バリアフリーリフォームの費用はいくら? シーン別にみるリフォーム費用

年を取ると家の中でも危険な個所が増えてきます。
ちょっとした段差や階段、場合によってはトイレで立ったり座ったりするのも難しくなることもあります。
家を建てる時は気にしていなくても、家族の年齢や家族構成が変わると家の中に不都合が生じてくるんですね。
そんな時、便利なのが「バリアフリーリフォーム」です。
バリアフリーのリフォームは、必要な個所だけ施工できるのがメリット。
家全体をバリアフリーにしなくてもいい場合は、比較的安価で済むので経済的にも助かるんです。
そんなバリアフリーリフォームの費用を場所別にご紹介します。

手すりの取り付け

バリアフリーリフォームの基本であり、最も簡単なリフォームが「手すりの取り付け」です。
バリアフリーというと足元ばかりを気にしがちですが、歩きやすいように手すりをつけるのも立派なバリアフリーです。
手すりの設置の場合は手すりの長さや設置場所によって違いますが、平均費用は1か所10,000円~30,000円程度。
手すりを取り付ける壁が傷んでいたり、下地を補強する場合はより費用がかかる場合もあります。
非常に低価格で設置できますから、階段の上がり降りに不安のある方やご家族が心配な方は早めに設置しましょう。
自分で取り付けることもできますが、手すりが外れたりぐらついたりするとけがをする危険性が高まります。
体重がかかった時に外れたり、手すりの端が出すぎていて袖口をひっかけてこけたり・・・
そんな危険な状態にならないためにも、業者にお願いするほうがおすすめです。

バリアフリーユニットバス

バリアフリーリフォームの中でも施工件数が多いのがユニットバスの設置です。
タイル張りのお風呂や古くなったユニットバスは段差があったり、床がすべったりしますから、一番に取り換えておきたい部分です。
バリアフリーユニットバスの設置はユニットバスの大きさによって異なります。
ごく一般的な大きさである0.75坪タイプの場合、設置工事費込みで70万円~100万円程度が平均費用です。
これに浴室乾燥機や暖房などをプラスすると、さらに15万円~20万円程度の費用がかかります。
いまは、費用がかかっても浴室乾燥機や暖房を入れておく、という方が多いようです。
浴室乾燥機や暖房は雨の日の乾燥機としても役立ちますし、お年寄りのヒートショックを最小限に抑える役割を果たします。
高齢のご家族がいる方には大きなメリットですね。

開き戸を引き戸にして段差解消

意外と段差が気になるのが「開き戸」。
車椅子や足が不自由な方にとって、開き戸の段差は決して小さな段差ではありません。
扉の開け閉めのスペースも余分に必要なので、足が不自由な方は開き戸よりも引き戸の方が断然便利です。
開き戸から引き戸へバリアフリーリフォームは、一般的な間口(800mm程度)1か所につき15万円程度。
段差解消方法などによって多少費用が上下しますが、よほど家が傷んでいない限りは20万円以内でできるはずです。
デッドスペースが少なくて済む引き戸は、思った以上に便利です!
あけっぱなしでドアが邪魔になることもありませんし、ドアに足を引っ掛ける心配もなくなります。
ご家族のためにリフォームするなら、ドアのリフォームは必須かもしれませんね。

バリアフリーリフォーム費用まとめ

  • バリアフリーは施工箇所によって費用が異なる
  • 手すりの取り付けは30,000円程度
  • ユニットバス設置は70万円~100万円程度
  • 引き戸へ変更は15万円程度

家全体をリフォームするよりも、気になる個所をリフォームするほうが安価で手軽にできます。
人気のユニットバス設置も100万円程度で可能ですから、お風呂の傷みやすべりが気になる方は検討してみてはいかがでしょうか?