購入前に知っておきたい! 注文住宅に掛かる費用の内訳

「マイホームを注文住宅にしよう」と、考えているあなた。注文住宅に掛かる費用はどれぐらいかご存じでしょうか。
注文住宅に掛かる費用とその内訳をしっかり知っておかないと効率のよい資産運用もできません。
この記事では、注文住宅に掛かる費用の内訳を紹介します。計画的な資産運用の参考にしてみてください。

1.注文住宅における費用の内訳

注文住宅に掛かる費用は2,500万円~3,000万円前半が相場となります。しかし、この金額は家を建てるだけに掛かる費用です。注文住宅では家だけでなく別の費用が発生します。
注文住宅を購入しようと考えるとき、以下の3つは考えたい費用です。

  • 本体工事費用
  • 別途費用
  • 諸費用

2.本体工事費とは

2-1.本体工事費について

本体工事費とは、自分が注文した家を建てるために必要な費用。注文住宅では、この本体工事費だけと思う人が多いですが違います。この本体工事費は、あくまでも家を建てるときに必要な費用です。
注文住宅を建てるときは、本体工事費だけで別途費用や諸費用が必要となるので注意しましょう。本体工事は坪単価×延べ床面積で計算されます。
たとえば、坪単価30万円の工務店で50坪の家を建てたとしましょう。すると、1,500万円が本体工事費となります。

2-2.本体工事費の内訳

本体工事に掛かる費用は家を支える基礎工事です。塗装や建築などさまざまな工事費が本体工事費となります。

  • 仮設工事費…建設のための養生費・電気・水道・トイレ・片付けなど廃材処分費。
  • 基礎工事費…鉄筋など住宅の基礎に掛かる費用。
  • 木工事費…木材を使用した住宅の骨組み・下地をつくる費用。
  • 屋根板金工事費…屋根の仕上げに掛かる費用。板金工事も含みます。
  • 外壁工事費…外壁の仕上げや左官仕上げに掛かる費用。
  • 建具工事費…室内のドア・木製や金属製の建具を取り付ける費用。
  • 塗装工事費…住宅の屋内建具や外壁への塗料。
  • タイル・石工事費…トイレ・お風呂・玄関などにタイルや石を貼る費用。
  • 内装工事費…建物内部の壁・床・天井の仕上げに掛かる費用。
  • 左官工事費…建物の表面を仕上げるための費用。
  • 雑工事費…防水処理・シロアリ・手すり・棚などさまざまなものに掛かる費用。
  • 給排水衛生設備工事費…キッチン・お風呂などの水回りの配管工事に関する費用。
  • 電気設備工事費…分電盤・アース・スイッチなど電気周りの費用。
  • 空調設備工事費…換気扇などの配管、ダクトの取り付けなど。
  • ガス工事費…ガス栓からメーターまで配管に掛かる費用。

本体工事費だけでもさまざまな費用が掛かるのです。施工会社によって各費用・名称に違いはあるので注意しておきましょう。
また、木造による建築が中心となる場合、木工事が費用の4割ほどを占めます。次いで外壁や塗装など仕上げに関連する工事が3割前後、キッチンや浴室など節義費用が1割ぐらい掛かるものと思いましょう。

3.別途工事費とは

3-1.別途費用について

別途費用とは、建物本体以外に掛かる費用のことです。
ガス・水道などの敷設工事、駐車場・庭などの外構工事などがあります。

3-2.土地の条件で費用が変動しやすい

別途費用で注意したいのは建てる土地の条件です。条件によっては平均的な金額よりも掛かることがあります。

  • 高低差の激しい土地。
  • 道路から離れている土地。

以上のような土地だとガス・水道など生活基盤となる引き込み費用が高くなるのです。また、土地の基盤がもろい場合は改良する必要があります。そのため、安過ぎる土地を購入すると別途費用が掛かり過ぎるので注意しましょう。反対に、整えられた土地だと相場より安くなります。

3-3.別途費用の内訳

別途費用は以下のように分けられるのです。

  • 解体工事費用…もともと住んでいた家や土地にある建物を解体する費用。
  • 地盤調査費用…家を建てられる状態にあるか土地を調査する費用。
  • 地盤改良工事…家を建てられる状態にする補強工事をする費用。
  • 引き込み工事…水道管・ガス管を土地に引き込む費用。
  • 敷き設工事…土地に引き込んである水道管を家の内部に配置する費用。
  • 外構工事…駐車場・玄関などに関する費用。
  • 造園工事…庭・石垣などを行う費用。
  • 屋外電気工事…屋外の照明や給排水の設置工事費用。
  • 特殊設備工事…太陽光発電や蓄電設備に関する費用。
  • 空調設備工事…エアコン・室外機・換気扇などに関する費用。
  • 設計料…設計を設計事務所や建築家に依頼した場合に必要な費用。

以上の項目は別途費用として掛かる項目となります。また、本体工事費と別途工事費を合わせて建築工事費と言うのを知っておきましょう。

4.諸費用とは

4-1.諸費用について

諸費用とは注文住宅を引き取る前後で掛かる費用を指します。基本的に現金だけの支払いとなるので注意しましょう。
諸費用は住宅に関する税金やローンの手続き料。さらに、地震・火災などの保険料や引っ越し・家具・家電の購入費用も含みます。

4-2.諸費用の内訳

  • 登記手数料…土地や不動産の所有者を登記簿に記載して所有権を得るための費用。
  • 住宅ローン保証料…金融機関がローン返済のため信用保証会社から保証を受ける費用。
  • 物件検査手数料…国の建築基準に違反していないか検査するための費用。
  • 仲介手数料…仲介業者で注文住宅を建てた場合の費用。
  • 印紙税…契約の際に売買契約書と工事請負契約書を作成した印紙の税金。
  • 消費税…ものを買ったときに発生する税金。
  • 登録免許税…不動産所得で登記したときに掛かる税金。登記手数料とは別に支払う必要があります。
  • 固定資産税(都市計画税)…家の所有者が毎年支払う地方税。
  • 不動産取得税…不動産を取得したとき都道府県に払う税金。
  • 仮住まい費用…家を解体して引き渡しまでに住むアパートの費用。
  • 引っ越し・家具購入費…完成した家に住む家具・家電の費用。
  • 予備費用…予想外の事態に備えておきたい費用。

諸費用は税金などが中心です。いざというときに使える予算として残しておきましょう。

5.各費用の割合

注文住宅に必要な割合は以下のとおりです。

  • 本体工事費用…総費用の75~80%
  • 別途費用…15~20%
  • 諸費用…建築工事費(本体工事費用+別途費用)の10%

総費用を3,500万円と考えていれば家に掛けられるお金は2625~2800万円となります。予算から資産運用を考えておかないとオーバーする可能性が高いです。

6.依頼するときの注意点

注文住宅を依頼するときは必ず見積もりを取るようにしましょう。
見積もりを取ることで自分のプランを明確にできます。また、各会社にて見積もりを取ってもらうことで住宅会社の良しあしが見えてくるのがポイントです。
見積もりを比べることで各住宅会社のメリットとデメリットが見えてきます。見積もりを取りながら自分に合う会社を選びましょう。

7.まとめ

いかがでしたか?

この記事では注文住宅の内訳に関して紹介しました。最後に、内訳に関するポイントをまとめておきましょう。

  • 注文住宅の内訳は本体工事費・別途費用・諸費用に分けられる。
  • 各費用に掛ける割合を知っておく。
  • いざというときに諸費用は10%ほどあるのが理想的。
  • 必ず数社から見積もりを取る。

注文住宅を買うときは必ず資金計画が必要になります。自分が家を購入するときに用意できる費用と運用方法を知っておきましょう。