夏暑い、冬寒い家の特徴とは?快適な住空間にするための方法をご紹介!

人にとって「家」はとても大切なものです。
快適な家でないと生活しづらくなってしまうでしょう。
最近は、「断熱リフォーム」を導入する家庭が増えてきました。
夏暑い、冬寒い家の特徴や快適な住空間にするための方法、断熱リフォームをする際の注意点について詳しく説明します。
断熱リフォームを考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

1.夏暑い、冬寒い家の特徴

昔から日本の家は「夏暑い、冬寒い」のが特徴だと言われてきました。
なぜ日本の家は夏暑い、冬寒い特徴を持っているのでしょうか。
断熱リフォームをする前に必ず確認してください。

1‐1.外部からの熱が室内に入りやすい

一軒家にすると「夏暑い、冬寒い」と言うイメージを持っている人は多いです。
なぜ、日本の家は夏暑い、冬寒い特徴を持っているのでしょうか。
さまざまな特徴はありますが、1つは‟外部からの熱が入りやすくなっている”からです。
近年、地球温暖化の影響で気温が上昇しています。夏になると40℃を超える地域まで出てきました。
照っている太陽の熱が家の中に侵入することで、家全体が暑くなってしまうのです。
1日中太陽の熱にあたっていると、室内の温度も高くなります。
よって、外部からくる熱の影響で夏暑いと感じるのです。
夏を快適に過ごすためには、外部の熱をしっかり防がなければなりません。

1‐2.室内の熱がそとに逃げやすい

夏暑い、冬寒い特徴を持っている家は‟室内の熱がそとに逃げやすい”デメリットも挙がっています。
外部からの熱も侵入しやすく、室内にたまった熱もそとに逃がしてしまうのです。
よって、冬寒い家になってしまいます。
せっかく、ストーブやエアコンで室内の空気を暖めたのにそとに逃げていってしまっては意味がありませんよね。
再び寒い部屋になってしまい、電気代や灯油代も余計にかかってしまいます。
非常に効率の悪い家になるのです。
また、いくら室内を暖めたとしても床が冷たければ体感温度が低くなります。
足から伝わる冷気はとても強い刺激になるのです。

1‐3.家全体の室温がばらばら

「快適な家」と言うものは家全体の室温が一定です。
すべての部屋が同じ温度を保っています。
たとえば、あなたがリビングから自分の部屋に移動したとき、廊下が寒いと移動したくありませんよね。
いきなり温度が違う場所にいくと体にも大きな負担をかけてしまいます。
「ヒートショック」と言う現象が起こるので気をつけなければなりません。
しかし、快適な家は家全体の温度を保っているため、ヒートショックを起こさない環境づくりができています。
今現在、家全体の室温がばらばらになっているところは注意が必要です。
部分的にしか温めることができない家は「夏暑く、冬寒い」特徴を持っています。
今、自分が住んでいる家はどのような環境になっているのか、改めて見直してみましょう。
そして、どのような欠点があるのか明確にすることが大切ですよ。

2.快適な住空間にするための工夫

2‐1.「断熱化」と「気密化」

「夏暑い、冬寒い」特徴を持っている家を快適な住空間にする工夫はいくつかあります。
中でも「断熱化」と「気密化」の2点に注目してください。
外部からの影響を受けないため、建物全体に「断熱材」を利用しなければなりません。断熱化は「断熱材」を利用する施工方法になります。
詳しい内容は業者によって異なりますが、外壁の内・そと側に断熱材を導入するのです。
外部からの影響はもちろん、中にある熱も逃がさないようにしてくれますよ。
そして、「気密化」は家の継ぎ目にあたる部分をできるだけなくす施工方法です。
密度が高くなければ、そとから冷たい風が家の中に入ってきてしまいます。
また、中にある暖かい空気も逃がしてしまうのです。
壁や床、コンセントの取りつけ場所など隙間ができやすいところを気密化していきましょう。

2‐2.熱交換換気システムを導入する

快適な住空間にするためには、まず自分が住んでいる土地の気候や風の向きを把握する必要があります。
そして、「熱交換換気システム」を上手に導入しましょう。
熱交換換気システムは冷暖房の使用を少なくするタイプの換気システムです。
たとえば、「パッシブハウス」が熱交換換気システムを導入しています。
パッシブハウスは超高気密高断熱を誇っている家のつくりです。
新鮮な空気を取り入れながら、室内の熱をそとに逃がさない仕組みになっています。
熱交換換気システムによって、高い熱交換率を誇り省電力が可能なのです。
2003年の建築基準法では、24時間換気システムの設置を新築住宅に義務づけました。よって、新鮮な空気を取り入れにくくなったのです。
新鮮な空気を室内に取り入れつつ、快適な住空間になる「熱交換換気システム」に注目してみてはいかがでしょうか。

3.断熱リフォームの注意点

3‐1.「断熱」ばかりに注目してはいけない

実際に断熱リフォームを実施した家の中には失敗を招いたところもあります。
なぜ失敗したのかと言うと、「断熱」ばかりに注目してしまったからです。
確かに、快適な住空間にするためには「断熱」が必要不可欠な要素になります。
しかし、断熱ばかりに注目してしまうと大きな落とし穴に引っかかってしまうのです。新鮮な空気を室内に取り入れることができなくなってしまいます。
そして、ハウスダストやアレルギー症状になるのです。
断熱リフォームをする際は、「断熱」のほかにも「気密」と「換気」の2つに注目しなければなりません。
1つのことばかり気にしては、逆に生活しづらい家になってしまいます。
「断熱」、「気密」、「換気」と全体的に考えながら快適な住空間にしていきましょう。

3‐2.信頼できる業者に依頼する

断熱リフォームをするとき、業者に依頼するでしょう。
断熱リフォームを受けつけている業者はたくさんあります。
特に、業者選びには注意しなければなりません。
断熱リフォームに関して詳しくない一般人は、手抜きしやすい傾向があります。
断熱材を正しい方法で使っていない、手抜き工事をしていたなど、さまざまなトラブルが起きているのです。
できれば、断熱リフォームの実績がある業者に依頼しましょう。
業者によって施工方法も異なるため、依頼する前に必ず施工方法や内容を確認してくださいね。
そして、「見積もり」も大切なポイントになります。
見積もりに納得いかない場合は、業者からの説明を受けてください。
きちんと納得したうえで依頼しましょう。

4.まとめ

夏暑い、冬寒い家の特徴や快適な住空間にするための工夫、断熱リフォームの注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
少しでも知識を身につけておけば、安心して業者に依頼できます。
断熱リフォームをして快適な住空間にするためにも、最低限の知識を身につけておきましょう。

  • 外部からの熱が室内に侵入しやすい
  • 室内の熱がそとに逃げやすい
  • 家全体の室温がばらばら
  • 「断熱化」と「気密化」
  • 熱交換換気システムを導入する
  • 「断熱」ばかりに注目してはいけない
  • 信頼できる業者に依頼する

以上のポイントは要チェックです。
ポイントをしっかり踏まえつつ、業者との打ち合わせを入念にしていきましょう。
工事が始まってもしっかりしているかどうか、自分の目で確認することが大切ですよ。