理想の家を建てたのに後悔している!? 注文住宅のデメリットとは?

一戸建てを購入する際、建売住宅か注文住宅かで悩む方は多いでしょう。
また、家に対するこだわりが強い方ほど、注文住宅を選ぶ傾向にあります。
しかし、注文住宅は自分の理想に近い家が手に入るというメリットがある一方、デメリットも小さくありません。
そこで、今回は注文住宅のデメリットをご説明しましょう。
これから注文住宅を建てようという方にとっては、知りたくないこともあるかもしれません。
しかし、あらかじめデメリットを知っておけば建てた後に後悔することもないのです。
これから注文住宅を建てようという方こそ、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.注文住宅と建売住宅の違いとは?

注文住宅のデメリットをご紹介する前に、まずは建売住宅の違いをご説明しましょう。
建売住宅のメリット・デメリットも同時にご紹介します。

1-1.建売住宅とは?

建売住宅とは、すでに建築済みの一戸建てを土地とセットにして販売するものです。
すでに家が建っていますから、間取りなどを確認してから購入することができます。
また、間取りは万人が暮らしやすいように作られていますから、どのような家族構成の方が買ってもそこそこ満足できるでしょう。
さらに、新興住宅地などで何十件もの家が一斉に販売された場合は、価格も安くなりますし周囲の環境も同時に整うことがあります。
「一戸建ては欲しいが特にこだわりがない」という方は、建売住宅でも特に問題はないでしょう。
しかし、建売住宅は建築過程が見られません。
ですから、見えないところでどのような工事がされているかを確認することができないのです。
そのため、実際に住んでみたら欠陥が見つかった、ということもあるでしょう。
また、間取りの自由度がないので、「ここをこうすれば、もっと住みやすい家になるのだけれど」といった不満を抱きやすいです。

1-2.注文住宅のメリットとは?

一方、注文住宅は土地を自分で探すところからスタートします。
ですから、建売住宅を購入するより、完成までに何倍もの時間がかかるでしょう。
しかし、その分自分の理想に近い家が建てられます。
家の設備ひとつひとつが自分の選び抜いたものであれば、より愛着もわくでしょう。
また、間取りも自分の好きなように決められるのです。
「こんな家に住みたい」という強いこだわりがある方や、「ぜひ、こんな設備を備えた家に住みたい」という方にとっては注文住宅の方が満足できるでしょう。
また、ペットを飼っている人も注文住宅を建てれば、よりペットと共存しやすい家にすることも可能です。

2.注文住宅のデメリットとは?

では、注文住宅はどのようなデメリットがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.完成までに時間がかかる

注文住宅は、土地から自分で探さなくてはなりません。
ですから、理想の土地が見つけるだけでも時間がかかるでしょう。
さらに、土地の状態をチェックして宅地に向いているか確かめなければなりません。
土地を宅地向けに整備して、やっと家が建てられます。
そのため、「子どもが小学校に上がるまでには」というような制限があると、余計に大変です。
不動産屋巡りだけで疲れてしまうかもしれません。

2-2.お金が余計にかかる

建売住宅は、土地と建物がセットで売られています。
しかし、注文住宅の場合は土地を扱う会社と家を建てる会社が別なことも珍しくありません。
そうなると、各会社に手数料などを支払わなくてはならず、余計なお金がかかるでしょう。
また、手続きも面倒です。

2-3.予算がオーバーしがち

注文住宅の場合、家の設備もすべて自分たちで選びます。
業者に相談すれば、ショールームなどにも案内してくれるでしょう。
設備の機能や見た目は値段に比例します。で
すから、よいものを見てしまうとつい「やっぱり設備をグレードアップしたい」と思うことも珍しくありません。
その結果、予算がオーバーして後でローンの支払いに苦しむケースも多いのです。

2-4.住みにくい間取りを作ってしまう

注文住宅の場合、間取りも自分で考えられます。
建築士に依頼することもできますが、こだわりの強い方の場合は、「このような間取りで作ってください」とお願いする人も多いでしょう。しかし、理想の間取りと住みやすい間取りは違います。
たとえば、スイッチの位置ひとつでも、使いにくい場所に作ってしまえば住みにくくなるでしょう。
部屋の位置ならばなおさらです。
また、壁紙なども個性的なものを選びすぎると落ち着かない家になってしまうこともあります。

2-5.維持費がかかる

施主のこだわりが強く、規格外の設備や部品を使っている家ほど維持費がかかります。
また、設備が一か所壊れただけでも修理費が高くつくこともあるでしょう。
さらに、特注品が壊れたり取り換えが必要になったりした場合は、費用だけでなく新しいものと交換するまでに時間もかかります。

2-6.中古住宅として売れない

何らかの理由で家を売りたい場合、個性的な間取りの注文住宅はなかなか買い手がつかないことがあります。
また、独特のデザインの家も同じです。
その結果、売値を大幅に値下げしなければならなくなった、というケースも少なくありません。

3.後悔しない注文住宅を建てるためには?

注文住宅のメリットは、施主の望みどおりの家を建てられるということ。
しかし、だからといってあまり個性的な家を建てすぎると、住みにくい家ができあがるでしょう。
個性的な住宅を紹介するテレビ番組では、奇抜なデザインでもすてきな家がたくさん紹介されています。
しかし、このような家は住みやすさも兼ね備えているのです。
注文住宅を建てる場合は、まず住みやすさを第一に考えましょう。
「無個性な間取り」は言いかえれば「万人にとって住みやすい間取り」になります。
また、建築士や住宅メーカーの担当者に、アドバイスを求めましょう。
施主が「このような家を建ててほしい」と言えば、注文を受けた業者はそれに従うしかありません。
しかし、建築士や住宅メーカーの人の方が家に関してはプロです。
ですから、「こんな風な家にしたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?」と聞いてみるとよいですね。
また、予算の上限を決めておくと安易な予算オーバーを防げるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は注文住宅のデメリットについてご紹介しました。
まとめると

  • 注文住宅は完成までに時間がかかる。
  • 個性的なデザインにしてしまうと売れにくく、維持費もかかる。
  • 使いにくい間取りを作ってしまうと後悔する。

ということです。
注文住宅で、すてきな家を建てた方はたくさんいます。
しかし、後悔している方も少なくありません。
家に対するこだわりが強すぎると、人の意見に耳を傾けにくくもなるでしょう。
しかし、家は一生の買い物です。
後悔しながらローンを払い続ける生活は、想像以上につらいでしょう。
ですから、ほかの人のアドバイスには耳を傾けてください。
特に、間取りについては建売住宅の間取りをベースに自分のこだわりを入れる、くらいでちょうどよい場合もあります。
また、デザインを凝りたい場合は維持費のことも考えましょう。外国製の設備ばかりを入れれば、壊れたり劣化したりしたときに修理ができなくなる可能性もあるのです。