台風対策に熱中症予防。真夏のガーデニングを楽しむ際に注意することは?

夏は草花が最も勢いを増す時期です。
草むしりや庭木の手入れなどガーデニングに精が出る方も多いのではないでしょうか。
でも、夏のガーデニングは春と比べて注意をすることがたくさんあるのです。

熱中症は突然起こる

今年も30度を超える日が増えてきました。
毎年この時期になると、熱中症で病院に担ぎ込まれる人が増えてきます。
熱中症にかかった状況は様々ですが、その中でも多いのが庭仕事、つまりガーデニング中に熱中症にかかった、という事例。
「でも、それは炎天下に帽子もかぶらずにガーデニングをしていたからでは?」
と思う方もいるかもしれません。
しかし、ガーデニングをしていて熱中症にかかった方の中には、きちんと帽子をかぶり、朝の涼しいうちに庭仕事をしていたという方もいるのです。
熱中症というと、夏の厳しい日差しや高い気恩が原因というイメージがありますが、ミネラルと塩分の不足、つまり、汗のかきすぎも原因のひとつなのです。
しかも、熱中症は「おかしいな」と思った時にはすでに動けなくなる直前、という場合もあり、そのまま意識を失ってしまうことも少なくありません。

熱中症を防ぐポイント

ガーデニング中の熱中症を防ぐためには以下のことを守りましょう。

  1. 午前中、夕方などの日差しが弱い頃でも油断はしない。(必ず帽子をかぶりましょう。)
  2. 喉が渇く前に水分補給をする。(熱中症になるとかえって喉は乾かない。)
  3. 水分補給は水やお茶よりもスポーツドリンクで。(ミネラルと塩分が補給できます。)
  4. 長時間作業をしない。(目安は2時間まで。)
  5. 携帯電話を身につけておき、いざという時に助けが呼べるようにしておく。

これだけ守っていれば、熱中症にかかるリスクはだいぶ低くなるでしょう。
では、次の項からは、夏のうれしくない風物詩、台風からお庭を守る方法をご紹介します。

台風の風力を甘く見ないこと

今年も7月中に大きな台風が発生しましたね。
台風で恐ろしいのは大雨と強風です。
特に風は強くなると小さな植木鉢くらいは軽く吹き飛ばしてしまうでしょう。
それが自分の家やご近所、通行人にとんできたらと思うと怖くないですか?
台風が近づいてきた、とニュースで告げられたらきちんと対策をとっておくことが大切です。

台風が来る前にしておくことはこれだ!!

台風がやってくる前に以下のことをやっておきましょう。
大切なお庭を守れます。

  1. 植木鉢、プランターは軒下など風があたりにくいところに避難させておく。
  2. バラのアーチやフェンスなどは、支柱を添えて補強しておく。
  3. 庭木は枝葉をある程度すいて風を通りやすくしておく。
  4. 排水溝の中を綺麗に掃除しておく。

この中には、急いでできないこともありますが、自分でできることは可能な限りやっておきましょう。
また、もしかすると被害が出てしまうかも、というものがある場合はご近所さんに一言告げておくと後で不要なトラブルにならずに済みます。