外断熱と内断熱の違いやそれぞれの特徴とは? どちらを選べばいいの?

住宅を作る際、間取りや内外装と同じくらいよく考えなくてはいけないのが断熱効果です。
断熱性能の低い住宅を造ってしまうと、光熱費がかかる暮らしにくい家になってしまいます。
でも注文住宅を造る際に外断熱か内断熱かで迷う人も多いでしょう。
そこで今回は内断熱と外断熱のそれぞれの特徴と性能の差をご紹介します。
この2つはどちらが優れている、というわけではありません。
それぞれのメリットを活かせるかどうかが大切なのです。
これから注文住宅を造りたいけれど、断熱工事の方法に悩んでいるという方はこの記事を参考にしてみてくださいね。

1.内断熱と外断熱のそれぞれの特徴とは?

この項では、内断熱と外断熱の工法の違いや特徴をご紹介します。
いったいどのような特徴があるのでしょうか?

1-1.内断熱とは?

内断熱とは、柱と柱の間の壁の中に断熱材を埋め込む工法です。
一般的な断熱工事というとこちらを指すことが多いでしょう。
ほとんどの施工業者で取り扱える工法であり、断熱材の種類によっては安価で工事ができることが魅力です。
肝心の断熱効果は「ほどほど」といったところでしょうか。
壁の間に断熱材を入れているので、外気温の影響を受けやすく、季節によって室温が大きく変わりやすいです。
また柱や土台で断熱材が途切れていますから、家の構造によってはエアコンをつけた場合、部屋よる温度差が激しくなるでしょう。
さらにこの温度差によって結露が生じやすく、室内の湿度が冬でも高くなる傾向にあります。

1-2.外断熱とは?

外断熱とは、柱の外側に断熱材を張り付ける工法です。
内断熱と違い、壁の中は空洞になります。つまり断熱材で作られた箱の中に家が建っているような構造です。
断熱材に切れ目がありませんから、断熱効果は抜群です。
高気密、高断熱の家とうたっている家はこの外断熱工法を使っているところも多いでしょう。
また、鉄筋コンクリートのような「温まりにくく冷めにくい」素材の家を建てたいという場合は、外断熱工法を使うと光熱費が節約できます。
ですからコンクリート打ちっぱなしのような個性的でおしゃれな家を建てたい、という場合も外断熱にした方が暮らしやすい家が建てられるでしょう。
しかし外断熱工法は建物の構造によっては高い技術を必要とします。
ですから施工できる工務店が限られるうえ、工賃も高くつきやすいでしょう。
さらに広い建物の場合は空調が効くまで内断熱工法の建物より時間がかかりやすい、というケースもあります。

1-3.両方の長所を合わせたハイブリット断熱とは?

現在は内断熱と外断熱の長所を合わせたハイブリット断熱工法というものもあります。
この断熱工法は、低燃費住宅など光熱費かからないと謳っている住宅に使われていることが多いでしょう。
両方の長所を合わせた断熱工法ですから、断熱効果は抜群です。
しかし高価な断熱材を使うこともあるので価格が高くなりがちのうえ、施工できる業者も限られています。
北国に住んでいて暖房費をできる限り節約したい、という場合には施行を検討してみるとよいでしょう。

2.それぞれの特徴をうまく利用することが大切

さて、こうしてそれぞれの工法を見比べてみるとどちらにも一長一短があることがわかるでしょう。
単純に断熱の性能だけ比較するなら外断熱工法のほうが優れています。
しかし前述したように、外断熱工法はコストがかかるうえ、施工には熟練の技が必要です。
奮発して外断熱工法にしたのに、施工業者の腕が未熟だったせいで十分な効果を得られなければ、高い工賃を払った意味がありません。
断熱工事の工法を決める際は建てる家の構造や素材、家を建てる土地の環境なども考慮することが大切です。

3.断熱工事の工法を決めるポイントとは?

この項では、外断熱か内断熱か迷った時に工法を決めるポイントをご紹介します。
迷った時は参考にしてください。

3-1.木造住宅は内断熱のほうがよい?

一般的な木造住宅は鉄筋コンクリートに比べるとエアコンや暖房をつけると部屋が暖まりやすい反面、スイッチを切ると室温がすぐに下がりやすいです。ですから、お金をかけて外断熱にしても、内断熱以上の効果が得にくいケースも多いでしょう。反対にコンクリート製の住宅は、木造住宅に比べるとエアコンや暖房の効きが悪いですが、一度部屋が暖まるとなかなか冷めにくいです。ですから外気温を遮断しやすい外断熱にすると、温まった室温をキープしやすいでしょう。つまり、家の素材によっても適した断熱方法が異なるのです。

3-2.家を建てる場所の環境によって決める

日本は南北に長いので、地域によって温度差が激しいです。
冬でも温暖な気候の土地に家を建てるのなら、無理に外断熱にこだわらず従来の内断熱で十分かもしれません。
逆に冬の寒さが厳しい土地に建てるのなら、外断熱のほうがメリットがあります。
冬はある程度寒くなるので、どちらにしようか迷っている場合は一度工務店に相談してみましょう。
土地の環境に合った断熱工法をアドバイスしてくれます。

3-3.工務店によって決める

前述したように外断熱工法を施工するには、高い技術が必要です。
ですから施工できる工務店は限られてくるでしょう。省エネ住宅が注目されて以来、外断熱工法を行う施工業者は増えました。
しかし中には未熟な技術で施工をしている業者もいます。
外断熱工法を行いたいという場合は、入念に業者を選びましょう。

4.断熱工事の重要性と業者を選ぶ際の注意点とは?

では最後に住宅の断熱性が不十分なときに起こるデメリットと、業者を選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。

4-1.断熱が不十分だと起こる不具合とは?

日本の住宅に断熱工法が取り入れられるようになってから、実はまだ30年~40年ほどです。
かつて日本の住宅は夏を過ごしやすくすることに、重点を置いて作られてきました。
ですから壁が少なく、窓が大きく、部屋の仕切りはふすまや障子などで開閉できる作りになっているのです。
しかしその分冬の寒さかなりのもの。日当たりによっては外気温より家の中のほうが寒いことも珍しくありませんでした。
断熱工法はこの不具合を解消してくれる画期的な工法だったのです。
しかし、断熱が不十分だと室内の気温をうまく維持できません。
同じような日当たりと間取りの家なのに室温が全く違うということがありますが、これが断熱工法の技術の差なのです。
つまり断熱が不十分だと暮らしにくい家になるばかりでなく、部屋の温度を維持するために光熱費も余計にかかるでしょう。

4-2.業者を選ぶ際の注意点とは?

現在の注文住宅は、ほぼすべて内断熱をとりいれています。
内断熱の工法は壁の中に断熱材を埋め込んでいく方法なので、外断熱に比べて簡単でしょう。
ただし、内断熱は施工の仕方が悪いと部屋の中に湿気がこもりやすくなり、カビや結露の原因になります。
内断熱工法だから、どんな業者でも上手にできるわけではありません。
やはり一定の技術があり、家の構造に合わせて施工をしてくれる業者を選びましょう。
外断熱の工事を依頼する場合は、実際に手がけた物件を見せてもらうとなおよいですね。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は内断熱と外断熱のそれぞれの特徴などをご紹介しました。
まとめると

  • 内断熱と外断熱はそれぞれに特徴がある
  • どちらが優れていると断定することはできない
  • 工事方法を選ぶ際は、家の構造や素材も考えて選択する必要がある
  • どちらの断熱工事も技術のある業者に頼むことが大切

ということです。
最近は断熱工事に力を入れ、光熱費が安く上がる家を造れますとアピールする業者も増えてきました。
しかしとにかく断熱効果さえ高めてしまえば暮らしやすい家ができる、というわけではありません。
家の構造や素材、さらに家を建てる場所の気候などを考えた上で、断熱工法を選ぶことが大切です。
また、リフォームする際も同様のことが言えるでしょう。
高いお金をかけて断熱工事をしたのに、効果が実感できないのでは不満が残ります。
断熱工事や内装や外装工事と違って目に見えない場所ですが、とても重要な工事です。
業者のアドバイスにも耳を傾けて判断しましょう。