故人のペット問題を知りたい人へ! 大切なペットを守る方法を詳しく!

「遺品整理をしているが、故人のペットをどうすればよいか困っている」「将来自分が亡くなったとき、ペットの行く末が心配だ」とお考えでしょうか? 近年、一人暮らしの人が亡くなったとき、ペットが残されてしまうケースが急増しています。しかし、通常の遺品と異なりペットは生きものですから、簡単に処分するわけにもいきません。

そこで今回は、故人のペット問題について詳しく解説します。

  1. 遺品整理におけるペット問題
  2. 故人が飼っていたペットの対処方法は?
  3. 生前整理でペットのことをまとめておこう
  4. 故人のペット問題に関するよくある質問

この記事を読むことで、故人のペット問題の対処法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理におけるペット問題

最初に、遺品整理におけるペット問題について詳しく見ていきましょう。

1-1.飼い主の死後にペットが残されるケースが急増中

最近、飼い主が亡くなった後にペットが残されるケースが急増しています。一人暮らしの人にとって、ペットはかけがえのない家族です。たとえば、高齢になって配偶者に先立たれたり子どもと別居していたりすると、さみしくなってペットに癒やしを求めるのも自然なことでしょう。しかし、最近はペットが長生きする傾向があり、飼い主のほうが先に寿命を迎えてしまうケースが増えているのです。故人のペット問題は、超高齢化・核家族化・孤独死の問題に、深く絡んでいるといえます。

1-2.犬・猫・小鳥以外のペットは次の飼い主が見つかりにくい

故人のペットでも、犬・猫・小鳥以外のペットは次の飼い主が見つかりにくいという現状があります。特に、エキゾチックアニマル(小型のサル・は虫類など)と呼ばれる動物は、飼い方が難しいこともあり、引き取り先がなかなか見つからないことが多いので注意が必要です。しかし、今はさまざまな種類の動物がペットとして飼われていることから、今後は犬・猫・小鳥以外でも現実に即した対策が確立されてくることでしょう。

2.故人が飼っていたペットの対処方法は?

故人が飼っていたペットの対処方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.親族や知人の中で次の飼い主を探す

まずは、親族や知人の中で次の飼い主になってくれる人を探しましょう。気心の知れた人なら、安心してペットを預けることができます。特に、ペットと顔を合わせたことがある人なら確実です。なお、遺言により故人が亡くなった後に次の飼い主を指名していることもあるので確認してください。ただし、故人が生前に約束をしていた相手でも、事情が変わってペットの預かりを拒否されることもあるでしょう。また、故人の望みどおりにきちんと世話をしてもらえるかどうかは分かりません。

2-2.動物愛護団体やNPO法人に相談する

動物愛護団体やNPO法人に相談するのも一つの方法です。一般的な動物愛護団体やNPO法人では、飼い主を失ったペットを保護し、次の飼い主を探しています。ただし、連日多数のペットが持ち込まれており、目星を付けておいたところで必ずしも受け入れてもらえるとは限りません。なるべく複数の団体に相談して、最良の方法を考えてもらうとよいでしょう。

2-3.民間のペット専門施設に預ける

故人のペットは、民間のペット専門施設に預けて世話をしてもらうこともできます。故人のペット問題が認識されるにつれ、ペット専門施設も着々と増えているので調べてみるとよいでしょう。ペット専門施設は、飼い主の事情により飼えなくなったペットを、数か月~終生世話をしてくれるサービスです。費用は数十万円以上かかりますが、ペットの専門知識を持ったスタッフのケアを受けられるので安心できます。故人の遺産から費用を出すことができれば、遺族に負担がかかることもありません。

3.生前整理でペットのことをまとめておこう

自分が亡くなった後のことを考えると、生前整理の際にペットのこともまとめておくことが大切です。

3-1.ペットの預け先や動物病院を明記しておく

ペットの預け先情報を必ず明記しておきましょう。たとえば、エンディングノートなどにペットを預かってくれる人や施設の名称・住所・電話番号などを記載しておくのです。また、行きつけの動物病院の名称・住所・電話番号も忘れないでください。飼い主が亡くなるとショックが大きく、体調を崩すペットが多いからです。

3-2.ペットの養育費を用意しておく

故人のペットを引き取る際、大きな問題になるのが養育費です。ペットは、想像以上にお金がかかります。食費・日常品費・医療費など、毎月数千~数万円以上かかるのです。次の飼い主に金銭的な負担をかけないように、まとまったお金を用意しておきましょう。なお、遺言書を作成しておけば、遺産の中からペットの養育費に充ててもらうことも可能です。次の飼い主をペットの後見人に指定し、きちんと面倒を見ることを条件に養育費を渡すことを明記しておきましょう。

3-3.元気なうちにペットを手放すことも考えよう

自分が元気なうちにペットを手放すことも考えておきましょう。愛するペットと離れて暮らすのはつらいことです。しかし、ペットも突然飼い主を失った上に、知らない人や環境の中で暮らすことになります。生前整理の一つとして、ペットの今後を考え、早めに新たな飼い主や引き取り先を探して手放すのも、飼い主の務めと考えましょう。見知らぬ相手にペットを引き渡すのが嫌なら、知人や親族の中で探してみてください。

4.故人のペット問題に関するよくある質問

最後に、故人のペット問題に関するよくある質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.遺品整理の作業中に故人のペットが逃げ出したらどうすればいい?
A.まずは、できるだけ早く探してください。逃げた直後なら、まだ近くにいるはずです。大きな声を出すとびっくりして逃げてしまうことがあるので、なるべく静かに探してみてください。普段食べているエサをまいてみるのもおすすめです。

Q.故人のペットを新しい飼い主に引き渡す前の準備は?
A.以下のような準備をしてください。

  • 動物病院で健康診断を受けさせる
  • 必要な予防接種を済ませておく
  • トイレのしつけをしておく
  • ペットと一緒に引き渡すもの(普段食べているエサ・ペットシーツなど)を確認する

また、ペットの性格や1日の過ごし方などもまとめて伝えるとよいでしょう。

Q.故人のペットを引き取った後、飼えなくなったらどうするべきか?
A.早めに次の引き取り先を探してください。飼えなくなったからといって、ペットを捨ててはいけません。なお、故人からペットの養育費を受け取っている場合は、遺族に返還する必要があります。そのままにしておくと、詐欺罪に当たる可能性もあるので注意しましょう。

Q.故人のペットがなついてくれないのですが?
A.焦ってはいけません。ペットにしてみれば、いきなり愛する飼い主を失ったのです。ペットも悲しいことがあれば精神的に大きなショックを受けます。時間をかけて愛情をそそげば、必ず心を開いてくれることでしょう。

Q.ペットが死んだら自分と一緒のお墓に入れてほしいとの遺言があるのですが?
A.なるべく故人の遺志を尊重したいところですが、現実には難しいでしょう。多くの寺院では、亡くなった人用のお墓だけを用意しているからです。ただし、中にはペット用のお墓を併設している場合もあります。同じお墓に入れてあげることはできなくても、場合によっては近くに埋葬することも可能です。

まとめ

今回は、故人のペット問題について詳しく解説しました。超高齢化・核家族化などにより、高齢者がペットを残したまま孤独死するケースが急増しています。一般的な遺品と異なり、ペットは生きものであるため、次の飼い主や預け先を探すことが必要です。故人の親族や知人・動物愛護団体やNPO法人・ペット専用施設などで探してみてください。なお、自分が亡くなった後のペットが心配なら、生前整理の一つとして、エンディングノートや遺言に必要事項を記載しておくのもおすすめです。愛するペットが飼い主を亡くした後も安心して暮らせるよう、今のうちに考えておきましょう。