ダイヤモンドを買取に出そう!損なく宝石を売るための賢い方法とは?

ダイヤモンドなどの宝石を買取に出したいと思いませんか?
宝石は高価なものです。
しかし、実際には「使っていない」という人も多いのではないでしょうか。
人に譲るのも捨てるのももったいないけれど、眠ったままにしておくのも…という人のために、買取に出す方法についてご紹介したいと思います。
ダイヤモンドを売る方法をお探しの人は、ぜひ参考にしてみてください。
高く売るコツや、依頼時の注意点についてもまとめています。

1.ダイヤモンドを買取に出す方法

ダイヤモンドを買取に出すには、どのような方法があるのでしょうか。
自分に合ったものを見つけてください。

1-1.質屋

ダイヤモンドなどの宝石を売るとき、まず考えるのが質屋に持って行く方法ではないでしょうか。
品物を店頭に持って行くと、その場で鑑定士が鑑定してくれます。
査定金額に満足した場合は、現金を入手することができるでしょう。
質屋を利用するメリットは、ある程度の期間は買い戻しが可能という点です。
買取に出したダイヤモンドが店頭に残っている間は、買い戻すことができます。
買取に出してから後悔することになっても安心ですよね。

1-2.ダイヤモンドの買取専門店

ダイヤモンドの買取専門店もあるのでチェックしてみてください。
鑑定士の資格を持つプロが常駐しており、そのときの相場に合った価格で取り引きすることが可能です。
その場で査定が行われ、査定額に納得すればすぐ現金に換えてくれます。
「時間をかけずに取り引きがしたい」「あまり手間をかけたくない」という人におすすめの方法と言えるでしょう。

1-3.不用品回収業者

ほかにも処分したいものがあるという人は、不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。
不用品回収業者の中には、宝石の鑑定が得意なところもあります。
そういった業者を探して依頼すれば、安心してお任せできるのではないでしょうか。
不用品回収業者を利用するメリットは、自宅まで回収に来てもらえるという点。
処分したい不用品が大量にある場合でも、自分で持ち運ぶ必要はありません。
回収と買取を同時に依頼できるため、状態のよいものは買取、悪いものは回収してもらうことができるのです。
いずれにしても、確実に不用品の処分ができるというのはうれしいことでしょう。
引っ越し前などにまとめて不用品を処分したい人にも、大変おすすめの方法となっています。
まずは、無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

2.高く売るコツ

せっかく高価な宝石を手放すのですから、1円でも高く買取ってもらいたいものです。
ダイヤモンドを高く売るコツについて、いくつかご紹介しましょう。

2-1.価値の見分け方を知っておく

ダイヤモンドを高く売るためには、必要な知識を身につけておくと有利です。
ダイヤモンドの価値を見分ける方法を知っておくと、あらかじめどのくらいの買取金額になるか見当をつけることもできるでしょう。
ダイヤモンドの価値を決めるのは、カラー、カラット、クラリティー、カットのいわゆる「4C」です。
カットの種類と透明度、石の重さ、傷の有無などがポイントになるため、買取に出す前に品質や状態を確認しておくことをおすすめします。

2-2.しっかりと手入れをしておく

いくら高品質なダイヤモンドでも、保管状態が悪いと買取金額にも影響してしまいます。
普段からきちんとダイヤモンドの手入れをしておきましょう。
ダイヤモンドは衝撃に弱く、特定の方向から衝撃を受けると割れてしまうこともあります。
そのため、保管の際には丈夫なケースに入れておくようにしましょう。
また、急激な温度変化にも弱いのが特徴です。
洗いものや入浴、スポーツをする際などはできるだけ外しておくことをおすすめします。
一番簡単な手入れ方法は「着用したら丁寧に拭く」ということ。
身につけた後は、ケースにしまう前に、柔らかい布やクロスなどで優しくから拭きしておきましょう。

2-3.付属品をそろえておく

ダイヤモンドを高く売るためには、保証書や鑑定書、ケース、取り扱い説明書などの付属品も一緒にそろえておきましょう。
宝石は高価なものなので鑑定書や保証書が「本物」の証拠になります。
査定を行う鑑定士も、そのダイヤモンドが本物かどうか素早く判断しやすくなるでしょう。
そのため、買取金額に大きく差が出ることになるのです。
ただし、発行元の鑑定機関によって信頼度の高い低いがあることも事実。
また、発行された年代によっても鑑定の査定基準が異なる場合があるのです。
より厳密な鑑定基準になった2010年以降に発行されたものは、信頼度が高いと言われています。

2-4.ブライダル由来かどうかをチェック

婚約指輪や結婚指輪など、ブライダルにまつわるダイヤモンドかどうかをチェックしておきましょう。
一生に1回の記念に購入されるものであるため、品質の高いダイヤモンドが使われていることが多いのです。
そのため、査定金額が高くなる傾向があります。

3.依頼時の注意点

最後に、ダイヤモンドの買取を依頼する際の注意点をいくつかご紹介します。

3-1.複数の業者に見積もりを依頼する

同じダイヤモンドでも、業者によって査定基準は異なります。
買取金額が高かったり低かったりすることもあるのです。
そのため、業者を決めるときは最初から1社に絞ってはいけません。
複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしましょう。
そうすることで、そのダイヤモンドの相場を知ることにもつながります。
また、見積もり依頼を出すときに業者の態度をチェックすることもできるでしょう。
雑な見積もりを出すような業者は信頼できません。
最適な業者を選ぶためにも、見積もり依頼を忘れないようにしましょう。

3-2.業者の信頼度を見極める

買取をしている業者の中には、悪徳業者も存在しています。
悪徳業者は対応が雑なことが多いため、質問をしても丁寧に答えてくれない業者は選ばない方がよいでしょう。
特に、初めて買取業者を利用するという人は注意が必要です。
その業者がどのような買取を行っているのか、査定の際には手数料がかかるのかなど、業者の中身についてしっかりと調べておくことをおすすめします。
特に、突然自宅に訪ねてきてダイヤモンドの買取を強引に推しすすめるような業者には十分注意しましょう。
このような「押し買い」の被害が拡大しているということを覚えておいてください。
一番安心なのが、その業者を実際に利用した人たちの口コミや評判をチェックする方法でしょう。
インターネットで検索すれば見つかる場合もあるため、ぜひチェックしておいてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
ダイヤモンドを買取に出したいと考えているなら、一番よい方法で依頼したいものですよね。
高価な宝石を後悔なく手放すためにも、さまざまな選択肢をじっくりと検討してみてください。
思った以上の金額で売ることができる可能性もありますよ。