「実はいらないもの」をすっきり処分!仕分け方法や捨て方も紹介!

「ものが多すぎて家の中が片づかない」「実はいらないものもあるのではないか?」という悩み、よく分かります。家の中には、「実はいらないもの」が意外と多いものです。そのことに気づかず何となくものをため込み、家の中を乱雑にしてしまっている可能性は高いでしょう。自分にとって「本当に必要なもの」と「実はいらないもの」を見極め、家の中をすっきり片づけるべきです。この記事では、実はいらないものの特徴や処分するメリット・処分する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 実はいらないものを処分するメリットは?
  2. 実はいらないものリストを紹介
  3. 実はいらないものを処分する方法2つ
  4. 実はいらないものをリサイクルに出そう
  5. 実はいらないものの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、実はいらないものの特徴や処分する際の注意点・リサイクルするメリットなどが分かるはずです。

1.実はいらないものを処分するメリットは?

まずは、実はいらないものの特徴やいらない理由・処分する重要性などをご紹介しましょう。

1-1.なくても困らないもの

実はいらないものとは、自分にとって「なくても困らないもの」のことです。「なくても何とかなるが、あると便利」「今は使っていないが、いずれ使うかもしれない」などの理由で保管しているものもあるでしょう。また、「高かったから」「もらったものだから」という理由で、捨てることに抵抗を感じるものもあると思います。しかし、そういったものは、なくなっても困ることはないのです。今現在使っていないものは、あなたの生活にとって「実はいらないもの」であると考えてよいでしょう。

1-2.処分すれば家が劇的にすっきりする

家の中を探せば、「実はいらないもの」が大量に出てくるはずです。そのすべてを処分することで、家の中は劇的にすっきりするでしょう。パンパンだった収納スペースにも余裕が生まれ、今まで収納しきれなかったものもきちんと収納できるようになります。片づけがしやすくなり、部屋が散らかることも減るはずです。また、持っているものを把握できるようになるため、無駄な買いものを防ぐことにもつながります。このように、実はいらないものを処分することには、さまざまなメリットがあるのです。

2.実はいらないものリストを紹介

家の中にありがちな「実はいらないもの」とは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか。よくある「実はいらないもの」を場所別にまとめてみました。下記のリストを各家庭の事情に照らし合わせて「いらないもの」がないか改めて見直してみましょう。

2-1.キッチン

キッチンをよく見ると、実はいらないものがたくさんあります。なくなればスペースが広くなり、手入れも楽になるはずですよ。

  • 三角コーナー
  • 水きりカゴ
  • 排水口ネット
  • 油はねガード
  • 調味料ラック
  • キッチンマット
  • 使っていないボウル
  • 使い捨ての割りばしやおしぼり

2-2.浴室

浴室は他人に見せる機会も少ないため、不要なものがたまりやすいのが特徴です。実はいらないものを処分することで、お風呂掃除も格段に楽になるでしょう。

  • バスマット
  • お風呂のふた
  • 洗面器
  • 手桶(ておけ)
  • 椅子
  • シャワーカーテン
  • シャンプーハット
  • 体重計

2-3.トイレ

トイレは基本的に長居無用の場所なので、不要なものはできるだけ置かないようにしましょう。

  • カレンダーやポスター
  • トイレカバー
  • 汚物入れ
  • 掃除ブラシ

2-4.リビング

リビングは部屋の用途が明確に決まっていないため、つい不要なものが集まりがちです。家族それぞれの所有物も集まりやすいので注意が必要になります。

  • リモコンラック
  • 雑貨・写真立て
  • 花瓶
  • 観葉植物
  • CD・DVD
  • 本や雑誌・カタログ
  • スリッパ
  • 子供のおもちゃ・ぬいぐるみ

2-5.寝室

布団がある寝室は特にほこりがたまりやすいため、不要なものを減らして掃除しやすくすることが大切です。

  • サイドテーブル
  • 間接照明
  • 予備の寝具
  • ぬいぐるみ
  • 目覚まし時計
  • アロマキャンドル

3.実はいらないものを処分する方法2つ

実はいらないものを仕分けする方法や処分の仕方・注意点などをまとめました。

3-1.使用頻度で仕分けする

ものをいるかいらないか仕分けする際には、使用頻度を判断基準にしましょう。使用頻度が高いものは、当然「必要なもの」と判断できます。残りは、「年に数回使うもの」と「1年以上使っていないもの」に仕分けしていきましょう。年に数回しか使わないものでも、絶対に必要なものもあるはずです。そういうものは残しても問題ありません。しかし、1年以上使っていないものは、今後も使うことはないでしょう。「いらないもの」と判断し、処分すべきです。

3-2.「捨てる」以外の処分方法もある

「なくても困らないもの」の中にも、捨てにくいものはあると思います。たとえば、「思い出の詰まったもの」や「人からもらったもの」「高かったもの」などは、捨てることに抵抗を感じるでしょう。そういったものは、捨てる以外の処分方法を検討すべきです。ゴミとして捨てるのではなく、「欲しい人に譲る」「売る」などの方法であれば手放しやすいのではないでしょうか。

3-3.「捨てる」ための2つの方法

不用品を捨てるためには、自治体のゴミ回収を利用するか、不用品回収業者に依頼する方法があります。それぞれの方法やメリット・デメリットをご紹介しましょう。

3-3-1.安いが手間がかかる自治体回収

不用品を自分で分別して「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」として捨てる場合、費用の安さは大きなメリットです。粗大ゴミとして出す場合、業者に依頼するよりも費用は安く済む場合がほとんどでしょう。ただし、手間はかかります。不用品が大量にある場合、自分で分別するのは大変な作業です。また、粗大ゴミは事前の申し込みや処理券の購入が必要になる自治体も多いため、面倒に感じる人もいるでしょう。さらに、回収日時が決まっているため、自分のタイミングで処分することができません。

3-3-2.一気に処分できるが費用がかかる不用品回収業者

不用品回収業者に依頼すれば、大量の不用品も自分で分別する必要なく一気に処分できます。日時を指定すれば自宅まで引き取りに来てもらえるため、大変な思いをして運ぶこともないのです。大型家具などを処分する場合も安心でしょう。ただし、自治体回収に比べて高額な費用がかかる場合がほとんどです。そのため、「お金がかかってもよいので手軽に処分したい」という人は利用してみることをおすすめします。

3-4.悪質な業者に注意

不用品回収業者を利用する際の注意点として、悪徳業者の存在があります。必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在するため、業者選びは慎重に行う必要があるのです。そういった業者に依頼して高額な料金をだまし取られた例や、回収した不用品を不法投棄された例もあります。

4.実はいらないものをリサイクルに出そう

実はいらないものをリサイクルに出すメリットや方法・注意点をまとめました。

4-1.再利用することで気持ちよく処分できる

まだ使える状態のものは、捨ててしまうよりリサイクルに出すことを検討すべきです。自分にとってはいらないものでも、必要としている人がいる可能性はあります。「必要な人に使ってもらえる」と思えば、気持ちよく手放すことができるはずです。もちろん、不要なものを処分してお金をもらえる、というメリットも大きいでしょう。

4-2.すぐ処分したいならリサイクルショップへ

自分で直接持ち込める場合は、リサイクルショップを利用してみるとよいでしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化が可能です。ただし、状態によっては買取対象外になることもあります。その場合は再び持ち帰らなければならないため、確実に処分できる方法とはいえないでしょう。

4-3.ネットオークションで売る方法も

ネットオークションを利用して不用品を売る方法もあります。自分で売却価格を設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、ネット上に商品をアップし、落札者と取り引きすること、こん包や発送の手続きをすることなど、手間はかかります。また、落札されるまで不用品を家に置いておかなければならないため、急いで処分したい人には不向きです。

4-4.状態をよくしてからリサイクルへ

不用品をリサイクルに出す際は、きれいに掃除をしておきましょう。さらに、付属品がある場合はすべてそろえておくと高額査定の可能性が高くなります。できるだけ新品の状態に近づけることが、大きなポイントになるでしょう。

5.実はいらないものの処分にかんするよくある質問

「実はいらないものを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ものを減らすとお金がたまるというのは本当ですか?
A.ものが減ると自分の持ちものを管理しやすくなるため、必要なものだけを買うようになります。その結果、無駄遣いが減ってお金がたまりやすくなるのです。

Q.ものが増えやすいのはどんな性格の人でしょうか?
A.衝動買いをすることが多い・ストレス発散に買いものをする・ものを買えば人生が豊かになると思っている、などの特徴があります。また、何でも後回しにする性格の人はなかなかものを整理しようとしないため、いつの間にかものが増えていることが多いでしょう。

Q.どうすれば不要なものを買わずに済みますか?
A.買う前に冷静になる時間を作り、自分にとって本当に必要かどうかを考えましょう。自分に必要なものかどうかを判断するためにも、常に自分の持ちものを把握しておくことが大切です。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているか・無料見積もりを受け付けているかをチェックしましょう。また、事務所の所在地を明らかにしているかも確認してください。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターの窓口に相談すれば、適切なアドバイスがもらえます。

まとめ

実はいらないものを処分する方法について、詳しくご紹介しました。私たちの身の回りには、たくさんのものがあります。その中には、実はいらないものもあるはずです。自分にとって不要なものが何なのかを考え、すっきり処分してしまいましょう。そうすることで、さまざまなメリットが得られるはずです。