遺品整理・仕分けを楽にする! 知っておきたい準備方法と不用品処分ポイント

遺品整理で大変なのは、ものの仕分けでしょう。必要なもの・取っておきたいもの・処分したいもの・売りたいものなどを分ける作業や、不用品の分別・リサイクル方法などで悩みがちです。遺品の仕分けは、ポイントをおさえることで効率的に行うことができます。今回は仕分け方法について、詳しくご説明しましょう。

  1. 遺品を仕分けする前に考えること
  2. 仕分け前の準備方法
  3. 仕分けたものの処分方法
  4. 遺品整理をプロに依頼するには?
  5. 遺品整理・仕分けについてよくある質問

遺品の仕分け方や、遺品整理で困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.遺品を仕分けする前に考えること

まずは、遺品整理の仕分けについて作業を始める前に知っておきたいことをご紹介します。

1-1.遺品整理は仕分けが重要

遺品は、家具家電・服・雑貨類・各種ゴミなど、種類が多いでしょう。また、要・不要を分けるのも大変な作業です。しかし、先に仕分けをしっかりしておくことで、あとの作業が楽になります。具体的なポイントは次項以降をご参照ください。

1-2.遺品整理は大変

遺品整理の特徴として、以下のような困りごとがあるでしょう。

  • 量が多い
  • 種類が多い
  • ゴミの分別が面倒
  • 捨てられないものがある(思い入れがある・捨て方が分からない)
  • 期限が迫っている(退去日・家賃更新日など)
  • (実家などの場合)遠方のため何日も作業に行けない

そのため、遺品整理は仕分けの前に、だいたいの作業イメージを考えておくとスムーズです。

1-3.スケジュールを立てる

遺品整理をする際は、必ずスケジュールを立てましょう。期限がある場合はもちろんのこと、特に期限がなくても、放っておいて後回しにならないよう、しっかり予定を組んでください。スケジュールを立てる際は、ゴミの回収日や不用品回収業者の訪問日などを予定に組み入れましょう。

2.仕分け前の準備方法

次に、遺品を仕分ける際の準備作業などについて具体的にご紹介します。

2-1.遺品整理の際に用意するもの

遺品を仕分けする前に、以下のものを用意したり、調べたりしておくと便利でしょう。

  • 段ボール箱
  • ゴミ袋
  • 軍手
  • マスク・メガネ
  • 粗大ゴミの回収方法・回収日を調べておく
  • 回収業者などを調べておく
  • リサイクルショップの回収対象品目を調べておく

2-2.遺品の仕分け分類

遺品を仕分ける際は、手放すか保管するかの二択です。その中でも、さらに以下のように分類できます。

【手放すもの】

  • 捨てる
  • 売る
  • 回収してもらう

【保管するもの】

  • 形見分け(親族などに渡す)
  • 自分で持ち帰る
  • トランクルームなどに預ける

2-3.明らかなゴミは先に処分すると楽

仕分けずとも判断できるような明らかなゴミは、先に処分しておくと楽です。ものの量が少ないほうが、仕分け作業が簡単になるでしょう。ただし、大きな家具や家電は、まとめて回収を依頼したほうが安くなります。先に単品で回収を依頼すると、高くついてしまうことがあるので注意しましょう。

2-4.現金・証券・ほか貴重品をピックアップする

現金・証券・貴重品・貴金属など、絶対に保管するものは先にピックアップしておきましょう。仕分けの際になくすリスクを防げます。また、貴重品以外にも「これは絶対に取っておく」という思い出の品もピックアップしてOKです。ただし「なんとなく取っておきたいかも?」くらいのものは後回しにしてください。

3.仕分けたものの処分方法

遺品整理を行うと、大量の不用品が出てくるでしょう。そこで、不用品の処分方法について、捨てる・売る・回収を依頼する、などの方法をそれぞれご説明します。

3-1.捨てる

自治体のゴミ回収ルールに従って処分しましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、1点あたり500~2,000円程度の処分費用がかかります。申請は自治体のHPで行えますが、申請から回収日まで2週間前後(自治体によっては1か月)かかるので注意しましょう。

3-2.売る・リサイクルに出す

家具や家電など大きいもの、また売ればお金になるのでは? と思うものはなかなか捨てにくいでしょう。そこで、リサイクルショップに売ったり、ネットオークションなどに出品したりするという方法があります。じっくり売る時間がある方や、希少価値が高いものが多く出てきた場合には、売却を検討したほうがよいでしょう。

3-3.まとめて回収業者に依頼する

売るものと捨てるものを仕分けるのが面倒という場合は、仕分ける前にまとめて回収業者に依頼することができます。自分で仕分ける手間が省ける上、回収したものの中で買取可能なものがあれば買取価格が回収費用と相殺されるため経済的にもメリットが大きいでしょう。

4.遺品整理をプロに依頼するには?

次に、遺品整理や仕分けをプロに依頼する方法などをご紹介します。

4-1.遺品が多い・時間がない場合は遺品整理のプロに依頼しよう

以下のようなパターンに該当する場合は、遺品整理業者などプロに依頼することをおすすめします。

  • 退去日が迫っている
  • 遺品の数が多すぎる
  • ゴミ屋敷状態になってしまっている
  • 自分で仕分けることが難しい
  • 売れるものは多そうだが、買取に出すのが面倒
  • 遺品を自分で運搬できない

4-2.遺品整理をプロに依頼するメリットとは?

遺品整理をプロに依頼するメリットをご紹介します。

  • 作業がスピーディ
  • 遺品をまとめて持って行ってくれる
  • 買取可能な遺品があれば、まとめて買取してもらえる
  • ゴミ屋敷にも対応できる(業者による)

4-3.遺品整理の料金について

業者に遺品整理を依頼する際の料金相場をご説明します。

  • 1DK:約3万~10万円
  • 1LDK-2DK:約8万~20万円
  • 2LDK-3DKくらい:12万~25万円

遺品整理にかかる費用は、遺品の量や部屋の広さ、作業員の人数(早くしたければ増員・増額)によって決まります。より正確な額を知るために、いったん自宅まで見積もりに来てもらってもよいでしょう。

4-4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 地域に対応している
  • 遺品整理業務・買取業務を行っている
  • 無料見積もり・相談が依頼できる
  • 料金体系が分かりやすい

5.遺品整理・仕分けについてよくある質問

遺品整理や仕分けについて、よくある質問にお答えします。

Q.部屋がせまくて遺品の整理ができません
A.先に大物家具をまとめて処分すると、片付けるスペースを確保できます。処分する家具がある程度まとまったら、買取回収業者などに依頼するとよいでしょう。

Q.遺品の形見分けとはなんですか?
A.故人の貴重品や思い出の品などを、親族で分け合うことをいいます。高価なものが混ざっている・親族が多い場合は、トラブルにならないよう、弁護士も交えて行ったほうがよいこともあるでしょう。

Q.買取に出せる遺品とは?
A.まだ使える家具家電・ブランド品・書籍など、中古需要があるものは買取に出すことができます。買取業者によって、買取できる品目が異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

Q.業者によるゴミ屋敷の片付けや仕分けはどのように行うの?
A.まず不用品がどんどん外へ運びだされます。業者によっては、ひとまずまとめて回収し、分別は事業所などで行うというところもあるでしょう。現金・証書・貴重品類などは分けてもらえます。また、遺品整理業者を利用すれば、写真や手紙など個人の判断によるものも分けてもらえるので、大切なものを捨てる心配もなく安心です。

Q.悪質業者を避けるためのポイントは?
A.悪質業者には、以下のような特徴があります。なるべく利用しないように注意しましょう。

  • 料金が分かりにくい・口頭だけの提示
  • 営業資格(古物商許可など)がない
  • 地域を巡回している廃品回収車など

まとめ

遺品整理と仕分けについてご説明しました。遺品の処分には、お金や時間・手間がかかるものです。今回ご紹介した遺品の仕分け準備や整理方法を参考にすることで、より効率的に故人宅を片付けることができるでしょう。