クロスバイクの買取事情を解説! 中古市場や中古人気の現状は?

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間の性能を持つ自転車です。価格も手ごろなので、スポーツバイクを初めて購入する人にも人気があります。また、中古市場も活発なので、「不要になったクロスバイクを買取してもらい、新しい自転車を購入する資金にあてたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、クロスバイクの買取事情や中古市場、売却方法などを紹介します。

  1. クロスバイクの買取事情について
  2. クロスバイクを買取してもらう準備
  3. クロスバイクの買取先
  4. クロスバイクの買取に関するよくある質問

この記事を読めば、クロスバイクを買取してもらう際の注意点や、査定額が高くなるコツも分かるでしょう。クロスバイクの売却を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.クロスバイクの買取事情について

はじめに、クロスバイクの中古市場や買取価格の相場などを紹介します。

1-1.クロスバイクは幅広い世代に人気がある

前述したように、クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間の性能を持ったバイクです。ロードバイクよりスピードは出ませんが、長い距離を一定の速度で走ることに適しています。また、ロードバイクのように高速性を重視したものから、マウンテンバイクのように安定性の高いものまで製品のラインナップが広いのも特徴です。そのため、幅広い世代の需要にマッチしています。さらに、ロードバイクやマウンテンバイクに比べてお手ごろ価格のものが多いので、初心者にも人気です。

1-2.クロスバイクは中古でも需要がある

クロスバイクの価格は5万円台~が相場です。安価なものならば、3万円以下のものもあります。一方、ビアンキ・ジャイアントなどの人気ブランドの高性能モデルは、10万円以上するものも珍しくありません。そのため、「中古のクロスバイクをお手ごろ価格で購入したい」という人も多く、中古市場も活発です。専門のリサイクルショップもあり、本体だけでなく部品やパーツの買取も行っています。

1-3.個人での売買も盛ん

ヤフオクやメルカリなど、ネットオークションやフリマサイトを利用し、個人でクロスバイクや部品を売買することも盛んに行われています。ネットオークションでは、リサイクルショップでは値段がつかなかったクロスバイクでも、買い手が見つかることがあるでしょう。

2.クロスバイクを買取してもらう準備

この項では、クロスバイクを買取してもらう際、やっておくべきことや注意点を紹介します。

2-1.クロスバイクを買取してもらう際は、必ず防犯登録を抹消する

自転車には、防犯登録が義務づけられています。クロスバイクを売却する際は、必ず防犯登録の抹消を行いましょう。防犯登録が抹消されていないと買取を断られたり、査定額が下がったりすることがあります。防犯登録の抹消は、基本的にクロスバイクを購入した販売店で行いましょう。身分証明書(免許書など)・クロスバイク本体・防犯登録をした際の用紙の控え(なくても可)を持参すれば、手続きがスムーズに済みます。防犯登録の番号は、販売店で7年間保管されることになっているため、控えをなくした場合でも番号の照会が可能です。なお、販売店が営業を終了していたり、引っ越して遠くなったりした場合は、警察署の防犯係で同様の手続きができます。手続きに必要なものも同じです。

2-2.さびや破損がひどいものは買取不可

リサイクルショップでは、新品に近い状態のクロスバイクほど査定額が高くなります。そのため、さびがひどかったり、破損したりしているものは買取不可になることもあるでしょう。一方、全体的に劣化しているが一部の部品は十分使える場合、部品だけ買取してくれることもあります。

2-3.査定前に自転車は掃除する

査定前には、自転車をキレイに磨きましょう。屋外で使うものですからキレイに見えてもほこりなどがたまっています。また、付属品があるならばそろえておいてください。

3.クロスバイクの買取先

この項では、クロスバイクが売却できるところや、それぞれの特徴を紹介します。

3-1.一般的なリサイクルショップ

クロスバイクは、さまざまなものを取り扱っている一般的なリサイクルショップでも買取可能です。ただし、すべてのリサイクルショップで買取しているわけではないので、事前にサイトなどで確認しましょう。一般的なリサイクルショップは店舗数が多く、店頭持ち込みで査定してもらいやすいというメリットがある一方、専門的な知識がある店員が少なく、正確な査定がされにくいデメリットがあります。

3-2.自転車専門のリサイクルショップ

自転車専門のリサイクルショップならば、クロスバイクの価値を正確に査定してもらえます。また、完成品だけでなくパーツや部品の買取も行っているところが多いでしょう。そのため、「パーツだけ買い取ってほしい」という場合も利用できます。買取方法には、店頭買取のほか、出張買取や宅配買取があるので、ライフスタイルに合わせて利用しましょう。ただし、出張買取は実施している店が少ないので、探すのに手間取る可能性があります。また、宅配買取を利用すれば全国から利用が可能ですが、査定額に納得できず売買が不成立だった場合、返送料がかかることもあるでしょう。宅配買取を利用する場合は、送料をよく確認してください。

3-3.ネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトを利用する場合、送料を確認して明記しておきましょう。送料がはっきり分かっていると購入を考えている人も安心できます。また、リサイクルショップでは買取不可だったものも買い手がつく可能性がある一方で、リサイクルショップの査定より安価でしか売れないこともあることを承知しておきましょう。出品する際は、メーカー、サイズ・使用年数・現在の状態を詳しく記載し、写真と共に掲載するのがおすすめです。

4.クロスバイクの買取に関するよくある質問

この項では、クロスバイクの買取に関する質問を紹介します。

Q.クロスバイクの買取先が見つからず、処分したい場合はどうしたらいいですか?
A.自転車は自治体にゴミとして回収してもらうことができます。事前に自治体のサイトを確認し、何ゴミに該当するか調べましょう。分類によって、捨て方が変わってきます。

Q.メンテナンスをしっかりしていれば、古いクロスバイクでも買取してもらえるでしょうか?
A.はい。メンテナンスがしっかりしていれば値段がつくことも多いでしょう。

Q.クロスバイクの買取相場はどのくらいですか?
A.メンテナンスがしっかりしているものならば、1万円台が平均的な買取額となります。ビアンキのような名の知れた―メーカー品で、元値が高くて新しく、メンテナンスがしっかりしたものならば、数万円の値段がつくこともあるでしょう。

Q.クロスバイクを友人に譲ったり寄付したりする場合の注意点はありますか?
A.必ず防犯登録を抹消してください。防犯登録を抹消しないまま譲ると、譲ってもらったことを証明しなければならないこともあります。

Q.クロスバイクを輸送する際の注意点は何ですか?
A.フレームが破損したり折れたりしないよう、緩衝材で包んでダンボールでこん包してください。ほかのパーツも同様です。また、組み立てた状態で輸送する場合は、引っ越し便でないと送れないこともあります。

まとめ

今回は、クロスバイクの買取事情や売却方法などを紹介しました。クロスバイクは、人気のメーカーで状態が良いほど高値買取が期待できます。不要になったら即売却しましょう。保管しておくだけでも劣化は進みます。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!