不要な店舗用品を上手に処分! 店舗用品買取サービスの上手な利用方法

店舗の閉店やリニューアルなどで不要になった店舗用品の処分というのは、費用や手間のかかってしまうものです。

このようなケースで店舗用品や店舗什器・事務機器の処分するという場合、急いで処分をおこなわなければならないということもあります。

店舗用品をできる限り早く処分したいという場合には、店舗用品買取サービスを利用する方法があります。

店舗用品・事務機器・店舗什器・店舗備品を買取サービスで処分する方法や、買取業者に依頼するメリット・上手な売り方などについてご紹介しましょう。

■店舗用品を売るための方法とは?

・店舗用品買取サービスとは

店舗用品買取サービスは、店舗で使用する業務用冷蔵庫やレジ、スチールラックなどさまざまな店舗用品や店舗備品の買い取りサービスです。

中古品買取業者や中古品回収業者などが行なう買取サービスで、通常ならば廃棄処分費用のかかる店舗用品売ることで、お得に処分ができます。

店舗用品は比較的に需要の高い商品であるということから、状態の良いものであれば高価買取の可能性もあるかもしれません。

買取のできない店舗用品であっても“無料回収”などのサービスを受けられることもあるので、店舗用品の処分に悩んでいる場合には、店舗用品買取サービスの無料見積りを利用してみましょう。

・便利な無料見積り・無料査定

店舗用品買取サービスでは、電話やホームページの入力フォームなどのから無料見積りや無料査定ができます。

その際には、“製品の型番や年式”“付属品や傷の有無”などの項目や写真の添付する見積りを立てられるので、申し込み前には店舗用品の詳細や写真を用意しておきましょう。

無料見積りや無料査定で提示される見積りの種類は買取業者によって異なります。

提示された金額が“本見積り(本査定)”と“仮見積り(仮査定)”のどちらなのかを必ず確認するようにしましょう。

・買取方法の種類

店舗用品の買取方法には、“出張買取”と“宅配買取”2種類があります。

それぞれの特徴と利用方法についてご紹介しましょう。

【出張買取】

出張買取サービスは、買取業者が店舗用品を買い取りに来るという店舗用品買取方法です。

作業に必要な作業員とトラックが用意されているので、利用者側は立ち会うだけで店舗用品を売ることができます。

出張買取は、買い取り業者によって運び出しや運搬が行なわれるので、店舗什器や大型事務機器の売却に向いているサービスです。

【宅配買取】

宅配買取サービスは、運送会社の“集荷サービス”を利用する店舗用品買取方法です。

運送会社によって店舗用品の集荷が行なわれますが、取り外しの必要な店舗用品は自分で行なう必要があります。

宅配買取は、店舗用品の中でも比較的小物の売却に向いているサービスです。

■店舗用品を高く売るためのポイント

・査定前にクリーニングを行う

中古買取サービス全体の傾向として“状態の良い品物は査定価格が上がる”という傾向にあります。

査定前にクリーニングを行うことで買い取り価格が上がることもあるので、査定前には簡単にクリーニングを行ないようにしましょう。

・業務用厨房機器は年式が重要

業務用厨房機器は、店舗用品の中でも需要の高い店舗用品です。

“製造された年式”が業務用厨房機器の査定に大きな影響を与え、年式の新しいものであればあるほど高価格査定を受けられます。

また、業務用厨房機器は“衛生面”というのも非常に大きな要因であり、商品の状態も重要です。

汚れをできる限り除去し衛生的に問題のないことをアピールすることで査定結果をよくできます。

■店舗用品買取業者に依頼するメリット・デメリット

・店舗用品買取業者に依頼するメリット1~店舗用品を迅速に処分~

“店舗用品を迅速に処分しなければならない”という場合には店舗用品買取業者に依頼することで不要な店舗用品を迅速に処分することができます。

店舗用品を処分する予定日などが決まっている場合には無料査定や無料見積りを申し込む際に伝えるようにしましょう。

・店舗用品買取業者に依頼するメリット2~廃棄費用を節約できる~

店舗用品を廃棄するという場合には非常に多くの処理費用が必要です。

店舗用品は、業務で排出されるゴミであることから、廃棄の際には“産業廃棄物”として処理する必要があります。

産業廃棄物運搬業者などに依頼する場合、手続きなども多く店舗用品を廃棄するまでの期間が長くなってしまうので注意が必要です。

一方で店舗用品買取業者に依頼する場合、店舗用品は“有価物”として取引をおこなうため産業廃棄物としての手続きが必要ありません。

店舗用品買取サービスは、廃棄費用をかけず店舗用品を処理できる方法といえるでしょう。

■店舗用品買取業者を選ぶ際の注意点

・信頼できる店舗用品買取業者を選ぶ

不要な店舗用品を売るという際には適切な価格で買取サービスをおこなっている業者を選ぶということが大切です。

近年、中古品買取業者による“押し買い”のトラブルが増加傾向にあることから、信頼できる業者を選ぶということは非常に大切になります。

信頼できる業者を選ぶ基準は、しっかりとした査定や見積りをして業者であるかという点に注意しましょう。

悪質な中古品買取業者の場合、高額な査定しておきながら実際の回収日になって買い取り価格を引き下げるというような業者もあるため注意が必要です。

見積りの際には、どの段階で本査定や本見積りがおこなわれるかを把握し、しっかりとした査定や見積りを受けられる業者を選ぶということが大切です。

・査定や見積りを比べてみよう!

店舗用品の査定や見積りを受けるという場合には、複数の買取業者の提示金額を比べることが大切です。

中古品の相場は非常にわかりづらく、適切な買取金額を知るということは業者を選ぶ際に重要になります。

複数の業者の査定を受け、提示されたた金額が適正であるかを判断し業者を選ぶということが大切です。

■店舗用品買取サービスの利用方法のまとめ

店舗用品買取サービスを利用して店舗用品・事務機器・店舗什器・店舗備品を処分する方法は、廃棄処分の処理費用を大幅に軽減できる方法です。

店舗用品買取サービスの利用方法のまとめをご紹介しましょう。
買取サービスで店舗用品を処分するメリットをまとめてみましょう。

  • 廃棄処分費用を節約できる。
  • 廃棄処分よりも迅速に店舗用品を処理できる。

買取サービスを利用することで、処分に関する費用や対応の早さなどさまざまなメリットを得ることができます。

続いて、より高く売るためのポイントをまとめてみましょう。

  • 厨房機器や事務機器は、年式と状態が重要
  • 店舗什器や店舗備品は、できる限りクリーニングをおこなう

中古品の買取価格は、商品の状態に非常に大きな影響を受けます。

目立つ汚れは査定結果に影響を与えるので、査定前にクリーニングを行なうことで査定金額を上げることができます。

店舗用品の買取サービスは、利用者側のメリットに加えて、リサイクルという面でも非常に重要です。

利用できるモノはできる限り再利用するということを心掛け、不要な店舗用品は買取業者を利用してリサイクルしましょう。