コーヒーメーカーは買取に出してお得に処分!おすすめの買取方法は?

不要になったコーヒーメーカーを買取に出してみてはいかがでしょうか。「使わなくなった」「もっと高性能なものに買い替えたい」などの理由でコーヒーメーカーが不要になったとき、処分方法に悩む人は多いと思います。メーカーやモデルによっては高く売れるものもあるのです。この記事では、不要になったコーヒーメーカーの買取金額相場や買取方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. コーヒーメーカーの買取について
  2. コーヒーメーカーを買取に出す前にしておくべきこと
  3. コーヒーメーカーの買取方法
  4. コーヒーメーカーの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、コーヒーメーカーの買取について詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.コーヒーメーカーの買取について

まずは、コーヒーメーカーの種類や人気のブランド、買取金額相場などをご紹介しましょう。

1-1.コーヒーメーカーの種類は大きく分けて3つ

コーヒーメーカーには、大きく分けて以下の3種類があります。

  • ドリップ式コーヒーメーカー:コーヒー豆や粉コーヒーをセットしてドリップするタイプ
  • カプセル式コーヒーメーカー:専用のカプセルから抽出してコーヒーを作るタイプ
  • エスプレッソマシン:エスプレッソコーヒーの抽出に特化したタイプ

特にエスプレッソマシンはもともとの価格が高いものが多いため、中古市場でも人気があり、高値で買取してもらえる可能性が高いでしょう。

1-2.コーヒーメーカーは買取してもらえる!

比較的状態のよいコーヒーメーカーであれば、買取の対象になる可能性があります。特に、人気メーカーの高性能なモデルのものなどは、50,000円以上で買い取ってもらえるケースもあるのです。廃棄する前に状態を確認し、問題がなければ買取に出してみることをおすすめします。

1-3.高額買取してもらえる人気のコーヒーメーカーとは?

特に高額買取の可能性があるのは、「デロンギ」や「ネスレ」「サエコ」「クイジナート」など有名メーカーのコーヒーメーカーです。特に「デロンギ」は世界的にも有名な家電メーカーで、コーヒーメーカーの人気も非常に高くなっています。1台でさまざまな種類のコーヒーを楽しむことができる全自動タイプは、特に高価買取が期待できるモデルです。

1-4.買取金額の相場は3,000~80,000円

コーヒーメーカーの買取金額相場は3,000~80,000円と幅があるのが特徴です。メーカーや性能によって差が出るのはもちろんのこと、買取先によっても査定基準に違いがあるため、慎重に選んだ上で依頼することをおすすめします。

2.コーヒーメーカーを買取に出す前にしておくべきこと

コーヒーメーカーを少しでも高く売るために、買取に出す前にしておくべきことをご紹介します。

2-1.できるだけきれいな状態にしておく

コーヒーメーカーをきれいに掃除し、できるだけ新品の状態に近づけておきましょう。洗浄方法はメーカーや機種によって異なるため、コーヒーメーカーの説明書をしっかり確認してください。内部までしっかり洗ってきれいにしておくと、査定額が大きくアップする可能性があります。

2-2.付属品はすべてそろえる

説明書や保証書、コード類、外箱など、付属品はすべてそろえてから買取に出すようにしましょう。付属品の有無は査定額に大きく影響します。説明書を確認するなどしてどんなものが付属されていたか確認してください。

3.コーヒーメーカーの買取方法

コーヒーメーカーを買取に出す方法やそれぞれのメリット・デメリット、注意点などをまとめました。

3-1.コーヒーメーカーの買取をしてくれるところとは?

コーヒーメーカーの買取先としてまず思いつくのが、リサイクルショップでしょう。家電の買取を強化しているショップを利用すれば、高価買取の可能性もあります。そのほかにも、買取も受け付けている不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で引き取ってくれるため、いずれにしてもコーヒーメーカーを確実に処分できます。

3-2.買取方法は「持ち込み」「宅配」「出張」の3つ

買取方法は主に「持ち込み」「宅配」「出張」の3つがあり、ショップや業者によっては好きな方法を選択することも可能です。それぞれのメリットとデメリットを把握して選びましょう。

3-2-1.持ち込み買取

直接ショップや業者に不用品を持って行く「持ち込み買取」には、その場で査定・現金化できるというメリットがあります。また、目の前で査定してもらえるため、場合によっては金額交渉も可能でしょう。その反面、買取不可になった場合は再び持ち帰らなければならないというデメリットがあります。重量のあるコーヒーメーカーだと、持ち込むのも大変な分、デメリットも大きく感じることになるでしょう。

3-2-2.宅配買取

「宅配買取」はダンボールに詰めて送るだけなので、忙しくて店頭に行けないという人におすすめです。また、「車がないので自分で持ち込むのは難しい」「業者を家に呼ぶのは抵抗がある」という人も、宅配買取を利用すれば安心でしょう。ただし、査定金額に納得がいかなかった場合、返送費用は利用者が負担するケースがほとんどです。また、買取が成立しても実際にお金が振り込まれるまで数日かかる点も、デメリットに感じる人が多いでしょう。

3-2-3.出張買取

「出張買取」では、希望した日時に直接自宅まで買取に来てもらえます。コーヒーメーカー以外にも買取を依頼したいものが大量にある場合や、大型の不用品を買取に出したい場合などは大変便利です。その反面、出張費がかかる場合があること、査定金額に納得がいかなくても断りにくいことなどのデメリットがあります。

3-3.ネットオークションに出品する場合

自分でコーヒーメーカーを売る場合、ネットオークションを利用する方法があります。ネットオークションでは出品者が自由に出品価格を決められるため、うまくいけば希望価格でコーヒーメーカーを売ることができるでしょう。ただし、もちろん買い手がつかない可能性も十分にあり、売れるまでコーヒーメーカーを手元に置いておかなければなりません。急いで買取に出したい人にはおすすめの方法といえないでしょう。また、ネット上に商品をアップしたり、商品をこん包・発送したりする手間がかかる点もデメリットになります。

3-4.話題のフリマサイトを利用する方法も

フリマサイトとは、インターネット上でやり取りを行うフリーマーケットのことです。ネットオークションと違って個人と個人の間に運営側が介入するため、トラブルが起こる心配も少なくて済むでしょう。しかし、出品や発送などの手間がかかる点ではネットオークションと同様であり、コーヒーメーカーのような家電製品はよほど状態のよいものでないと売れにくい傾向にあります。未使用のものやほとんど使用していないコーヒーメーカーの場合は、フリマサイトの利用を検討してみるとよいでしょう。

4.コーヒーメーカーの買取に関するよくある質問

「コーヒーメーカーを買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.コーヒーメーカーの寿命は何年くらいですか?
A.一般的には5年程度といわれています。もちろん使用頻度や使い方によっても変わってくるため、劣化のサインを見逃さないようにすることが大切です。

Q.コーヒーメーカーの寿命が近づくと、どのような症状が現れやすくなりますか?
A.できあがったコーヒーがぬるい、電源が入らなくなる、異音がするなどの症状が頻繁に現れるようになったら、寿命が近いサインと考えましょう。

Q.コーヒーメーカーは何ゴミになりますか?
A.指定のゴミ袋に入るサイズであれば、不燃ゴミとして回収している自治体がほとんどです。大きさによっては粗大ゴミまたは小型家電として回収する自治体もあるため、ホームページなどで確認しておきましょう。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントは何ですか?
A.一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得て営業しているか、必ず確認してください。そのほかにも、豊富な実績があるか、無料見積もりを受け付けているか、対応が親切かどうかなどもチェックして選びましょう。

Q.悪質な不用品回収業者もいると聞きましたが、本当でしょうか?
A.残念ながら本当です。必要な許可を持たずに営業している違法業者もいるため、トラブルに巻き込まれないよう十分注意して業者選びを行ってください。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったコーヒーメーカーを買取に出す方法や注意点などをまとめてご紹介しました。コーヒーメーカーのような家電製品は、買取に出すタイミングが早ければ早いほど高価買取の可能性が高くなります。手放すことを考えたら、できるだけ早く買取に出すようにしましょう。ぜひこの記事を参考にして、不要なコーヒーメーカーをお得に処分してください。