不要なコピー機の処分方法は? お得に処分する方法も一挙公開!

「コピー機を処分する方法が分からない」という人は多いでしょう。寿命や買い替えでコピー機が不要になったとき、処分する方法はいくつかあります。家庭用と業務用とでは処分方法が異なるため、正しい方法を知っておく必要があるでしょう。また、状態によっては買取に出してお得に処分することも可能です。

この記事では、コピー機のゴミ区分や処分方法・買取に出す際のポイントなどを詳しくご紹介します。

  1. コピー機を処分する前に確認すべきこと
  2. コピー機のゴミ区分は?
  3. 自治体でコピー機を処分する方法
  4. 業務用コピー機を処分する場合
  5. コピー機をお得に処分するには?
  6. コピー機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、コピー機を処分する手順や処分前の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.コピー機を処分する前に確認すべきこと

まずは、コピー機を処分する前に確認しなければならないことをご紹介しましょう。

1-1.データを消去しておく

複合機や業務用コピー機の場合、ハードディスクが内蔵されていて住所録などを登録できるようになっている機種も多いでしょう。データを消さないまま処分してしまうと、重要な個人情報が流出してしまう恐れがあります。大きなトラブルを招く原因にもなりかねないため、消去してから処分することを忘れないでください。

1-2.トナーを取り外しておく

コピー機を処分する前に、必ずトナーを取り外しておきましょう。トナーはリサイクルの対象になるため、別途回収しています。メーカーによる回収や家電量販店に設置されている回収ボックスへの投かん・回収業者への依頼など、いくつか方法があるので確認しておくとよいでしょう。

2.コピー機のゴミ区分は?

コピー機が何ゴミに分類されるかを解説しましょう。

2-1.粗大ゴミになる場合が多い

ゴミの分類方法については自治体によって異なりますが、コピー機は粗大ゴミに分類している自治体が多くなっています。大きさによっては不燃ゴミとして捨てられる自治体もあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

2-2.小型家電として無料回収している自治体も

コピー機を小型家電リサイクル法の対象としている自治体もあります。コピー機に含まれる有用資源を再利用するための取り組みです。回収方法は自治体によって異なるため、自治体のホームページなどで調べてみましょう。

3.自治体でコピー機を処分する方法

自治体の回収を利用してコピー機を処分する際の手順をまとめました。

3-1.粗大ゴミとして出す場合

コピー機を粗大ゴミとして出す場合は、まず、電話かインターネットで回収の申し込みをしましょう。その際、受付番号と同時に、回収日時と回収場所・料金を確認します。事前に料金分の粗大ゴミ処理券を購入してコピー機に貼り、指定された回収日の朝に、回収場所まで持っていくのが一般的な流れです。

3-2.小型家電として回収してもらう場合

小型家電の回収方法は、自治体によって異なります。ゴミ集積所にコンテナを設置している自治体や、公共施設などに回収ボックスを設置している自治体もあるため、確認が必要です。自治体によっては無料回収を行っていないところもあるので注意してください。

4.業務用コピー機を処分する場合

業務用コピー機は「事業用ゴミ」に該当するため、自治体の回収は利用できません。以下のような方法で処分する必要があります。

4-1.産業廃棄物処理の専門業者を利用する

業務用コピー機は事業用ゴミの中でも「産業廃棄物」に該当します。そのため、産業廃棄物処理の専門業者に回収を依頼する必要があるのです。コピー機のメーカーを問わず回収してもらえるため、さまざまなメーカーのコピー機を複数台処分したいときでも利用できます。回収費用は1台につき1万円以上かかることが多くなっていますが、完全に破壊してもらえるため、データ流出の心配は少ないでしょう。

4-2.不用品回収業者に回収してもらう

産業廃棄物収集運搬許可を得ている不用品回収業者に依頼する方法もあります。中には無料回収を行っている業者もあるため、お得に処分できる可能性もあるでしょう。また、コピー機以外にも不用品がある場合は、まとめて依頼できます。ただし、業者選びには注意が必要です。許可を持たずに営業している違法業者も存在するため、慎重に業者選びをしてください。

4-3.メーカーに依頼する

メーカーによっては、自社の業務用コピー機を回収してくれるところもあります。回収業者に依頼するより費用は割高ですが、安心感は大きいでしょう。ただし、回収を行っていない業者もあるため、事前に問い合わせてみることをおすすめします。

5.コピー機をお得に処分するには?

まだ使えるコピー機は、買取に出してお得に処分しましょう。買取に出す方法をご紹介します。

5-1.リサイクル業者に買取してもらう

リサイクルショップや買取業者などに買取してもらう方法があります。コピー機は中古需要があるため、買取対象になりやすいでしょう。大型のコピー機や複合機などは、出張買取に対応している業者に依頼するのがおすすめです。希望の日時に自宅やオフィスまで買取に来てもらえるため、運搬する手間を省くことができます。

5-2.買取もしている不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者の中には、買取を行っている業者もあります。状態のよいものは買取、状態の悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実に処分可能です。業者を選ぶ際は、一般廃棄物収集運搬業(業務用コピー機の場合は産業廃棄物収集運搬業)と古物商の許可を両方持っていることを確認してください。

5-3.ネットオークションに出品する

ネットオークションでコピー機を売る方法もあります。出品価格を自分で設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、こん包の手間がかかることや送料が高額になることなどから、大型のコピー機にはおすすめできない方法です。

6.コピー機の処分に関するよくある質問

「コピー機を処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.コピー機の寿命は何年ぐらいでしょうか?
A.使用頻度や使い方にもよりますが、一般的には5年前後といわれています。

Q.コピー機を粗大ゴミとして出す場合の費用はどのくらいですか?
A.大きさによって異なりますが、500円前後の自治体が多くなっています。

Q.コピー機を少しでも高く買取してもらうためにはどうしたらよいですか?
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。なるべく早く買取に出すこと・買取先を比較して選ぶことも大切です。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・丁寧でスピーディーな対応かなどをチェックすることをおすすめします。

Q.違法な不用品回収業者を利用すると、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのでしょうか?
A.高額な料金をだまし取られた例や、回収した不用品を不法投棄された例などが報告されています。

まとめ

不要なコピー機を処分する方法や注意点などを詳しくご紹介しました。コピー機は家庭用か事業用かで処分方法が異なるため、注意が必要です。ぜひこの記事を参考に、コピー機を適切な方法でできるだけお得に処分してください。