「耐震」「免震」「制震」それぞれの違いは? 比較してみましょう!

地震大国と言われる日本では、地震に強い建物の建設が強く求められます。
しかし、一口に「地震に強い建物」といっても、複数の種類があるのはご存知でしたか?
一般の住宅にも使える工法には「耐震」「免震」「制震」の3種類があるのです。
そこで今回は、この3つの工法の比較やそれぞれのメリット、デメリットをご紹介します。
どの工法が良いのかは、建物の状態や築年数によっても違うでしょう。
自宅の地震対策を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。
自宅にぴったりの工法が分かるかもしれません。

1.一般住宅にも行える耐震工法とは?

この項では、一般住宅に行える耐震工法についてご紹介します。
また、日本の家がなぜ地震に弱いのかもご紹介しましょう。

1-1.日本の伝統的な家屋が地震に弱いわけは?

日本の伝統的な家屋は、湿気を逃して夏を過ごしやすくすることを重点に建てられています。
ですから、壁が少なくて間口が大きく天井が高めなのです。
このような家を建てるには、柱や梁で屋根を支える必要があります。
また、この工法だと家の中の間仕切りも、ある程度変えられるのです。
しかしその反面、柱が折れたり梁や土台の接合部が外れれば、一気に倒壊する可能性があるでしょう。
また、瓦屋根の場合は屋根自体が重いですから、より倒壊の危険性が高まります。
実際阪神淡路大震災ではこのような建物がたくさん倒壊し、多くの方が亡くなりました。

1-2.耐震工事

地震に強い建物というと最もポピュラーなものが、この耐震工法で建てられた家です。
耐震工事の特徴は壁面を強化し、地震の揺れに対抗する家を造ること。
一時期盛んに宣伝していた2×4の家も、耐震住宅のひとつです。
また、学校や市役所など築年数がたった公用施設の外側に、X型やV型の筋交いが付けられているのを見たことがある方もいるでしょう。
これも耐震リフォームの一種。
壁が少なく窓が多い建物は、このように外側に筋交いを作ることで地震に強い建物にしているのです。

1-3.免震工事

今、最も新しい地震に強い家を造る工法です。
「免震装置」という特殊な装置を建物と土台の間にかませることで、地震の揺れが家に伝わるのをカットできます。
耐震工事が2度、3度の余震に耐えきれないような大地震でも、免震工事をした家ならば家自体へのダメージは少ないというメリットがあるのです。
また、免震工事をした家の実験映像を見ると家の外では物が倒れたり崩れたりしているのに、家の中の家具はほとんど動きません。
つまり、何度も襲ってくる地震にも対応できます。

1-4.制震工事

こちらは、制震ダンバーと呼ばれる装置を壁の四隅や筋交いに取り付けることで、地震の揺れを装置が吸収する工法です。
制震工事や免震工事に対して知名度こそ低いですが、高層マンションなど高層建築物の揺れを防いでくれるので、新築マンションには大抵標準装備されています。
また、世界最古の木造建築である法隆寺五重塔にも、制振ダンバーと理屈は同じ仕組みが使われているのです。
地震が起こると制震ダンバーが揺れを吸収して、熱エネルギーに変換します。
1階よりも2階や3階の方が、揺れは伝わりにくいでしょう。
また、地震の他に台風や自動車の振動も吸収してくれます。

2.3つの工事のメリット、デメリットとは?

では、この3つの工法のメリット、デメリットとは何でしょう?
この項ではそれをご紹介します。
完璧な工法はありません。
自宅の状態や予算に合わせて工法を決めることが大切です。

2-1.耐震工事

とにかく地震に強い建物を作ることを目的としているので、家屋の倒壊する危険性が低くなります。
前述したように阪神淡路大震災では、家屋の下敷きになって多くの方が亡くなりました。
家にいる時に地震に遭遇した場合、家屋が倒壊に巻き込まれればケガや死亡する確率が高くなります。
しかしその反面、耐震工事の場合は揺れがダイレクトに家に伝わるのです。
ですから、たとえ家が頑丈でも大型ダンスや冷蔵庫などの、重くて大きな家具家電の下敷きになる危険性はあります。
ですから、家具や家電の地震対策もしっかり行ってください。
また、大地震が起こると震度5~6クラスの余震も珍しくありません。
耐震工事は確かに頑丈ですが、2度3度起こる余震に耐えられるものは少ないのです。

2-2.免震工事

免震工事は、土台と家を切り離すことで建物に伝わる揺れをカットする工法です。
ですから、土台がむき出しになっているときに工事を始めなければなりません。
つまり、リフォームには不向きなのです。
また費用が高く、一般の住宅でも行えますが現在のとことほとんど大規模マンションや、企業の自社ビルなどで行われています。また、2015年3月には免震装置を作っている企業が不正を働いていたことが発覚しました。
その上まだ新しい工法なので、施工できる工務店が限られています。

2-3.制震工事

制震工事は制震ダンバーを取り付けるだけですので、新築の家だけでなくリフォームにも適しています。
壁の中に取り付ける場合は壁の一部を壊せばよいのですから、住民が他所に移る必要もありません。
さらに、費用が安いのも魅力的です。
工費は施工業者によって異なりますが、耐震工事の2分の1、免震工事の10分の1ほどで行えることもあります。
ただし、制震ダンバーは上階の揺れは良く吸収しますが、1階の揺れは2階、3階よりも吸収できません。
ですから、1階に重い家具家電を置いている場合は、地震対策をしておきましょう。
さらに制震ダンバーだけでは、吸収できる揺れに限りがある場合もあるのです。
ですから、建物や土地の状態によっては耐震工事と組み合わせたほうが、より効果のあるケースもあります。

3.実績がある業者に依頼しよう

どのような工法であれ、耐震工事を依頼する場合は実績のある業者に頼みましょう。
一時期に比べて少なくなりましたが、「今なら格安で耐震工事をいたします」と飛び込みで営業をかけてくるリフォーム詐欺もまだまだいます。
特に制震ダンバーを設置する制震工事は、施工が簡単なので業者が屋根裏に上がって実際には効果のない工事をし、多額の工事費を請求する詐欺事件もありました。
評判の良い施工業者が飛び込み営業など、効率の悪いことはしません。
たとえ耐震工事を考えていたとしても、自分で業者を調べて依頼するのが一番です。
今はホームページを開設している業者も多く、そこで自社製品や工法の特徴を紹介している所もあります。
ぜひ参考にしてください。

4.おわりに

いかがでしたか?今回は自身に家を造る工事の仕方やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。
まとめると

  • 耐震工事は地震に強い家を造れるが、揺れがダイレクトに家に伝わる
  • 免震工事は家に伝わる揺れを大きくカットできるが、費用も高く施工できる業者も少ない
  • 制震工事は工事が簡単で費用も安いが、1階に揺れが伝わりやすい

ということです。
こうして挙げてみると、それぞれメリット・デメリットがありますね。
ですから、家や土地の状態をよく見て、必要ならば工法を複数組み合わせて家を造ることも必要です。
特にリフォームの場合は、家の外観を大きく変えてしまう可能性があるので、しっかり業者と打ち合わせてください。
家の外観も全く変えず、地震に強い家にして欲しいというのは大変難しいのです。