制震住宅とはどのような家? 耐震住宅とはどこが違うの?

日本は世界でも有数の地震大国です。
しかもこの20年の間に2度も震度6以上の大地震に見舞われています。
「自宅を耐震構造にしたいが、費用がかかる」と悩んでいる方も少なくないでしょう。
そのような方は制震住宅はいかがでしょうか?
そこで今回は制震とは何かをご説明しましょう。
制震構造と耐震構造の違いはなんでしょうか?
また、制振装置とはどのようなものでしょうか?
地震に強い家を建てたいという方や、制震構造の家に興味があるという方はぜひ読んでみてください。

1.制震構造と耐震構造の違いとは?

この項では、制震構造の特徴についてご紹介します。
地震に強いといわれる耐震構造とどこが違うのでしょうか?

1-1.制震構造とはどのようなもの?

制震構造とは、建物に「制振装置」(ダンパー)を取り付けて、地震の揺れを吸収する構造にした建物のことです。
制震構造の歴史は意外と古く、その原型は奈良県の法隆寺にある五重塔に見ることができます。
当時としては高層建築だった五重塔は地震が起こるたびに揺れを吸収して今日まで崩れることなく立っていられたのです。
また、現在、制震構造は多くの高層建築に使われています。
地震は高い建物の上層部ほど激しく伝わります。
震度3の地震でも、20階建てのビルの最上階では震度5くらいの揺れになることも珍しくありません。
そこで制振装置を付けることで、地震の揺れが上階に伝わるのを防いでいるのです。

1-2.耐震構造とどこが違うの?

耐震構造は、壁や柱を多くして地震の揺れに耐える構造の家のことです。2×4建築の家などがそれにあたりますね。
日本の伝統的な住宅構造というのは、柱と梁(はり)で屋根を支える構造でした。
この構造では大きな地震には耐えきれません。重い瓦屋根がのっていればなおさらです。
ですから阪神淡路大震災では多くの古い家屋が倒壊したのです。
耐震構造の家は震度6以上の地震でも耐えきる強度を備えています。
しかし、ダメージを全く受けないというわけでもありません。
大きな地震のあとは震度5以上の余震が頻繁に起こりますが、本震は耐えきっても余震で倒壊してしまう家屋もあります。

2.制震構造のメリットとは?

制震構造は、耐震構造に比べると

  • 建築費用が安い
  • 揺れを吸収するので、余震が起きても家屋が倒壊しにくい
  • メンテナンスがほぼ不要
  • 台風や自動車など地震以外の揺れにも対応できる

ということです。
また、最も新しい地震に強い家を作る方法として免震構造の家というものがありますが、これは家と土台の間に揺れを吸収する特殊な素材を挟み込むことで、揺れが建物に伝わるのを防ぐ構造です。
制震構造とよく似ていると思う方もいるかもしれませんが、制震構造では制振装置を梁や筋交い、壁に設置するのに対し、免震構造の家は土台と建物の間に装置を挟み込みます。
つまり、免震構造の家の方が工事が大掛かりで、高価になりやすいのです。

3.リフォームで制震構造の家にすることも可能

家の寿命は約40年~80年と言われています。
日本で耐震基準が定められたのが1981年ですから、それ以前に作られた住宅は、震度6程度の地震でも倒壊の可能性があります。
しかも、そのような住宅は日本中にまだまだたくさんあるでしょう。
「1981年以前に建てられた住宅なんて、もう古いのだから建て替えればよいのに」という意見もあります。
しかし、家の建て替えにはお金がかかります。
さらに、現在の法律に沿って家を建て替えると以前より狭い家しか建てられないということもあるでしょう。
「リフォームで耐震構造の家にできないのか」と思っている方も多いです。
しかし、耐震工事は壁を増やしたり、強固にする工事です。免震工事は建物と土台を切り離す工事です。
どちらも大掛かりなリフォームになり、場合によっては家を建て替えるのとほぼ同額のお金がかかるかもしれません。
でも、制震工事ならば壁の一部を壊して制振装置を取り付けるだけです。
制振装置というとなにやら大掛かりなもののようなイメージがありますが、実際は大人が両手でもてる程度の大きさしかありません。
ですから、壁をすべて壊すような大がかりな工事もいりません。
通常の一戸建てならば2~3日で工事は終了します。
しかも住人が工事中よそに移る必要もありませんし、家具の移動も最低限で済むでしょう。
これならば、高齢者の自宅も簡単に制震構造にできます。
また工事が簡単な分、耐震工事の2分の1、免震工事の10分の1程度の工賃ですむのも魅力的です。

4.リフォームで制震工事を行う流れとは?

では最後に、リフォームで制震工事を行った場合の流れをご紹介しましょう。
まずは制震工事を行ってくれる業者を探すことから始めてください。

4-1.業者に工事を依頼する

制震工事を行っている業者はたくさんあります。
工務店によっては特色ある独自の制震装置を売りにしているところもあるでしょう。
複数の工務店から見積もりを取って、比較してもよいですね。
また、制振装置にもそれぞれ特徴がありますから、比べる必要があります。
ただし、制震工事を取り扱い始めてまだ日が浅い、という工務店よりも、制震工事の実績がたくさんある工務店に依頼したほうが満足いく工事ができるでしょう。
また、極端に工賃が安い工務店は逆に注意が必要です。
なぜ、そんな安い値段で工事ができるのか、理由を尋ねて納得できなければ依頼しないほうが無難でしょう。

4-2.制震装置を取り付ける場所を決め、家具をどかす

制震装置は壁の一部を壊してそこに取り付けます。ですから壁にぴったりと張り付けておかれている家具はどけましょう。
また、壁を壊すと粉じんが飛び散りますから、防止措置を施していても、移動できる家具は他の部屋に移しておくとよいですね。

4-3.工事開始

工事を開始したら、その部屋にはできるだけ立ち入らないようにしましょう。
その他は普通の生活をしてかまいません。
もし大きな音が出るようだったら、両隣くらいは工事のあいさつに行きましょう。
工事自体は2~3日で終わるので、騒音が原因でストレスがたまったり、長い間不自由な生活を強いられるといったことはありません。
また、制震装置は基本的にメンテナンスフリーですから、定期点検などわずらわしいこともないです。
壁が元に戻っているかだけしっかりと確認して工事終了です。

4-4.新築で制震構造にする場合は?

新築で制震構造の住宅を作る場合は、筋交いや柱の間などにあらかじめ制振装置を組み込んで家を作ります。
気になるという方は、工事中に家を見に行って制振装置の取り付け場所を確認しておくとよいでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は制震構造の家の特徴や耐震工事と比べた場合のメリットなどをご紹介しました。
まとめると

  • 制震構造の家とは制震装置を梁や筋交いに取り付けることで地震の揺れを吸収する構造にした家のこと
  • 繰り返し強い地震が来ても建物を守ることができる
  • メンテナンスフリーなので、維持も簡単
  • 耐震構造や免震構造の家に比べると工事費が安い
  • リフォームも簡単なので、古い住宅を制震構造の家にすることも可能

ということです。
耐震構造や免震構造に比べて知名度が低い制震構造ですが、できるだけお金をかけずに地震に強い家を建てたいという方や、古い家を地震に強い家にリフォームしたいという方には、おすすめです。