オープン外構の施工を考えている方へ ~プライバシーが確保できる目隠し~

美しい外観の住まいをつくりたいなら“外構(がいこう)”は欠かせません。
門・車庫・フェンス・アプローチ・塀・柵・土間など外にある建物すべてのことを「外構」と言います。
外から部屋の中が見られたくない人は目隠しフェンスや外構デザイン目隠しを施すように、さまざまな目的にあった住まいづくりができるでしょう。
外構には大まかに「オープン外構」と「クローズド外構」の2種類がありますが、開放的なオープン外構について説明します。
オープン外構の目隠しについて知りたい人は必見です。

1.オープン外構のメリット・デメリット

開放的なつくりが特徴的な“オープン外構”のメリット・デメリットについて説明します。
メリットにばかり目を向けてしまいがちですが、デメリットについてきちんと把握することが大切です。
デメリットも把握した上でつくれば素敵な外構が出来上がるでしょう。

1-1 オープン外構のメリット

オープン外構のメリットとして1番に挙げられるのは“開放感なつくり”になることではないのでしょうか。
どれだけ狭い敷地でもオープン外構にすることで広い敷地に魅せられますし、窮屈な印象を与えません。
光や風の通り道ができ、非常に開放感のある外構に仕上げられます。
また、プランニングの内容によって変わりますが、クローズド外構よりも費用が安い点にも注目です。
クローズド外構は外からシャットアウトするため、さまざまな外構の建材を利用します。
しかし、オープン外構は建材の利用が少ないのでその分、費用もある程度抑えられるのです。
外構にお金をかけたくない人にとってはぴったりの方法ではないのでしょうか。
ほかにも、敷地への出入りがしやすい、駐車スペースや物置スペースが確保しやすいなどさまざまなメリットがあります。
オープン外構がどのようなものか想像できない場合は、外国の住宅地をイメージしてください。外国の住宅地はほとんどがオープン外構になっています。

1-2 オープン外構のデメリット

一方、オープン外構のデメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。
大きいデメリットとしては“プライバシー問題”が挙げられます。
開放感のあるつくりですが、外から家の中が丸見えになってしまうので、プライバシーが確保できないのです。簡単に外からのぞくことができるでしょう。
また、子供が庭で遊ぶ場合、道路に飛び出したり、ペットが逃げやすくなったりというデメリットも挙げられます。
敷地に簡単に入ることができる分、外に飛び出しやすくなることも考えなければなりません。
しかし、最近はプライバシーにも配慮したオープン外構づくりが行われています。
近隣との組み合わせ、洗濯物を干す位置など間取りの段階から考え、プライバシーが確保できるプランニングを行っています。
事前にしっかり考えて設計すれば、オープン外構でもプライバシーが確保できる、外構デザインが可能でしょう。

2.オープン外構のプライバシーを確保する方法

2-1 “プランニング”がもっとも大切な要素

先ほども言ったとおり、オープン外構のプライバシーを確保するためには“プランニング”がとても大切なポイントになってきます。
とくに「周辺環境」と「敷地全体」には気をつけなければなりません。
周辺環境がどのようになっているのか、隣の家から丸見えにならないか、どうすればプライバシーを確保できるのか、間取りの段階で考える必要があるでしょう。
敷地と周辺環境を考慮しつつ、家や外構のつくりを考えていけば、プライバシーが確保できるオープン外構が仕上がります。
プライバシーが確保できれば、防犯性も高まるでしょう。
工事を依頼する業者としっかり打ち合わせ、話し合いを重ね、プランニングを行ってください。
より具体的な細かいプランニングを行うとスムーズにオープン外構がつくれます。

2-2 セミクローズド外構を利用する

目隠しフェンスや外構デザイン目隠しなど、工夫次第でオープン外構でもプライバシーが確保できます。
開放感あふれるオープン外構かつ、防犯性を高くしたい人に注目されているのが“セミクローズド外構”です。
名前からして“クローズド外構なのでは…?”と思うかもしれませんが、クローズド外構とオープン外構の2つを兼ね備えた画期的な外構となっています。
クローズド外構のようにフェンスや塀を設置します。
しかし、高さを低くしたり、車庫のスペースを開放的にしたりと開放感がほしいところにはオープン外構にするなどして2つの要素を上手に組み合わせられるのがメリットでしょう。
お互いのメリットを上手に生かしたセミクローズド外構は、今後も注目されること間違いありません。

3.施工の際に注意すること

3-1 自分が理想とする外構デザインを明確にする

施工の際に注意すべきことはたくさんあります。
業者とのプランニングにおいては、“周辺環境”や“敷地全体”を考慮することが1番大切なポイントです。
あまりにも自分が理想とする外構デザインに重視しすぎて、それら2点を無視してしまうと大きな落とし穴にはまってしまうでしょう。こうすればよかった…と後悔するかもしれません。
プランニングを行う前に気をつけてほしいのが“外構デザインの明確化”です。
業者と話し合う前に、自分はどのようなオープン外構にしたいのか、具体的に決めてください。
最初は大まかにデザインし、ホームページ等でいろいろなオープン外構をチェックし、次第にデザインを明確化していくとよいでしょう。
自分が思い描いているデザインだけでは明確化できないので、いろいろなオープン外構デザインを見るのがポイントです。
最近できた住宅地を歩いて観察したり、住宅関連の雑誌を見るなど数多くのオープン外構をチェックしてください。

3-2 実績・信頼性のある業者を選ぶ

オープン外構を施工する前に、工事を依頼する業者を選ばなければなりません。
工事費用はもちろんのこと、オープン外構に関して実績があるか、口コミや評判はどのようになっているのかチェックしましょう。
本当に信頼できる業者を選び依頼した方が安心ですよね。
あなたの希望がすべて通る業者はあまり信用できません。
なぜなら、優良業者ほど、周辺環境や敷地全体を考慮して、“こうした方がよい”“この設計はしない方がよい”といろいろなアドバイスをしてくれます。
よりよいオープン外構をつくるためにも実績と経験がなければ適切なアドバイスはできません。
無料相談、無料見積もりを行っている業者もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

オープン外構の目隠し、メリット・デメリット、施工する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
業者から教えてもらうのではなく、事前にある程度の知識を身につけておけばよりスムーズに素敵なオープン外構を施せます。
満足のいくオープン外構になるためにも基礎知識を身につけておきましょう。

  • 開放的で費用が抑えられる
  • オープン外構でもプライバシーの確保はできる
  • 周辺環境と敷地全体を考慮したプランニングが大切
  • セミクローズド外構を活用する
  • 自分が理想とする外構デザインを明確化する
  • 業者とプランニングの話し合いを重ねる
  • 実績のある業者を選ぶ

工事を依頼する業者を選ぶ際は、“信頼できる業者”を選んでくださいね。
自分の目でさまざまな業者の実績を確認し、比較するとわかりやすいですよ。