風呂のつまりで困っている方へ! 原因・解消法・予防法を教えます!

「風呂の排水口の流れが悪い」など、風呂のつまりでお困りではないでしょうか。風呂は毎日使う場所であり、湿気や汚れがたまりやすくてつまりやすいのです。つまったままでは、雑菌やカビが繁殖して不潔なのですぐに解消しましょう。今回は、風呂のつまりについて、主な原因や解消法・予防法など詳しく解説します。

  1. 風呂のつまりについて
  2. 風呂のつまりの解消方法
  3. 風呂のつまりの予防方法
  4. 風呂のつまりに関するよくある質問

この記事を読むことで、風呂のつまりについてよく分かり、効率よく解消・予防できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.風呂のつまりについて

最初に、風呂のつまりの原因などを見ていきましょう。

1-1.風呂のつまりの原因は?

風呂のつまりの主な原因には、以下のようなものがあります。

1-1-1.髪の毛

風呂でシャンプーをするたび、大量の抜け毛が発生します。抜け毛は水に溶けないため、排水口に流れるとつまりの原因になるのです。特に、毛量が多い人や髪が長い人はつまりやすいので気をつけましょう。

1-1-2.石けんカス

石けんを使って体を洗うと、皮脂と混ざって石けんカスになります。石けんカスが排水管にこびりつくのも、つまりの大きな原因です。

1-1-3.皮脂・角質

入浴したときに流れた皮脂や角質が蓄積してつまることがあります。特に、浴槽内の排水口にたまりやすいので注意しましょう。何回も入浴して汚れた湯を使い続けることも避けてください。

1-1-4.固形物

固形物が誤って排水口に流れてしまうと、高確率でつまります。たとえば、シャンプーボトルのキャップ・入浴剤などの袋やカミソリの刃・ヘアゴムなどを流してしまう人が多いのです。

1-2.風呂でつまりやすい場所と主な症状

風呂の中でつまりが発生するのは、排水口や排水トラップ付近です。つまりを起こしたときの主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 水が流れにくい
  • 水が流れるときにボコボコと音がする
  • 異臭がする
  • 害虫(コバエやウジなど)が発生する
  • 水がまったく流れない
  • 水が逆流する

1-3.複数の場所でつまりを起こすこともある

複数の場所でつまりを起こすこともあります。たとえば、排水口付近の汚れを掃除して異物を取り除いてもつまりが起きるときは、排水管の内部などにも原因がある可能性が高いのです。原因がよく分からないからと放置すると完全につまり、水がまったく流れなくなり逆流することがあるので注意しましょう。風呂のつまりは、できるだけ早く原因を取り除くことが必要です。

2.風呂のつまりの解消方法

風呂のつまりの解消方法について詳しく解説します。

2-1.つまりの解消方法

風呂のつまりの解消方法を、原因別に解説しましょう。

2-1-1.ヌメリ・汚れなどの場合

風呂のつまりの原因が、ヌメリや汚れの場合、パイプクリーナーを使うことをおすすめします。排水口にパイプクリーナーを流し、30分程度放置してから水を流してみてください。つまりが解消していれば、スムーズに流れるはずです。ひどいつまりの場合は、何回かに分けて試してみてください。また、浴槽のつまりについては市販のラバーカップを使用することもできます。水をためた状態で、排水口にラバーカップを押し当てゆっくりと押してから勢いよく引いてください。何回か繰り返すとつまりが解消することがあります。

2-1-2.固形物が原因の場合

パイプクリーナーを使ってもつまりが解消しない場合や明らかに固形物を流した場合は、原因となっているものを取り除く必要があります。排水口近くにあるのなら、さいばしや針金などを利用して取り除くことも可能です。排水管まで流れてしまっている場合は、個人では対応できないので業者に依頼してください。

2-2.複数の洗剤を混ぜないこと

風呂のつまりを解消するために、洗剤を混ぜて使うことは絶対にやめてください。酸性と塩素系の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生し、最悪の場合死に至ることもあります。洗剤は、使用説明をよく読み、換気をよくしてから単体で使いましょう。なお、洗剤を使用中に臭いや成分の影響で気分や体調が悪くなったら無理をせず、掃除を中止して風とおしのいい場所に移動し、十分に休憩してください。症状が改善しないときは、病院を受診しましょう。

2-3.こんなときはプロに依頼しよう

自分でつまりを解消しようとして失敗した・つまりの原因がよく分からない・つまりが頻繁に発生するなどの場合は、プロに依頼しましょう。水回りの修理業者に依頼すれば、つまりの原因を突き止め、適切な処置によって解消してくれます。まずは、業者に連絡し、現場視察してもらいましょう。その後、見積もりをもらって正式に依頼するか検討してください。

3.風呂のつまりの予防方法

風呂のつまりの予防方法を詳しく解説します。

3-1.日常的な掃除の方法

風呂のつまりを予防するためには、以下の方法を参考に掃除してください。

  1. 排水口をチェックし髪の毛などの固形物を取り除いておく
  2. 排水口のふたを開け、洗剤を流し込んでブラシでこする
  3. 水で洗剤成分をよく流す
  4. 水分をふき取り、乾燥させて完了

掃除後に乾燥させることで、カビや雑菌の繁殖を抑え、ヌメリを発生しにくくすることができます。

3-2.定期的に排水管内を掃除しよう

定期的に排水管内を掃除することも大切です。まずは、以下の方法を試してみてください。

  • 50℃程度までのお湯を大量に流す
  • パイプクリーナーを使用する
  • 排水管クリーナーを定期的に使う
  • 大掃除のときに強アルカリ性のパイプクリーナー(ピーピースルーなど)を使う

また、業者に排水管掃除をしてもらうのもいいでしょう。定期的に排水管掃除をすることで、ひどいつまりが発生しにくくなります。

3-3.異物を流さないように注意

異物を流さないように注意してください。排水口にカバーをつけることで、異物が流れるのを防ぐことができます。また、排水口を開けたままにしないようにすることも大切です。排水口の掃除中に流れてしまうことも多いので気をつけましょう。

4.風呂のつまりに関するよくある質問

最後に、風呂のつまりに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.毎日風呂掃除をすればつまらない?
A.つまりにくくなるのは事実です。ただし、毎日掃除をしても徐々に汚れがたまるのは避けることができません。また、うっかり固形物を流してしまえばつまりは発生します。

Q.風呂がつまった部分を素手でふれても大丈夫?
A.できればゴム手袋をしてからをおすすめします。風呂がつまった部分には、雑菌やカビが大量に発生しているため不衛生です。また、つまりの原因が固形物だった場合は、思わぬケガの原因になります。

Q.何回もつまりを直しても頻発する理由は?
A.見えない部分でひどいつまりが発生しており、通常の対応では解消しきれていないことが考えられます。業者に相談してつまりの現認を探り、解消してもらいましょう。なお、排水管の寿命(15年以上)を越えている場合、交換が必要になることがあります。

Q.入浴剤が浴槽のつまりの原因になる場合は?
A.市販の入浴剤には、溶けるとおもちゃやマスコットが出てくるものがあります。小さなおもちゃやマスコットは排水口に流れてつまりやすいので注意しましょう。また、手作りの入浴剤で、ドライフラワーなどを入れたことが原因でつまることもあります。入浴剤の成分によっては、つまりを起こしやすいものもあるので、必要量以上を使わないことも大切です。

Q.業者に風呂のつまりを直してもらう場合の費用は?
A.つまりの原因と場所によります。排水口付近で、簡単に解消できる場合は数千円程度~可能です。排水管内部に原因があり、詳しい調査や排水管の分解が必要になると数万円以上かかることもあります。詳しくは、業者から見積もりをもらって確認してください。

まとめ

今回は、風呂のつまりについて詳しく解説しました。風呂の排水口には、石けんカスや皮脂汚れ・髪の毛などがたまってつまりを起こすことがあります。まずは、排水口をキレイに掃除してみてください。完全につまっていて水が流れないときは、パイプ洗浄剤を使用してみましょう。なお、排水口にヘアクリップなどの異物を流してしまった場合は、業者に依頼して除去してください。つまりを解消した後は、こまめに掃除をし予防することも大切です。