カラーボックス収納でスッキリ! おすすめのアイデアを教えます!

カラーボックスを収納に活用している人は多いですよね。カラーボックスは安価でさまざまなタイプがあるので、アイデアしだいで自由にアレンジできます。しかし、「どんな収納方法があるのか知りたい」「スッキリ収納するコツが分からない」などとお悩みではないでしょうか。そこで、今回は、カラーボックス収納について詳しく解説します。

  1. カラーボックス収納はなぜ人気?
  2. カラーボックス収納のポイントは?
  3. カラーボックス収納の場所別活用方法
  4. カラーボックス収納の注意点
  5. カラーボックス収納でよくある質問

この記事を読むことで、カラーボックス収納についてよく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.カラーボックス収納はなぜ人気?

最初に、カラーボックス収納が人気の理由を解説します。

1-1.カラーボックスとは?

カラーボックスの主な素材・サイズ・売っている場所を見ていきましょう。

1-1-1.素材

カラーボックスの主な素材は、天然木・合板・集積材(木の細かな破片などを圧縮して作られたもの)・パルプボード材(紙を圧縮して板状にしたもの)です。軽量でシンプルなデザインのものが多いでしょう。

1-1-2.サイズ

カラーボックスには、さまざまなサイズがあります。置き場所や収納方法に合わせたサイズを選びましょう。代表的なものが以下のサイズです。

  • 幅:30~90cm程度
  • 段数:1~4段程度

棚の位置を調整し、段数を増減できるものもあります。

1-1-3.どこで売っている?

カラーボックスは、主に以下のようなところで売られています。

  • 家具専門店
  • ホームセンター
  • 雑貨店
  • インテリアショップ
  • インターネット

1-2.カラーボックスが便利な理由

カラーボックスが収納に便利な理由は、主に以下のとおりです。

  • シンプルな構造
  • サイズが豊富
  • アイデアしだいでアレンジしやすい
  • コストパフォーマンスに優れている

2.カラーボックス収納のポイントは?

カラーボックス収納のポイントを詳しく解説するので参考にしてください。

2-1.カラーボックスの置き方

カラーボックスの置き方で主なものを解説します。

2-1-1.縦にして並べる

カラーボックスを縦にして並べる方法です。上下の空間を多く使うことができるため、たくさん収納したい場合に向きます。ただし、安定感に欠けるため、災害時などのことを考え、転倒防止対策をきちんと行うことが必要です。小さな子どもやペットがいる場合は、特に対策をきちんとしておきましょう。

2-1-2.横にして並べる

カラーボックスを横にして並べることで、転倒のリスクを抑えることができ、安定感のある収納ができます。背の高いカラーボックスを縦に並べて不安が残るときにも試してみましょう。横にしたカラーボックスを上下に重ねることも可能ですが、不安定になりやすいのでおすすめできません。なお、縦に並べるよりも多くの面積が必要なため、部屋の広さに余裕がある・窓際や壁際に置くなどの場合に向くでしょう。

2-1-3.サイズ違いを組み合わせる

異なるサイズのカラーボックスを組み合わせることもできます。ポイントは、カラーボックスの高さをそろえることです。高さが同じで幅が違うカラーボックスを並べると、スッキリ見せながらも収納物の大きさや高さなどに合わせて収納しやすくなります。また、高さをそろえることで、カラーボックスの上部を一枚続きの棚として活用することも可能です。あえて高さの違うカラーボックスを並べ、高低差で生まれた空間を活用することもできます。

2-2.隠す収納のポイント

カラーボックス収納は、ゴチャゴチャして見えるというデメリットがあります。スッキリ収納したいときは、以下の方法を試してみてください。

2-2-1.扉つきのものを選ぶ

カラーボックスでも、扉つきのものを選ぶと中身が見えずに済みます。特に見せる必要がないもの・見せたくないものの収納におすすめです。なお、既存のカラーボックスに後づけできる扉パーツもあるので活用するといいでしょう。

2-2-2.箱やカゴを利用する

カラーボックスと箱やカゴを組み合わせると、ゴチャゴチャ感が少なくなります。たとえば、タオルや本・アルバムなど、同じものをひとつにまとめて入れておくといいでしょう。カラーボックスのサイズに合わせて箱やカゴを選ぶことで、隠しながらもセンスのいい収納が完成します。

2-2-3.布で目隠しする

カラーボックスの上部から布をたらし、目隠しする方法もあります。カラーボックスの中身を簡単に隠すことができ、通気性も確保できる方法です。布の色や柄をインテリアとマッチしたものにするといいでしょう。

2-3.見せる収納では方針を決めておこう

カラーボックスを利用して見せる収納をするときは、自分なりの方針を決めておくといいでしょう。全体に統一感を出したいのなら、収納物の大きさや色・置き方をそろえることをおすすめします。多少ゴチャゴチャしても構わないのなら、自分のすきなものを前面に並べていつでも目に見えるような配置にするといいでしょう。自分が納得できるまで、やり直してみてください。

2-4.リメイクやDIYにも挑戦しよう

カラーボックスは、リメイクやDIYでより活用度が高まります。

2-4-1.マスキングテープで思いどおりの色・デザインに

市販のマスキングテープを使うと、シンプルなカラーボックスを思いどおりの色や柄に簡単にリメイクできます。しかも、マスキングテープはペイントと異なり、貼った後でもやり直しができる点が大きなメリットです。模様替えも楽にできるので、リメイク初心者の人にもおすすめします。

2-4-2.カラーボックスをDIYで補強する

カラーボックスを並べて上部に一枚板を打ちつければ、カウンターやベンチとして利用することもできます。カラーボックスは、もともと収納を目的として作られているため、重いものが上に乗るのは想定外です。そのため、板を打ちつけて補強することが必要となります。しっかり補強できれば安全に使用できるでしょう。ただし、上に乗って飛びはねることはやめてください。必要以上の負荷がかかるため、壊れやすくなります。

3.カラーボックス収納の場所別活用方法

カラーボックス収納の活用方法を主な場所別に解説します。

3-1.キッチン

キッチンでは、食器や食材の収納にカラーボックスを使うと重宝します。スペースが狭くて食器棚が置けない場合でも、カラーボックスを組み合わせることで解決できるでしょう。また、以下のような活用方法もおすすめです。

  • 既存のカウンター下にカラーボックスを使って収納できるようにする
  • カラーボックスを並べてキッチンとリビングを仕切り、カウンターのように使う

3-2.リビング

リビングでは、本や子どものおもちゃなどがゴチャゴチャしがちです。リビングのインテリアや雰囲気に合ったカラーボックスを利用して、シンプルかつ統一感のある収納を目指しましょう。おもちゃの収納には、カゴや箱の併用をおすすめします。また、カラーボックスを横に並べ、上部を補強してベンチにも利用できるようにするのも子どもが喜び、おすすめの方法です。壁に沿って並べれば、狭く感じることもありません。

3-3.子ども部屋

カラーボックスを子ども部屋に使うときは、子どもでも簡単に収納できる方法を考えましょう。たとえば、カラーボックスに箱やカゴを組み合わせて「入れるだけ」の収納にする・カラーボックスごとに収納するものを決めるなどがおすすめです。色やデザインは、子どもの好みを優先するといいでしょう。

3-4.押し入れ・クローゼット

押し入れやクローゼットには、キャスターつきのカラーボックスを利用するといいでしょう。使用頻度が少ないものや・季節ものを収納しても、必要なときにサッと取り出すことができて便利です。なお、押し入れやクローゼットの空間を活用するためにも、サイズ感も無視できません。面倒がらず、サイズをきちんと測ってから購入しましょう。

4.カラーボックス収納の注意点  

カラーボックス収納の注意点を詳しく解説します。

4-1.カラーボックス収納に向いていないものは?

カラーボックス収納では、以下のようなものは向いていません。無理をして収納するとカラーボックスが破損する・カビが生えるなどの原因になるのでやめましょう。

  • 重すぎるもの(図鑑などの大型本など)
  • 湿気やカビに弱いもの
  • 水分が出る可能性があるもの(生鮮食品類など)

4-2.カラーボックス収納は湿気対策が必要

カラーボックス収納は、湿気に弱い点がデメリットです。そのため、水回りに近い場所や湿気がこもりやすいクローゼットでの使用はカビの発生に注意してください。除湿剤を使う・すのこを敷くなど、除湿対策をきちんと行いましょう。万が一カビが発生したときは、早めに交換してください。収納物にカビが移る可能性があります。

4-3.収納以外の目的を伴う場合は強度が大切

カラーボックスを収納以外の目的で活用するときは、強度を確保することが大切です。カラーボックスは、重たいものを乗せると壊れやすくなります。たとえば、カウンターやベンチ・ベッドなどに転用するときは、補強板を使うなどの工夫が必要です。せっかくカラーボックスをDIYで活用できても、強度が確保できないとすぐに壊れるだけでなく、破損したものでケガをすることもあります。安全に使うためにも、十分な強度を確保するようにしてください。

5.カラーボックス収納でよくある質問

最後に、カラーボックス収納でよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.カラーボックスの転倒対策は?
A.地震などの災害時にカラーボックスの転倒を防止するためには、以下の対策を参考にしてください。

  • 壁に転倒防止金具を取りつけてカラーボックスを固定する
  • 滑りどめシートを敷いてからカラーボックスを置く
  • 横置きに使い、上に重ねないようにする

また、重さのあるものを下段に収納すると安定感が増すのでおすすめです。

Q.カラーボックスの臭いが気になるのですが?
A.使い始めは、塗料の臭いなどが気になることがあります。十分に換気する・消臭剤を置くなどして対応しましょう。なお、通常は時間の経過と共に徐々に消失するので安心してください。

Q.カラーボックスの寿命は何年程度ですか?
A.カラーボックスは、少なくとも10年程度は使い回すことができます。経年変化により素材表面が劣化しても十分な強度があれば、ペイントやマスキングテープなどでリメイクも可能です。ただし、カビなどが発生したものは、衛生面の問題から、廃棄したほうがいいでしょう。

Q.子どもでも収納しやすいカラーボックスの配置は?
A.目線より下になるように、配置するといいでしょう。子どもの目線の低さに合わせることで、どこに何をしまうべきか分かりやすく、片付けも楽にできます。転倒防止の点からも、横置きするか、高さが低いものを選ぶといいでしょう。

Q.カラーボックスを3つ積み上げて使うことはできる?
A.可能ですが、安定性に欠けます、カラーボックスは積み上げることを前提に作られていないものがほとんどであり、2段が限度でしょう。仮に3段積み上げることができても、不安定な状態で使うことになるのでやめましょう。ものの出し入れの際にカラーボックスがずれて、落下・転倒するリスクが高すぎます。

まとめ

今回は、カラーボックス収納について詳しく解説しました。カラーボックスは収納で悩む人にとって、心強い味方です。さまざまな色・デザイン・素材・幅・段数があるので、いろいろと探してみるといいでしょう。中でもアレンジしやすいのは、ごくシンプルなタイプです。箱やカゴを組み合わせる・キャスターをつける・上部を補強して連結するなど、アイデアしだいで活用方法は無限にあります。この記事も参考にし、カラーボックス収納にチャレンジしてみてください。