泥棒にカーポートを利用されないためには? 役立つ3つの防犯対策

自宅にあるカーポート。それは愛車を守るためにとても役立ちますよね。
強い日差しを避けながら子供を外で遊ばせたり、洗濯物を外に干したりする場合にもカーポートは役立ちます。
あなたも自宅にカーポートを作りたいと思っていませんか?
確かにカーポートは便利な建物ですが、カーポートを作るときにはその防犯対策にも十分気を配りましょう。カーポートを泥棒に利用され、住宅に侵入するための死角や足場にされてしまうケースもあるのです。
自宅のカーポートを泥棒に利用されないようにするために役立つ方法を知りたいと思いませんか?
そこで本日は、カーポートを設置するときに簡単にできる防犯対策を3つご紹介致します。便利なカーポートを安心して使うために是非お役立てください。

防犯対策その1:家からなるべく離してカーポートを設置する

カーポートを自宅の軒下に近い位置に設置すると、泥棒はそれを利用して住居侵入を図る傾向があるようです。
カーポートの死角に隠れて住居侵入を目論んだり、カーポートの屋根を伝って2階から侵入しようとする場合もあるでしょう。
カーポートが自宅の軒下に近いほど、泥棒は侵入ルートを確保しやすくなるのです。
カーポートを設置するときには、防犯対策としてなるべく家から離して設置してくださいね。

防犯対策その2:カーポートにセンサー式のライトを付ける

泥棒は基本的に暗いところ・人目に付きにくいところを侵入ルートとして選びますよね。明るい場所で侵入を目論む泥棒はまずいません。
カーポートを設置すると駐車場周りが若干暗くなることでしょう。その弱点を狙われないようにするために役立つのがセンサー式のライトです。
カーポートに人が来ると明るく光りますので、泥棒を寄せ付けないために役立ちますよ。これもカーポートの防犯対策として効果的な方法です。

防犯対策その3:カーポートで番犬を飼う

これもカーポートの防犯対策に効果的な方法です。
カーポート内で番犬を飼うなら、予期しない侵入者が合った場合に大きな声で鳴きます。鎖である程度動けるようにしてあげれば泥棒自体を撃退してくれることでしょう。
よく世話された番犬は知らない人以外には吠えないので近所迷惑になる心配もありませんよ。

いかがでしたか?

この記事ではカーポートの防犯対策として簡単にできる方法を3つご紹介致しました。

  • 防犯対策その1:家からなるべく離してカーポートを設置する
  • 防犯対策その2:カーポートにセンサー式のライトを付ける
  • 防犯対策その3:カーポートで番犬を飼う

自宅のカーポートの防犯対策が心配ですか?もしそうなら比較的簡単に始められるこれら3つの方法を試してみてくださいね。