食器棚を整理するコツ! 上手に収納するポイントや使い方

数人と一緒に生活しているシェアハウスには、さまざまなものがたくさん置いてあるでしょう。
キッチンなどの共有スペースは、できるだけキレイにしておかなければなりません。
つい増えてしまいがちなのが「食器類」です。
そこで、食器棚を整理するコツ、食器棚の収納ポイント、食器棚の効率的な使い方について説明します。
現在、シェアハウスで生活している人や食器棚の収納で困っている人は、ぜひ参考にしてください。

1.食器棚を整理するコツ

常に食器棚を整理整頓しておけばシェアハウスの住人全員が使いやすくなるでしょう。ほかの住人に迷惑をかけないためにも、自分から率先して整理してください。
それでは、食器棚を整理するコツをご紹介します。

1‐1.使っていない食器は処分する

シェアハウスの住人が増えるほど食器の数も増えていきます。
いつの間にか新しい食器ばかり使ってしまい、古い食器がホコリをかぶるなんてこともあるのです。
食器棚の奥に置いてある食器は使っているでしょうか。
使っていない食器や要らないものは処分してください。
使っていない食器を保管していてもスペースの無駄づかいになるだけです。
食器棚の整理整頓は、充分なスペースを確保することから始まります。
なぜなら、ある程度スペースを確保しておけば上手に食器が配置できるからです。
逆に、スペースに余裕がなければ食器同士がぶつかって割れてしまいます。
使っていない食器を処分するためにも、食器棚に入っている食器をすべてそとに出してください。
そして、使っていない食器と使っている食器にわけていきましょう。

1‐2.食器の種類ごとにわける

お茶わんや平たいお皿、おみそ汁、おかずプレートなど食器にもさまざまな種類があります。
種類ごとに食器をわけるのも整理整頓のコツです。
逆に、食器の種類がバラバラになってしまうと見た目も汚くなってしまいます。
また、どこに何を置いたのかわからなくなるでしょう。
使いたいときにすぐ使うことができず、見つけるまで時間がかかるのは目に見えています。
効率的に使うためにも、食器の種類ごとにわけていきましょう。
そして、大きいお皿は食器棚の下部、小さいものは上部に置くのも1つのポイントですよ。

1‐3.食器棚に収まらない場合

もとから食器類が充実しているシェアハウスもあります。
自分のものはもちろん、共有している食器もたくさんあるでしょう。
シェアハウスにあった食器類は勝手に処分してはいけません。
処分前にオーナーと相談しなければならないでしょう。
もし、食器棚に収まらない場合は「仕切り棚」を利用してください。
仕切り棚とは、段差になっているプラスチック製の棚になります。
簡単に組み立てることができ、あいているスペースに設置できるでしょう。
あいているスペースを上手に使うことができる便利なアイテムです。
たとえば、空間ができやすいシンクの下などあいているスペースはたくさんあります。
1度食器棚やキッチンのまわりを見渡してみるといいでしょう。

2.食器棚の収納ポイント

2‐1.使用頻度によって置き場所を決める

食器棚の収納ポイントはたくさんあります。中でも最も大切なのが「置き場所」です。シェアハウスに住んでいる人たち全員がわかりやすい場所に置かなければなりません。特に、共有している食器ほどどこに何を置いているのかはっきり決めておきましょう。自分が整理しても全員が使いやすい食器棚にすることが大切です。
そこで、食器棚に収納するときは使用頻度が低いものから置いていきましょう。
使用頻度が低い食器はめったに使いません。逆に、使用頻度が高い食器は毎日使うはずです。
毎日使う食器ほど食器棚の手前に置いてください。
奥にしまうとわざわざほかの食器を取り出していかなければなりません。

2‐2.引き出しはボックス・ケースでまとめる

食器棚の「引き出し」も大きな収納ポイントになります。
基本的に、食器棚には引き出しがついているはずです。
引き出しには食器ではなく、おはしやフォーク、スプーン、ナイフなどの小物関係を収納する場所になるでしょう。
小物類はすぐバラバラになってしまうため、“まとめる”ことが大切になります。
そこで、フォークやスプーンが収納できる小さめのボックス・ケースを活用してください。
引き出しにすっぽり入るサイズが好ましいです。
100円均一やホームセンターなどにはさまざまなサイズのボックス・ケースを手に入れることができます。
引き出しのサイズを測ってみてシェアハウスの友人たちと買いに出かけるといいでしょう。
ちなみに、かごボックスは温かみがあると人気急上昇中です。
ぜひ、小物類が取り出しやすい引き出しに仕上げてみてください。

3.食器棚の効率的な使い方

3‐1.使った後は必ずもとの置き場所に戻す

シェアハウスはほかの人と部屋を共有しながら生活する空間です。
自分1人の部屋はありますが、食器棚があるキッチンは共有スペースになります。
よって、共有スペースはより効率的に使いやすくしていかなければなりません。
1人が整理しなければすぐにごちゃごちゃしてしまうでしょう。
よって、シェアハウスの住人同士、「使った後は必ずもとの場所に戻すこと」を徹底してください。
使った後すぐに戻していけば、食器棚の効率にもつながります。
キレイに整理整頓している家庭ほど、すぐに片づけているのものです。
ついテーブルのうえに放置しがちですが、きちんと洗って戻していきましょう。
また、シェアハウスの住人同士、意識を高めることも大切な要素になります。

3‐2.「色」で使いやすい食器棚に

食器棚の効率的な使い方は、食器の「色」も大切なポイントになります。
食器にもさまざまな色があるでしょう。
何色か色がわかれているのなら、色ごとに統一してください。
茶色は茶色、白は白と色ごとにわけていけばとてもわかりやすくなります。
また、料理のメニューによって色を使いわける楽しさが味わえるでしょう。
さまざまな色の食器があるのなら、カラフルに見せる収納をしてみてください。
見せる収納とは、わざと目に見えるところに置いて楽しみながら収納する方法になります。
ただし、色があちこちに散らばっているとごちゃごちゃに見えてしまいがちです。
カラフルすぎる場合は思いきって食器の色を統一するといいでしょう。
そして、ボックスやケースにお皿を収納するときは、中身がすぐにわかる工夫をしてください。
ボックスの表にシールを貼る、目印をつけるなどさまざまな工夫がありますよ。

4.まとめ

食器棚を整理するコツや収納ポイント、効率的な使い方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
シェアハウスは住人が増えるほど食器の数も増えていきます。
いつの間にか使わなくなった食器が棚の中に眠っているはずです。
1度、食器棚に収納している食器を全部そとに出してみましょう。
1か所にまとめてから「使っているもの」と「使っていないもの」にわけてください。
要らないものは処分して、要るものは上手に収納していきましょう。
また、定期的に食器棚の整理をすることが大切です。
常にキレイな食器棚を維持している人は、定期的な整理整頓を心がけています。
シェアハウスの仲間と協力し合いながら全員が使いやすい食器棚にしていきましょう。仲間で協力し合うのも楽しいですよ。