衣類の収納で困っている方へ~衣類を処分する基準や捨てるコツ~

いつの間にか増えてしまう「衣類」はこまめに整理していかなければなりません。
特に、衣類を買う回数が多い人は要注意です。
収納できるスペースを越えてしまい、ごちゃごちゃになるでしょう。
大切な衣類に穴があく、糸がほつれるなどトラブルが起こります。
大切に保管するためにも衣類を処分してください。
これから、衣類を捨てる際の判断基準やどうしても捨てることができないときの対処法、衣類の処分方法について説明します。
大量にある衣類の収納に困っている人はぜひチェックしてくださいね。

1.衣類を捨てる際の判断基準

「すべて持っておきたい」と思いますが、使っていない衣類は処分しなければなりません。
次々と処分しなければすぐに新しい衣類でいっぱいになります。
キレイな部屋を維持するためにも‟衣類を捨てる際の判断基準について説明しましょう。

1‐1.1年以上着ていない衣類は捨てる

1つの‟判断基準”として、「1年以上着ていない衣類」は捨ててください。
なぜなら、1年以上着ていない衣類はこれから先も着ることはありません。
「いつか着るために捨てないでおこう」と思いますが、収納スペースの無駄づかいになります。
ほとんどの人が1年以上着ていない衣類は使いません。
使わない衣類をそのまま保管していても意味がないので思いきって捨ててしまいましょう。
捨てるかどうか迷ったときは「前回いつ着たのか」考えてくださいね。
収納スペースに隙間ができるほど、衣類の数を減らしていかなければなりませんよ。

1‐2.似ている衣類は捨てる

今持っている衣類をすべて1か所に集めてください。
1か所に集めることで自分がどのくらいの衣類を持っているのか把握できます。
衣類をスムーズに片づけるには「量」をきちんと把握しなければなりませんよ。
そして、似ている衣類に仕わけてください。
いつの間にか衣類の量が増えている人ほど、似たような衣類を購入しているものです。
また、人それぞれ衣類の好みがあるでしょう。好みのデザインや色など似ている衣類はどちらか一方を捨ててください。
お気に入りでも数を減らしていかなければ収納できません。
収納スペースがたくさんあれば良いでしょう。しかし、これから先も衣類の数は増えていきます。
そのため、整理する機会で似ている衣類を捨てるチャンスなのです。チャンスを逃さないでくださいね。

1‐3.サイズが合わない衣類を捨てる

ダイエットや太っていた時期があると、今の体型に合わない衣類もあるでしょう。
サイズが合わない衣類はすべて捨ててください。
いつか着る機会がある…と思っていてはキリがありません。
1・2シーズンでは体型も変わらないものです。
ずっと持っていても着る機会のない衣類は処分したほうが効率的にないますよ。
大切なのは「今着ることができるかどうか」です。
今着ることができないサイズの衣類はすべて捨てていきましょう。
そして、ときめかない、古いデザインの衣類も捨ててください。
以上のように、収納で困っている人は量を減らしていかなければなりませんよ。

2.どうしても捨てることができないときの対処法

2‐1.考え方を変える、袋詰めにして玄関に置く

衣類の中にはもらいものや思い出が詰まっている大切なものもあるでしょう。
「いつか処分しなければ…」と思いつつもなかなか捨てることができません。
そこで、おすすめしたい対処法が「考え方を変える」ことです。
「もったいないから」「もらいものだから」と捨てきれない衣類があります。
しかし、そのまま保管していても着なければ衣類に対して失礼です。衣類は着るために存在しているものだと考えてください。
せっかく衣類を持っているのに着なければ意味がありませんよね。
また、「袋詰めにして玄関に置く」方法もおすすめです。
捨てることができない衣類はとりあえず1つの袋に詰めてください。
そして、玄関先に置いておけば処分しやすくなります。つまり、冷静な気持ちで処分できるのです。
以上2つの対処法をぜひ試してみてくださいね。

2‐2.友人や家族に手伝ってもらう

自分ではどうしても捨てることができないとき、家族や友人に手伝ってもらいましょう。
自分1人で整理をすると自己判断になってしまいます。
保管したい衣類が多く、捨てる勇気が持てません。
しかし、家族や友人と一緒に整理をしていけば客観的なアドバイスがもらえるのです。「古いデザインだから着る機会ないと思うよ」「必要ないよ」など、捨てるきっかけがもらえるでしょう。
なかなか捨てることができない人は‟きっかけ”が大切なのです。きっかけさえあれば楽な気持ちで処分できます。
さらに、衣類の量が多ければ多いほど1人では時間がかかるでしょう。
数人で片づけていけば時間短縮にもつながるので一石二鳥です。効率的に整理整頓ができますよ。

3.衣類の処分方法

3‐1.不用品回収業者に依頼する

収納スペースに入る程度まで衣類を減らします。
そして、必要ない衣類はすべて処分しなければなりません。
ほとんどの人が悩むのは「衣類の処分方法」です。
たくさんの衣類を処分する場合、燃えるゴミでは近所迷惑になってしまいます。
そのため、最も効率的なのは‟不用品回収業者”です。
不用品回収業者のほとんどは衣類の回収を受けつけています。
大量の衣類でも1度にすべて回収してくれるため、とても効率的です。
また、不用品回収業者の中には「買い取り」をしているところもあります。
まだ使える衣類は買い取りを利用してください。処分費用が少なくなると同時に、買い取りでお金を得ることができます。
ぜひ近くの不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

3‐2.リサイクルショップやフリーマーケットで売る

まだ使える衣類は処分ではなく「売る」方向ですすめていきましょう。
使えるのに処分するのは非常にもったいないです。
リサイクルショップやフリーマーケットなどで売ったほうが効率よく処分できます。
ただし、傷んでいる、穴があいている、汚れているような衣類は買い取ってもらえません。
目立つ汚れや傷がない限り、リサイクルショップは買い取ってくれるでしょう。
低い値段でも売りたい人はフリーマーケット、またはインターネットのオークションで売ってください。
ブランドものはオークションでも高値がつきやすいです。
今では衣類専用のオークション・フリーマーケットアプリもあります。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

衣類を捨てる際の判断基準やどうしても捨てることができないときの対処法、衣類の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
収納スペースに余裕ができるほど衣類の数を減らさなければなりません。
シーズンごとに流行しているデザインや色があるので、流行(りゅうこう)遅れの衣類は捨てていきましょう。
衣類はこれから先も増えるものです。
新しい衣類を購入したら1枚古い衣類を捨てるサイクルをぜひ活用してください。

  • 1年以上着ていない衣類は捨てる
  • 似ている衣類はどちらか処分する
  • サイズが合わない衣類を捨てる
  • 考え方を変える、袋詰めにして玄関に置く
  • 友人や家族に手伝ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップやフリーマーケットで売る

以上のポイントを踏まえながら上手に整理していきましょう。
しっかり判断基準を持っておけば、収納スペースに入る程度の量まで減らすことができますよ。