格安物件を探している方必見!!家賃が安い家を探すコツ!

引っ越しをしたいけれど費用が心配、と悩んでいる方は少なくないでしょう。
進学や就職をきっかけに1人暮らしをする方も、必要な費用の額に驚く人も多いと思います。
そこで、今回は格安物件、格安住宅の種類や物件探しのコツをご紹介しましょう。
家賃の安い格安物件というと、何やら訳ありの物件や難ありの物件というイメージも強いです。
しかし、探し方や条件しだいでよい物件に巡り合えることもあります。

また、ただ単に家賃が安い物件だけでなく、中古物件の魅力や1人暮らしをより楽しめる物件も記事の中でご紹介していきましょう。
ぜひ参考にしてくださいね。
できる限り費用をかけずに1人暮らしをしたいという方は、ぜひこの記事を読んでみましょう。

1.物件探しのコツ

格安物件の探し方をご紹介する前に、条件のよい物件を探すコツをご紹介します。
実は、よい物件が出やすい時期、というのがある程度決まっているのです。

1-1.条件のよい物件が出やすい時期や探し方のコツとは?

賃貸物件は1月~2月に一斉に動き出します。
これは、3月が卒業や移動のシーズンのため。
賃貸物件は、退去の1か月前に管理会社や大家に連絡が必要です。
そのため、1月の終わりから2月にかけて、3月にあく物件を不動産会社はおおよそ把握できます。
ですから、広告によい条件の物件が出やすいのですね。
また、9月~10月にかけても物件が動きやすいでしょう。
これは会社員の転勤がこの時期に多いためです。
また、春に移動になり、一足先に単身赴任をしていた父親の元に、家族が行くというケースもあります。
そのためこの時期は、ファミリー向けの物件でよい条件のものが出やすくなるでしょう。
ですから、物件を探すなら、1月~2月と7月~8月がお勧め。
実際に不動産屋に足を運んでもよいですが、最近ではインターネットを利用して気軽に部屋探しもできます。
不動産屋のサイトをいくつかブックマークしておき、こまめにチェックしてみましょう。
また、「このような条件で部屋を探している」という希望をメールで受け付けてくれる不動産屋もあります。
部屋を探している場所が遠方の場合に、このようなサービスは便利です。
また、当然ですがよい物件は早々に埋まってしまいます。
そのため「これは!!」と思う物件に出会えたら、すぐに内覧等の予約を入れましょう。
基本的には早いもの勝ちです。

1-2.賃貸物件の種類とは?

賃貸物件には、マンション、アパート、一戸建てがあります。
最近は、一戸建てを個別スペースと共有スペースに分けて複数の人に貸し出すシェアハウスも人気があるのです。
一般的に面積の広い物件や築年数が新しい物件の方が家賃の高い傾向にあります。
不動産屋に行くとファミリータイプ、新婚向け、1人暮らし向け、などざっくりと物件ごとで分類されていることが多いでしょう。
しかし、1人暮らしでファミリータイプの物件に住んではならないという決まりもないため、そのあたりは柔軟に考えてください。
また、築年数がたった中古物件はペット可のものがあったり、セルフで自由にリフォームできたりする、など特典がついてくる場合もあります。

1-3.入居までの流れ

気に入った物件を不動産屋で見つけたら、まずは内覧をしましょう。
もし、時間に余裕があるならば、昼間と夜間の両方で物件の周囲の様子を見てみてください。
昼間と夜間で雰囲気ががらりと変わるところもあります。
特に問題がなかったら、契約をしましょう。
この際に必要なのは、住民票、収入を証明するもの、印鑑、保証人、現金などです。
保証人万が一家賃などが払えなくなったり、入居中に居住者が亡くなったりした場合に家賃を払ったり物件を引き払ったりしてくれる人のこと。親族に引き受けてもらえれば一番よいのですが、最近は賃貸保証会社もたくさんありますので、適当な人がいない場合は依頼しましょう。
現金は、敷金、礼金、家賃の数か月分です。
これは物件によっては結構な額になるので、早めに貯(た)めておきましょう。
契約を終えたら、何月何日から入居可能、と不動産屋が教えてくれますので引っ越しの計画を立ててください。

2.格安物件とはどのようなもの?

この項では、格安物件の種類や格安な理由、家賃が安い物件が出やすい場所をご紹介しましょう。
条件によっては「掘り出し物」と思えるものもあれば、いくら家賃が安くても、と思える物件もあります。

2-1.格安物件になる理由

  • 築年数が25年以上の中古物件
  • 風呂がない、もしくは古くて使い勝手が悪い物件(トイレが共有の場合もあり)
  • 狭小だったり、住みにくい間取りだったりする物件
  • 周囲の環境が悪い物件
  • 交通の便が極端に悪い物件
  • 事故物件

これらが、格安物件になりやすい条件の家です。
事故物件というのは、そこで人が亡くなった物件のこと。
築浅で立地条件もよいのに、相場よりもかなり安い場合は事故物件の可能性が高いでしょう。
最近は、わざとそのような物件を選んで入居する方もいます。
また、事故物件だけは時期が来ると家賃が値上がる物件もあるのです。
単に家賃の安さだけでなく、いろいろな条件を見て物件を決めましょう。

2-2.格安物件のメリットデメリット

格安物件は、要するに「家賃を安くしなければ借り手がつきにくい物件」です。
ですから、どうしても古い、狭い、住みにくい、といったデメリットは多いでしょう。
ただ、かつては優良物件だったけれども、築年数の経過とともに格安物件になったという物件もあります。
そのような物件はデメリットも少なく、住みやすいでしょう。
さらに、住人の高齢化が進み、駅やバス停から遠いというだけで格安物件が生まれるケースもあります。で
すから、格安物件が家賃に比べてお得なのか、それとも家賃相応なのかは実際に物件を見てみなければわかりません。
「ここまでだったらがまんできる、これは譲れない」という条件を決めて、実際に下見してみましょう。

2-3.格安物件が出やすい地域

格安物件は、都市部よりも郊外に出やすいでしょう。特に、田舎は築浅の物件でも格安になりやすいです。
都市部でも再開発が進んで駅前が便利になると、駅から徒歩10分以上の築年数のたった物件が一斉に家賃を値下げする、ということもあります。
また、最近話題になっているリゾート地の激安マンションも、格安物件の一種といえるでしょう。

3.格安物件を探すコツ

では、格安物件はどのように探せば見つかりやすいのでしょうか?
この項では、その方法や注意点をご紹介します。

3-1.時期はずれを狙って物件を探す

物件が動く時期はある程度決まっていると前述しましたが、それ以外の時期に全く物件の動きがないというわけでもありません。
そして、時期はずれに物件があくとなかなか埋まりにくいのです。
そのため、大家や管理会社は「多少家賃が安くても、物件が埋まった方がよい」と考えます。
ですから、交渉しだいで家賃が値引きされることもあるでしょう。
また、敷金礼金が安くなるケースもあります。
このように、普通の物件が格安物件になる場合もあるのです。
そのため、コツコツと長期間かけて物件を探すという方法もあります。

3-2.相場より安すぎる物件は要注意!?

物件の中には格安を通りこして、激安物件もあります。
「激安アパート」「日本一安い家賃」などと広告を出して借り主を募集しているところもあるでしょう。
しかし、あまり安すぎる物件は、「そこまでしないと借り手が出ない」物件の可能性が高いのです。
たとえば、築50年近くでトイレが共同とか、隣が騒音を発する工場とか、周りが歓楽街でうるさいなど。
また、夕方には最終バスや電車が終わってしまう、というところもあるかもしれません。
ですから、格安物件を探す場合はそのあたりの相場も調べておき、あまりにも安すぎるところは避けた方が無難です。

3-3.格安物件の特典とは?

格安物件は、家賃が安いほかにも「ペットが飼える」「設備は古いけれど、外観がオシャレ」などの特典がついている場合があります。
ですから、家賃以外にも格安物件を探すメリットは大きいでしょう。
ただし、格安物件は防音、防犯の面ではどうしても劣りがちです。
築年数がたった物件ほど、音が周囲に響きやすいですし外からの侵入も容易でしょう。
ですから、特に、女性の1人暮らしの場合は入念に物件を下見して決めてください。
物件によっては「女性不可」というところもあります。

4.シェアハウスを利用してみよう

さて、ここまで格安物件の実情や探し方をご紹介してきましたが、最近はシェアハウスの人気が高まっています。
この項では、シェアハウスの家賃が安い理由やメリットなどをご紹介しましょう。

4-1.シェアハウスってどんな物件?

シェアハウスとは、一軒家やファミリータイプのマンションを複数の人で借りるスタイルの物件です。
家の中には個人のスペースと共有スペースがあり、プライバシーをある程度たもちながら、共同生活を行えます。
お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りは共同で、寝室は個別という物件が多いでしょう。
一見するとルームシェアによく似ていますが、シェアハウスは管理会社が住人を募集して管理をします。
ですから、全く知らない人と生活することになるのです。

4-2.シェアハウスが格安で住める理由

シェアハウスは、普通のワンルームマンションを借りるのに必要な敷金や礼金、火災保険などが必要のない物件が多いのです。
それだけでも、経費をかなり抑えられるでしょう。
また、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電も備えつけられています。
ですから、家電をそろえる費用もかかりません。
逆に、プライベートスペースが限られていますので、荷物が少ないほどよいでしょう。
その気になれば、スーツケース1個だけでの引っ越しも可能です。

4-3.メリットと注意点

シェアハウスは、一定のプライベートをたもちつつ、共同生活ができます。
ですから、初めての1人暮らしで不安を感じている方や、さみしがり屋の方にはぴったりです。
交友関係も広がりますし、新しい出会いもあるかもしれません。
ただし、人間関係がうまくいかないと、とても住みにくくなってしまいます。
また、シェアハウスは基本的に1人暮らしの方の集まりです。
現在のところ、ファミリー向けシェアハウスという物件はほとんどありません。
しかし、シェアハウスの住人同士がカップルになるというケースはあります。

4-4.シェアハウスに住んでいる方の声

シェアハウスに実際に住んでみた、もしくは住んでいるという方の声を聞くと

  • 思っていた以上にプライベートをたもつことができた。
  • 水回りが混雑するということはあまりなく、時間帯によっては誰も会わないことの方が多い
  • 思いやり、譲り合いの心が大切。何かをしたい場合はほかの住人のことも考えるようになった

など、おおむね好意的なものが多いです。しかし、その一方で

  • 住人にわがままで自分勝手な人がいると、雰囲気が突然悪化してしまう
  • 管理会社が住人に注意してくれないので、一部の住人がわがまま勝手にふるまっていた
  • 話し合いができない住人がいると大変

などという声も聞かれます。
やはり、管理体制と住人の質で住みやすさが大きく左右されてしまうでしょう。

4-5.入居までの流れ

シェアハウスに住みたいという場合は、まず物件を探します。
今は、シェアハウスを扱う不動産屋や会社も増えてきました。できるだけ実績のある会社や多くのシェアハウスを運営しているところの方が、安心できます。
よさそうな物件があったら、可能な限り下見をしましょう。
見るべきところは、プライベートスペースよりも共有スペースです。
そこが散らかっている場合や、個人の私物であふれかえっているような場所は避けた方がよいでしょう。
また、シェアハウスには、たいてい管理会社からの注意事項やお知らせを張る掲示板があります。
そこが禁止事項や注意書きばかりでも要注意です。
また、シェアハウスは外国人が住んでいることも多いですが、国が違えば生活習慣も違います。手
軽に異文化交流ができる反面、ぶつかり合うことも多くなるでしょう。
そこをよく考えて物件を選びましょう。
問題なければ、通常の賃貸物件と同じように契約して引っ越しとなります。
敷金礼金などがない分、初期費用が安く済むでしょう。

5.よくある質問

Q 格安物件だけを扱っている不動産屋はありませんか?

A 残念ながら、そのような不動産屋は少ないでしょう。
格安物件は、作ろうとして作れるものではありません。
ただし、格安物件を自社のホームページで特集することはありますので、チェックしてみましょう。

Q 格安物件でも避けた方がよいところはどんな物件ですか?

A 築年数が30年以上で、お風呂がなくトイレ共有のような物件は、男性専用というところもあります。
また、騒音や異臭がする工場などが近くにある物件は、住んでいるうちに健康に影響があるかもしれません。
そのような場所は避けた方が無難です。

Q 女性専用のシェアハウスはあるのですか?

A あります。物件の入居条件に提示されていますので、確認してみましょう。

Q 同じシェアハウス内でも家賃に差がある物件がありますが、なぜですか?

A 個室の広さや日当たりによって、家賃が高かったり安かったりするところがあります。
また、ドミトリー形式になっていてプライベートスペースをふたりで使ったりするところは、より安くなるでしょう。

Q シェアハウスは人間関係が複雑そうですが、住み続けられるか心配です。

A シェアハウスを舞台にしたバラエティー番組が放送されて以来、このような心配をする人も増えています。
しかし、シェアハウスに一緒に住んでいるからといって必ず仲良くなる必要はありません。
ご近所さんと同じ感覚で接しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は格安物件の探し方や注意点、さらにシェアハウスについてご紹介しました。
家賃が安いということは、大きな魅力のひとつです。
しかし、だからといってそれ以外のデメリットに目をつぶってしまうと、住みにくい家にがまんして住み続けることになります。
家賃が安いのはあくまでも条件のひとつと考え、それ以外のことにも目を向けて物件を探しましょう。