クローズ外構とオープン外構を比較!どのような特徴があるの?

外構は家の印象を決めるだけでなく、防犯の効果もあります。
家の内装だけでなく、外構もこだわる人は多いでしょう。
外構は大きく分けて、オープン外構とクローズ外構の2種類があります。
そこで、今回はこのふたつを比較してみましょう。
それぞれに特徴がありますので、一概に「どちらがよい」とはいえません。
家を建てる場所によって、お勧めの外構のスタイルが変わってくるでしょう。
これから家を建てるという方や外構をリフォームしたいという方は、ぜひこの記事を選択の参考にしてください。

1.クローズ外構とオープン外構の違いとは?

この項では、クローズ外構とオープン外構の特徴を比較してご紹介します。
それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

1-1.オープン外構とは?

オープン外構とは、門や塀、フェンスなどを作らない外構のスタイルです。
アメリカの映画やドラマで、庭と公道の境がない家を見たことがある方もいるでしょう。
あれが、オープン外構です。
日本では、庭と公道の境に丈の低い樹木を植えたり、低い段差をつけたりすることも多いでしょう。
東京や大阪など、都市部の住宅密集地では塀や門を作る余裕がなく、オープン外構になる家が少なくありません。
また、開放感があるので敷地が多少狭くても大丈夫です。
デメリットは、目かくしの工夫をしないと家の中が丸見えになってしまうこと。
特に、庭と公道の境に目かくしがなくリビングが庭に面している場合は、リビングの様子が道行く人に丸見えになってしまうでしょう。
また、飛びこみのセールスマンなども入ってきやすいです。
ですから、インターホンをカメラつきにするなど工夫をする必要があるでしょう。

1-2.クローズ外構とは?

クローズ外構とは、家の敷地をフェンスや塀などで囲んで門扉をつけるタイプの外構です。
敷地の中と外の境がはっきりしますので、プライバシーが保ちやすいでしょう。
昔からの敷地に余裕がある住宅街や郊外の家はクローズ外構が多いです。
また、住宅密集地でも幹線道路に面している家は、目かくしを兼ねてフェンスや塀などを設置する家が少なくありません。
また、門扉があればたとえ鍵がかかっていなくても、飛びこみのセールスマンなどが入りづらいでしょう。
デメリットは、圧迫感があること。
特に、敷地が狭いと窓のすぐ前がフェンスや塀になるかもしれません。
また、塀の幅や位置でご近所とトラブルになる可能性があります。
さらに、塀やフェンスの種類によっては建築コストが高くつく場合もあるでしょう。

2.防犯面ではどちらが上?

オープン外構のデメリットとして、「防犯性が低くなるのでは?」と心配する方もいるでしょう。
確かに、オープン外構は外から自由に出入りできます。
家に誰もいない場合は、空き巣の被害にあいやすそうに見えるでしょう。
しかし、さえぎるものがなければ、通行人や近所の人からも家の様子がよく見えます。
窓やドアを無理やり開けようとしている姿を見られる危険性があれば、空き巣も手が出せません。
ですから、通行人が多い場所に建っていたり住宅が密集しているところに建っていたりする家は、オープン外構にしてもさほど問題はないのです。
逆に、クローズ外構の方が敷地内に侵入されてしまうと、堀やフェンスが目かくしになってしまいます。
空き巣によっては「クローズ外構の家の方が狙いやすい」という場合もあるでしょう。
ですから、堀やフェンスを乗り越えられないような工夫が必要になります。

3.立地条件によって、お勧めの外構は変わる

立地条件によっても、お勧めの外構は変わってきます。
この項では、それぞれの外構に向いている条件をご紹介しましょう。

3-1.オープン外構に向いている家とは?

オープン外構は、住宅密集地に建っている家や敷地が狭い家、人通りが多い公道に面した家などに向いています。
特に、周りの家がみなオープン外構なのに一軒だけクローズ外構にしてしまうと、悪い意味で目立つでしょう。
オープン外構にする場合は、窓の位置などにも気をつけなければなりません。
また、浴室やトイレなど人から見られたくない場所の窓はすりガラスにするなど、工夫をしましょう。

3-2.クローズ外構に向いている家とは?

クローズ外構は、隣家と距離がある敷地が広い家、さらに周りの家が全部クローズ外構の住宅街という場合に向いています。
敷地が狭くても、フェンスなど隙間の多いものをつければ、それほど圧迫感を覚えません。
また、住宅密集地の場合は塀の一部が隣家と共有しているケースもあります。

3-3.両方の性質を持つセミクローズ外構がお勧めの場合もある

最近は、敷地の一部にだけ塀やフェンスを建てるセミクローズ外構にする家も増えています。
プライバシーを保ちたいところだけ、塀やフェンスを建てれば開放感も失わずに済むでしょう。
また、車の出し入れもセミクローズ外構の方が便利です。
デザインも豊富ですから、一度工務店などに相談してみてもよいでしょう。

4.防犯のために気をつけたいこととは?

クローズ外構でもオープン外構でも、防犯性を高めるための注意点があります。
最後に、それぞれの外構で防犯性を高めるためのポイントをご紹介しましょう。

4-1.オープン外構の場合

オープン外構の場合は、敷地内を常に見られていると思っておきましょう。
庭が乱雑だったり、窓越しに見える室内が散らかっていたりすると不審者を呼び寄せやすくなります。
また、庭に樹木を茂らせすぎてしまうと、格好の目かくしになってしまうでしょう。
さらに、2階のベランダの手すりを外から見えないタイプにしてしまうと、屋根伝いに侵入されたときに不審者を隠す目かくしになってしまいます。
オープン外構にするならば、ベランダの手すりもオープンなものにしてください。

4-2.クローズ外構の場合

クローズ外構の場合は、フェンスや堀をよじ登らせないような対策が必要です。
足がかりになるような装飾は、作らないようにしましょう。
また、フェンスの場合はすぐ近くに樹木を植えると、目かくしになってしまいます。
フェンスの付近に樹木を植える場合は、丈の低いものにしましょう。
さらに、塀やフェンスが汚れていたりさびていたりすると、家全体にすさんだ印象を与えます。
クローズ外構を造った場合は、定期的なお手入れも必要です。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、オープン外構とクローズ外構の比較をご紹介しました。
まとめると

  • オープン外構だからといって、防犯性が低いわけではない。
  • クローズ外構の方が空き巣に入られても分からない場合がある。
  • 周りの家に合わせることも大切。
  • どちらの特徴もあわせ持つセミクローズ外構を造る、という方法もある。
  • それぞれの特徴をよく知って選ぼう。

ということです。
オープン外構にしてもクローズ外構にしても、手入れが悪ければ不審者を呼び寄せてしまいます。
クローズ外構にすれば、フェンスや塀のメンテナンス費用もかかるでしょう。
また、オープン外構の場合は不審者が家の中に入らないように、対策も必要です。
周囲の家との調和もよく考えて、外構を選びましょう。
外構にこだわりがある人も多いですが、悪目立ちする外構にすると不審者の目にも止まりやすくなってしまいます。
ですから、「何が何でも」と意地にならずある程度妥協することも大切です。