
  • ペルシャじゅうたんなど高級カーペット
  • 大きいカーペット(洗いきれない・干すのに時間がかかるため)
  • 干すためのスペースがない場合
  • ハウスダストアレルギーを持っている場合

4.カーペットクリーニングについてよくある質問

Q.へたってしまったカーペットをふわふわにするには?
A.スチームアイロンの利用がおすすめです。アイロンをカーペットから10cmほどはなし、スチームをあてながら毛並みを立てるようにブラッシングすると、カーペットのふわふわ感が戻ります。

Q.カーペットの湿気やカビが気になるのですが?
A.湿度が高い部屋でカーペットを使う場合は、まず部屋の除湿に気をつけましょう。さらに、1~2週間に1回は、カーペットをめくって裏側に空気を通してください。サーキュレーターを使うとより効果的です。すでにカビが生えてしまったカーペットは、交換するかプロにカビ取りを依頼してください。カーペットのカビを放置するとさらに増えてしまいます。

Q.カーペット掃除でやってはいけないことは?
A.カーペットに直接カビ取り剤や漂白剤をかけると変色の原因になってしまいます。可能な場合は浴室で、薬剤を薄めてカーペットを洗い、終わったらよくすすいでください。また、生乾きのまま敷くのもNGです。しっかり乾いたことを確認してから敷きましょう。

Q.カーペットのクリーニングはどのくらい日数がかかりますか?
A.クリーニング店では、仕上がりまで2週間前後が目途となるでしょう。ハウスクリーニングは、業者にもよりますが即日来てもらえる場合もあります。

Q.カーペット掃除を楽にするには?
A.カーペットをやめて、洗濯機で丸洗いできるラグなどに切り替える方法もあります。どうにもならない汚れたカーペットを使い続けるよりも快適に過ごせるでしょう。

まとめ

カーペットクリーニングについてご紹介しました。カーペットの洗濯は、自分でできるものとできないものがあります。大変な思いをして無理に自分で洗うよりも、最初からプロに任せてしまったほうがよい場合もあるでしょう。ただし、掃除機がけや消臭など、日ごろ自分でできる掃除については積極的に習慣に取り入れてみてください。