配線コードをすっきり収納するには? ゴチャゴチャの悩みを解消!

私たちの身の回りには電化製品がたくさんあり、その多くにはコードやケーブルがついています。うまく整理しないと「コードがゴチャゴチャしていて見た目が格好悪い」「部屋がすっきりして見えない」などの悩みが出てきてしまうものです。そこで、コードをすっきりと収納するポイントやアイデアをいくつかご紹介したいと思います。ぜひ参考にして、見た目もよく使いやすい収納術にトライしてみてください。

  1. コードの収納について
  2. 配線をすっきり整理するポイントとは?
  3. コードの収納アイデア紹介
  4. コードの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、ゴチャゴチャになりがちなコードやケーブルをすっきり整理・収納する方法が分かるはずです。

1.コードの収納について

まずは、身の回りにあるコードの種類や片づかない原因などをご紹介しましょう。

1-1.家の中に存在するさまざまなコード類

家の中には、電源を必要とする家電製品がたくさんあります。たとえば、キッチンにある冷蔵庫や電子レンジ・炊飯器などの調理器具、リビングにあるテレビやレコーダー・電話機など、生活に欠かすことのできない家電には、電源コードがついているものです。そのほかにも、携帯電話やゲーム機の充電器、パソコンのケーブルなど、私たちの身の回りにはさまざまなコード類が存在しています。

1-2.数が多いため整理しにくい

コード収納の問題点として、数が多いため整理がしにくいという点が挙げられます。特にコンセントの周辺にはさまざまな家電のコードが集まるため、何本ものコードがからまり、ほこりがたまっているという家も多いでしょう。数が多いと整理もしにくく、なかなかすっきりさせることができませんよね。

1-3.火災発生の危険もある

コード類のゴチャゴチャを改善するために、テレビ台やタンスの裏などに隠す人も多いと思います。しかし、こうした場所にはほこりがたまりやすいため、湿気と反応して発火するトラッキング現象を起こす可能性もあるのです。特に、たこ足配線にしている場合は過電流による火災の原因になるため、注意しましょう。

2.配線をすっきり整理するポイントとは?

配線を整理してすっきりさせるためには、いくつかポイントがあります。コードの収納方法を考える際に、ぜひ参考にしてください。

2-1.「隠す」のがポイント

コードを整理する上でポイントになるのが「隠す」ことです。たくさんあるコードが見た目をゴチャゴチャさせてしまうのであれば、見えないように隠してしまいましょう。ただし、隠す際にも注意が必要です。どうすれば美しく隠すことができるのか、隠して収納しても安全かを考えなければなりません。

2-2.グッズを活用する

最近は、コード類を整理・収納するためのすぐれたグッズが豊富に販売されています。ケースタイプのものやカバータイプのもの、コードをまとめるクリップなど、インテリアとしてもおしゃれなグッズがたくさんあるため、ぜひチェックしてみてください。

2-3.束ねる際は注意が必要!

複数のコードがからまるのを防ぐために、1本1本のコードを束ねておくことも大切です。ただし、調理用の電化製品など消費電力の大きなものは、束ねておくと自然発火の危険性が高まります。パソコンのケーブルなど消費電力の小さなものだけ、クリップで留(と)めるなどしておくと整理しやすくなるでしょう。

2-4.こまめに掃除をしてほこりがたまらないように

コードを収納する上で注意したいのが、ほこりによる発火です。複数のコードがからまった状態で熱くなり、ほこりに発火して火災が発生した例もあります。コードをまとめてボックスなどに収納する場合も、ボックス内を定期的に掃除するようにしてください。

3.コードの収納アイデア紹介

コードをすっきり収納するためのアイデアをご紹介します。

3-1.テレビ周りは隠して収納!

テレビ周りには配線が集中しやすいため、できるだけコードを隠して収納しましょう。そのままにしておくとゴチャゴチャして見えるだけでなく、コード同士がからまりあって危険です。コンセント前にカゴやボックスを置き、コード類をそのまま入れてしまえば、インテリアとしてもおしゃれなのでおすすめできます。

3-2.デスク周りは使いやすさを重視して

デスク周りはパソコンの配線やスマホの充電器など、コード類が散らかってしまいがちです。何のコードか分からなくなってしまったり、コードに足を引っかけてしまったりすることもあるでしょう。そのようなことを防ぐためにも、デスク周りは使いやすさを考えてコード収納をしてください。たとえば、デスクの端にクリップをつけておき、そこにコードを引っかける、使っていないコードをまとめて入れておく箱を用意するなどの方法があります。デスクの裏にワイヤーラックを取りつけ、コード類を引っかけて収納するのもおすすめです。

3-3.使っていないコードをすっきり収納するには?

使っていないコードも、適当に収納しておくとゴチャゴチャになってしまいがちです。すっきり収納するための方法をいくつかご紹介しましょう。

  • トイレットペーパーの芯をリメイクしてケーブルカバーにする
  • 仕切りをつけたボックスやカゴに収納する
  • 1つずつ分けてビニールポーチに収納する

3-4.まとめるとき、隠すときは安全面に注意して

すっきりさせるためにコードをまとめたり隠したりする際は、熱がこもってしまわないように注意が必要になります。たとえば、消費電力が大きな家電のコード同士を複数束ねるのは危険です。まとめて収納するのは消費電力が小さなものにしておきましょう。また、コードを隠すために家具の下敷きにするのもやめてください。電気ショートを起こす危険があります。

4.コードの収納に関するよくある質問

「コードをすっきり収納したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ケーブルボックスを購入しようと思いますが、何を基準にして選ぶべきでしょうか?
A.収納したいアイテムが入る大きさか、インテリアに合ったデザインか、配線しやすい作りになっているか、などをポイントにして選んでください。

Q.コードの「見せる収納」にはどのようなアイデアがありますか?
A.ツタのフェイクグリーンをからめて壁につたわせる、ウォールステッカーと組み合わせてアートを作るなどの方法がおすすめです。

Q.ケーブルボックスを自作することはできますか?
A.木箱やバスケットなどを利用して自分で作ることも可能です。CDボックスや書類ケースなどをリメイクしてもよいでしょう。

Q.何のコードかすぐ分かるようにするためには、どうすればよいですか?
A.マスキングテープに何のコードかを書いて貼っておく、食パンの袋についているプラスチックの留(と)め具に書き、コードにはめておくなどの方法があります。

Q.コード類をすっきり収納すると、どのようなメリットがあるのですか?
A.部屋がすっきりして見える、発火の危険がなくなる、掃除をしやすくなるなど、さまざまなメリットがあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? コードやケーブルがゴチャゴチャしている部屋は、すっきりして見えません。どうやって整理すればよいのか、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。しかし、身近にあるアイテムを使って見た目もすっきり、使いやすい収納を実現することは可能です。ぜひこの記事を参考にして、コードを上手に収納してください。