耐震工事よりも低予算! 制震リフォームの魅力とは?

日本ではここ20年の間に阪神淡路大震災と東日本大震災というふたつの大地震を経験しました。
さらに、南海トラフ大地震が発生する危険性も高まっていると言われています。
そこで多くの方が気になるのが澄んでいる建物の耐震基準。
でも耐震や免振工事は費用が心配というかたは制振ダンバーを使った制振工事がお勧めです。

耐震と免振、制震の違いとは?

耐震工事とは建物の強度を上げ、地震が来ても揺れに耐えられる建物にする工事のことです。
免震工事とは建物と土台の間に免振層を作ることで、建物に地震の揺れを伝わらないようにする工事。
そして、制震工事とは、制振ダンバーという専用の装置を取り付けて地震の揺れを抑える工事のことです。

制震ダンパーは低予算で取付け可能

耐震工事や免振工事というのは、建物の柱や土台、そして壁といった基礎の部分に手を加える必要があります。
リフォームでそれらを行うこともできますが、工期が長くなったり、家を建てるのと同じくらいのお金がかかったりします。
それに対して制震工事は、地震の揺れを吸収し、反発させる制震ダンバーという器具を柱などに取り付ける工事なので、工期も短く、低予算で行うことができるのです。

制震ダンバーが防ぐのは、地震の揺れだけではない?

制震ダンバーが防いでくれるのは、地震の揺れだけではありません。
台風等で暴風が発生した時や、車両による交通振動も吸収、反発して家を守ってくれるのです。
ですから、台風が毎年いくつも通り過ぎるような地域や朝から晩までひっきりなしに車が通るような幹線道路沿いにお住まいの方にも制震工事はお勧めです。

こんな家は制震リフォームが必要

では、制震工事を受けたほうが良い家とはどんな家なのでしょうか?
その目安のひとつが1981年という年です。
実はこの年の6月1日に耐震基準が変わり、これ以降に建築された家は新耐震基準を適用して建てられています。
言い換えれば、それ以前に建てられた家は、現在の耐震基準を満たしておらず、大きな地震が来た場合は倒壊してしまう可能性が高いのです。
また、新耐震基準で建てられた家であっても、何度か震度5以上の強い地震にあっていると、建物がゆがんでしまっている場合があります。
そのような場合制震工事をして、これ以上建物に負担をかけないようにしてあげるとよいでしょう。
制震ダンバーにはいろいろな種類がありますから、制震工事を受けたいと思ったときは、いくつかの工務店に相談に行き、自分の家に合った制振ダンバーをつけてくれる工務店に工事を依頼しましょう。